最近は、文房具熱が冷めていて、既存の文房具を使う毎日でした。

シャープペンはオレンズを使い続けていたわけです。
「私は何でオレンズを使っているのだろう。」
(参照:「オレンズ」は確かに折れない! 筆圧によって書きにくいかも・・・。)


もともと私は太芯のシャープペンが好きなのです。
と言うことで買ってきました。

ステッドラーの新作シャープペン。「ステッドラー 925 15」

ステッドラー925 15




ステッドラー925 15 なんて読む?

相変わらず、ステッドラーのシャープペンは名前を覚えさせる気がありませんね。
そもそも、何と読むのですか?

「ステッドラー きゅーひゃくにじゅうご じゅうご」
「ステッドラー きゅーにーご いちごー」
どっちですか。


「ステッドラー925 15」(長いので以下、15で)のコンセプトはコスパよし、デザインよし、使い勝手よし。みたいですね。

私は0.7㎜タイプをセレクト。
普段なら0.9㎜を選ぶところなんですが、つい最近まで0.3㎜を使っていたので順応させるために。
思いつきで買ったのですが、思った以上にハイクオリティだったのでご紹介しますね。


個人的に15で気に入ったポイントは3つ。
  • デザインのシンプルさ
  • グリップのつくり
  • 軽さ
なかなかに気に入っております。


安っぽくないシンプルデザイン

デザインは非常にシンプル。
黒のボディに黒のパーツで、かなり上品にまとまっています。

黒ボディにシルバーのロゴって最強タッグですよね。かっこええ…。

ステッドラー925 15 ロゴ


結局、モノっていうのはごちゃごちゃとした装飾をすればするほど安っぽくなるものですからね。

シンプルにすれば、コストも抑えられるし、高級感が出るものです。
(日本の文具メーカーも見習ってほしいなぁ)

洗練されたグリップ

グリップもよく考えられてるなぁと感じました。
柔らかすぎない、適度なラバーグリップ。

製図用シャープペンはグリップが洗練されていないモノも多い。
普段の筆記を考えない、ごつごつとした作りとか。

その点、15はちょうどいいですね。
グリップのパターンもいい感じです。
ステッドラー925 15 グリップ


シャープペンは軽さが正義

シャープペンは軽くあるべき。と言うのが私の持論。
万年筆は重ければ、万年筆自身の自重で書くことができて楽なのですが、シャープペンはそんなこと出来ないじゃないですか。
シャープペンを重くすることが愚行だと思っているわけです。


その点、15は軽いっすね。

製図用シャープペンは金属をメインとして使っているため、重くなりがちで苦手だったのですが、これならばストレスなく使うことができそうです。

シャープペンの軽さは正義です。
ステッドラー925 15 持つ


ステッドラー 925 15はコスパお化け

まぁ、とにかくコスパが異常です。
定価500円。アマゾンで買うと350円。(2018年5月現在)
製図用シャープペンは高いですからねぇ。コスパお化けです、こいつは。

これだけの機能を備えて350円かぁ。
ちょっと、日本の製図用シャープに危機感を覚えるほどの完成度でした。
日本はスマッシュなどの名作も多いんですが、ちょっと高いんですよね。

頑張れ。日本メーカー。

いい買い物をしてしまったぜ。

スポンサードリンク