万年筆を使いはじめて早7年。
万年筆は大好きなのですが、一つだけ悩み、というかコンプレックスがありました。

自分の書く文字が幼い。

今までは学生だったので深く気にしていませんでしたが、社会人になったので「正しい日本語・美しい文字」を書きたいものです。

と言うことで最近は字の練習を頑張っております。
最初は見本を見ながら白紙に自分で縦線を引いて練習していました。
しかし、もう少し効率を上げていきたいと思ったので、マスに補助線が描かれた学習帳を買ってきました。

ダイソーの学習帳を買ってみた

学習帳と言えばジャポニカです。

ただ、ダイソーに似たものがあったのでそちらを購入。
ジャポニカ学習帳は定価190円ですからね。ダイソーで十分なら節約になります。
IMG_4365
久々にダイソーの文具コーナーを覗きましたが、相変わらずダイソー文具は面白い!
学習帳も驚くほどのレパートリーを取り揃えていました。
国語算数理科英語…。しかも表紙もジャポニカに寄せています笑

私が購入したのは
  • 15マスの国語学習帳
  • 15行の国語学習帳
です。

字の練習の基本は十字線が入ったマスでしょう。
IMG_4366
縦ラインと横ラインに気をつけながらバランスの良い文字を練習するのに長けています。

文章を書く練習になると行の練習帳が便利。
IMG_4369
文字の間隔や大きさを養うのに便利です。
これらのノートがそれぞれ110円…。良い時代です。

紙質は?

肝心なのは紙質です。
若干ざらざらした、薄めの紙で紙質はお世辞にも良いとは言えません。
特に、万年筆での練習を考えている人にはオススメできません。
私は癖で万年筆のペン先を変な角度で筆記するので、インク出が若干渋くなります。
そんな状態でもこの通り。
IMG_4368
裏抜けし放題、滲み放題です。
ただ、鉛筆や油性ボールペンで練習するなら全く問題なしでした。
これらの文具で字の練習を考えている人には結構オススメできます。
コスパ良いのでたくさん練習できますよ〜!

まとめ

以上、ダイソーの学習帳の紹介でした。
万年筆やインクが潤沢に出る水性ボールペンで練習する人以外は十分に活用できるレベルだと感じました。
一昔前のダイソーノートはインクを弾いたり、表面がざらざらし過ぎたりと、使えたもんじゃなかったような印象でした。
ただ、今回の様子を見ると時代とともに質が上がっているのかもしれません。
とりあえず私は書いて書いて書きまくろうと思います。

スポンサードリンク