文房具改造マニュアルトプ
世の中にはいろんな人がいます。
文房具を改造することに喜びを感じる人だっています。

しかし、文房具改造は世間一般的には「地味」で「ニッチ」な分野に分類されてしまいます。

そのため、文房具改造は一部の人が自分のために試行錯誤し、ブログなどで細々と発信していくスタイルが多いように思えます。

そんな文具改造界に一石を投じる…かもしれない本が発売されました。
それが「文房具改造マニュアル」です。

こんな本を待っていた!「文房具改造マニュアル」

文房具改造に特化した本。しかも、フルカラー。わかりやすく、かつトコトン文具と向き合った内容です。

この本を見つけた時、
「おお!なんと素晴らしい本なんだ!」という気持ちと
「一体誰が買うんだろう…。」という2つの気持ちが出てきましたね。
私は買っちゃいましたが。

文具改造についてディープに学べます

本の内容は言わずもがな「文房具改造」についてです。
これが非常にニッチでね。
  • ボールペンに他社製リフィルを入れてみる
  • ボールペンに万年筆インクをぶち込む
  • 万年筆を直液式にしてみる
  • 革で自分専用のペンケースを作る
などなど。
聞いているだけで、文具好きなら熱くなれるでしょう?

文具改造の「方法」を学ぶ良書

正直、本のままの内容では使えないことも多いのです。
文房具改造マニュアルでよく出てくるペンが、モンブランの「スリムライン」。

現在廃盤になっており、オークションなどで簡単に手に入れられると紹介されていますが、意外と手に入りにくいもの。スリムラインの改造をそのまま使うと言うのは難しそうです。

しかし、改造の手法を学ぶという意味では非常に重宝する本だと思います。
特に、ボールペンに他社製リフィルを入れてみる系は筆者の工夫やアイデアの数々を知ることができて、読み手が応用できそうな内容。

文房具改造に興味がある人ならば一読しておくことをオススメします。
少なくとも私は買ってよかった!(笑)この手の本は貴重ですからね〜。


(アマゾンで立ち見できます。是非、一度目を通してみてください!)

スポンサードリンク