文グ。

文具が好きなブロガー。 文具のこと、生活のことをのんびりと発信しています。 最近、字の練習をはじめました。

タグ:ジュースアップ

さて、クリスマスが近づいてきました。

もうそろそろクリスマスカードを書かなくてはならないことに気づきました。(遅い)

クリスマスカードやメッセージカードは苦手です。
そもそもカードを書くようなカラフルでおしゃれなペンを持っていないわけですよ。

そう、私は機能性重視。
「カラーペンを買うくらいなら黒ボールペンを買ってしまえ」となるのです。 

普段は全く問題のない性格なのですがこういったイベント時は非常に困るわけでして。


慌てて文房具箱をひっくり返して探しましたよ。




あ、このペンがあったのか。

はい、懐かしのジュースアップです。
IMG_1031

一時は熱くなっていましたが最近はどうも活躍していなかったな。(そもそもカラーペンは使わないんですよ。あの時はちょっと調子に乗っていて・・・。) パステルカラーもきれい!「ジュースアップ」


そんなこんなでこのジュースアップで書き上げようと思います。
色はパステルバイオレットとパステルグリーンですか。

いまいちクリスマスっぽくないですね。
赤系の色がほしいところ・・・。

いや、買わないですよ! 買ってしまったら次に使うのが2017年のクリスマスになってしまう気がするのです。
 

ちなみにクリスマスカードは購入済み。

こんなカード。
BlogPaint

なかなかかわいいですよね。

やっぱり万年筆のブルーブラックで書いちゃおうかな。封筒がピンクだし色を使って書かなくてもいいかな。
そんなことを考えながら今日一日が過ぎていくのでした。
 

以前にも記事にしました、ジュースアップの続編です。

いやー、買うつもりはなかったのですがね。

ジュースアップが予想以上に使いやすかったのと、パステルカラーがきれいだったもんで買ってしまいました。


ジュースアップのパステルグリーンとパステルバイオレットです。
IMG_0120


(ジュースアップの詳しい説明は前回の記事にまとめているのでぜひ。 )






デザイン


前回紹介したのはブルーブラックだったのでデザイン的には地味でした。

ブルーブラックと並べてみるとこんな感じ。
IMG_0121



ブルーブラックが黒でまとめられたシックなデザインだったのに対して、パステルカラーは白でまとめられたかわいらしいデザイン。

黒と白が反転していますね。
IMG_0122     IMG_0123




うん。かわいい。



色味


今回のメインはこれ。パステルカラーの色味。

ジュースアップは細字の新定番。
ということでイラストを描いたりにはあまり向いていません。

となると用途は基本的に文字を書くといったことに限定されます。

しかし、しっかり考えられていました。
パステルカラーでありながら少々濃い色味で視認性もなかなか。
IMG_0124


私自身、色ペンはあまり買いません。
(絵は下手くそですし、手紙を書く際は基本的にブラックorブルーブラックのため)

そんな私でもこの色味なら使いやすいかなと。

すべての色味がこんな感じで視認性がよかったので個人的に気に入ったこの二本をセレクト。


今度メッセージカードなんかを書くときに使ってみようかな。
それとも手帳に書き込むときにでも使おうかな。
といろいろなアイデアがたのしい。



総評


いやー、カラーペンはあまり手を出していませんが、これは結構なお気に入りになりそうな予感。

とりあえず、手帳をまとめるときに使ってみようと思います。

あとはクリスマスとかにメッセージカードを作りたいなぁ。

パステルカラーでなおかつ文字をしっかりと書きたい方、おすすめです。
 


↓パステルカラーのセットがありましたのでリンク載せておきます。

ジュースアップとの出会い

文房具屋巡りをしていると「お。新商品だ。買おうか。」となるのを変えたいですね。

違うんです、買うつもりはなかったのですがブルーブラックがあったから・・・。


そんなこんなで今回紹介する商品はパイロットさんより新商品「ジュースアップ」です。

コンセプトは「進化した細書き」だそうです。確かにラインナップには0.3mmと0.4mmしかなかったので細書きで勝負してきていますね。

個人的には0.5mmが欲しかった・・・!

価格は定価200円。全22色、メタリックカラーあり。

そんなこんなで今回買ったのはこちら0.4mmのプルーブラックです。
IMG_0066


デザイン

軸の色はブラックで統一されていてグリップ部分がインクの色になっています。

私の場合はインクはブルーブラックなのでグリップ部分はブルーブラックです。

インクが黒だと全体的に黒になってしまうんですね。

それは地味だったのでこちらを買ったというのもあります。


ノック部分とクリップ部分は一体型となっています。

パイロットはこの手の商品が多いような・・・?

このペンのウリのひとつとしてノックしているかどうかが一目でわかるという点にあります。


ノック部分についている窓で確認することが出来ます。

ただ、この窓は明るい色だと識別しやすいのですが、黒やブルーブラックのような濃い色だと軸のブラックと重なって見えにくいです。

IMG_0067   IMG_0068




口金部分は金属でできていました。

グリップ部分とも段差もなくきれいに組み合わさっています。さすが日本製ですなぁ。
IMG_0069


シナージーチップって何?

さてさて、書き味についてですね。

インクはなめらかな書き味を実現するべく新ゲルインキを採用しているそう。
これは期待大。

さらに、細さを追求すべくペン先にシナジーチップなるものを搭載しているそう。

シナジーチップとは従来のペン先とニードル状のペン先を組み合わせたもののようです。
たしかにペン先は細くて最初はニードルなのかな?と思っていたのですが、よくみるとやっぱり違う。

IMG_0070


これがシナジーチップなのかな。


細字について


私は細字というものが好きではありません。


パイロットのハイテックCしかり、細字のペンは構造上インクが出るまでに時間がかかるため速く書くとインク化が間に合わずかすれるといったことがあって信用していません。

そしてペン先の細さにより、どうしてもカリカリとした書き味になるのがどうも好きではなくて・・・。


従来のジュースとの比較

今回は従来のジュースとの比較をしながら書き比べたいと思います。

ちなみに従来のジュース(以下ジュース)は一番細い0.38mmのものです。

ジュースも非常に優秀なペンです。
0.38mmの細さで筆記途中にかすれることは皆無です。

ただ、弱点としてどうしてもカリカリ感が否めません。



ジュースアップはどうなのかというと・・・。カリカリ感が軽減されている!

シナジーチップの力なのかな。

軽い力でも書けていい感じです。

口金部分が金属でできていて重くなっていて低重心になっています。

これもあって書きやすいです。色味はジュースと比べてほんの少し濃いかなという感じです。(かなり微妙な違いですが)
IMG_0071



まとめ


最近の流行として太めの筆跡がはやっている中、細字の新定番を狙っていると聞いて買ってきたジュースアップの紹介でした。

その名に恥じず、完成度の高いペンになっているなというのが一番の感想です。

感動したのはシナジーチップでしょうか。
これのおかげで細字なのにカリカリ感がなく書くことができます。

デザインも200円にしては高級感のあるデザインで何本もほしくなっちゃいます。(カラーが豊富というのもにくいです)みなさんもこれを機に一度手にとってみてはいかがでしょうか。


追記:パステルカラーも買っちゃいました。(パステルカラーもきれい!「ジュースアップ」


↑このページのトップヘ