つくしペンケースについて

皆様はつくしペンケースをご存知でしょうか?
私は半年前に知りました。文房具マニアの間ではかなり有名なようで、使いやすと絶賛されている模様。
pencase001

ほ、ほしい。
しかし、アマゾンでは取り扱っておらず、楽天では売り切れと八方ふさがり。

仕方ない、本店に行こう。国立かぁ。いけないこともないな。よし。
 

そう思っていた矢先、カラーオーダー会なるものがあることを知りました。
つくし文具店の10周年記念ということで期間限定カラーがオーダーできるらしい。 

ああ、ずるいよ。
限定なんて。我慢しよう。普通のつくしペンケースは我慢して限定色を手に入れてみせる!
そう決心した私は結局12月に世田谷まで行ってきました。


やってきたつくしペンケース

そして、待ちわびること5ヶ月。
きたぞぉぉぉぉー!!(狂喜乱舞)

長かった…。
雨の日も風の日も家の前のポストを1日2回確認する日々。
そして、結局メール便で届いたため、宅配のおじさまが持ってきてくださいました。
様々な苦悩がありましたが、ついに届きました。
よかった…生きててよかった…(大げさ)


そして使ってみてはや1か月。
大真面目に使った感想を書いていきたいとおもいます。

つくしペンケースはシンプルな構造

まずはつくしペンケースの構造から見ていきましょうか。
(ちなみに私はカラーオーダー会にて黄色を注文させていただきました。)

IMG_0158

閉じてる状態、はい、長方形ですね。




IMG_0159
 
開いている状態、はい、長方形です。

うん、とってもシンプルですよね。
このシンプルさが素晴らしい。
リネン100%でできた丈夫な帆布を使っています。そしてその帆布をぐるっと囲む形で付けられたチャック。
このチャックも二つ付けられているので自分好みの配置にしたり、使い方ができるってわけです。

中を見ていきましょうか。

中もとってもシンプルな構造ですね。
大きく分けて二つ。
ペンのクリップではさめるような太めの帯が真ん中に。
そして小物も収納できるようなポケットが下についています。
この構造が左右対称に二つ。

つくしの「つ 」のロゴがかわいい。
IMG_0160
 


収納力もなかなかあり、ペンのだと片方に6本、計12本くらいは余裕をもって収納できます。

どのように使うかは人それぞれ!

ご想像の通り、かなり自由度が高く作られています。

ちなみに公式サイトではこんな使い方が。

右側にメモ帳を装着したんですね。
これなら、手帳のように使えますね!


ちなみに私はこんな使い方。
IMG_0161



右側にペンを収納して、左側にはそれ以外の小物を収納しています。
かなり一般的な使い方ではないでしょうか。
ペンは鉛筆を含めて7本。
左側はまだまだ余裕がある模様。
ハサミがほしいなぁ。


噂通りの使いやすさ

さて、一か月使ってみた感想です。

使いやすいです。ホントに。
口コミは嘘ではなかったですね。(いや、最初から疑っていませんとも)

やはりガバッとひらくこの構造。まるでペントレーのように使うことが出来て便利です。

私は整理整頓が苦手なのですが、これならいつでもきれいです。
そして、ペンを一本ずつ立てて収納、というのがペンに優しいなと。

もちろん一本ずつ仕切りがついているペンケースには敵いませんが、普通のペンケースよりは大切なペンを傷つけたりすることがないと思います。

汚れのほうもまだ問題ないですね。
一応洗うこともできるようなので、これから使っていて汚くなったら洗ってみようと思います。(若干ヘタるらしいですが、、、)


まとめ


これからも使い続けて、気づいたことは書いていきたいと思っています。
うん。いいものを買いました。

興味がある方はつくし文具で検索してみてください。
通販で取り寄せるのは難しそうです、、、
本店に行くかなんらかのイベントを待つかって感じですね。
入手のしにくさが難点ですかね、、、
 







スポンサードリンク