お仕事の方で赤ペンが必要になり、ついこの間「マジックインキ」を使っていたわけです。

ヘビーに使いすぎたせいでもはやインクがなくなるという事態に。
この短期間で一番使った文具ではなかろうか。



次はパイロットの名作、「スーパープチ」に手を出すことにしました。
IMG_2047


このペンのことはわざわざ言うこともありませんね。
本当に有名で、昔からあるペンです。


ただ、一つ驚いたのはスーパープチは「水性顔料」であったことです。



水性顔料とは「水性」+「顔料」の性質を持つインク。

水性は、にじみが少なく軽いインク乗りが特徴。
サラサラーと書けるインクということになります。

顔料は、水に溶けないという特徴を持っています。
つまりは耐水性があるということ。



紙に書くという用途では一番の組み合わせではないでしょうか。
サラサラと書けてにじみが少なく、耐水性がある。


スーパープチもこの特徴に当てはまりまして、非常に使いやすいペンでした。
耐水性があるのには本当にびっくり。

書いた後にちょっと水がかかったりしても滲んだりしません。
ただ、あらかじめ濡れている紙にはすこぶるインク乗りが悪いのでこの点だけにはご注意を!


スポンサードリンク