文グ。

文具が好きなブロガー。 文具のこと、生活のことをのんびりと発信しています。 最近、字の練習をはじめました。

セーラー万年筆の四季織マーカーが素敵

久々に大きな文房具屋さんへ行きました。
すると見慣れないものが。

やたらとカラー豊富なマーカーペンたち…。
よく見ると私の愛すべき文具メーカー「セーラー万年筆」の最新作じゃないですか!

その名も「四季織マーカー」。これ、めっちゃ素敵ですね。
ちょっと紹介させてください。

四季織マーカーは万年筆インク

四季織マーカーは非常にカラーが豊富。その数20種類!

それぞれ季節をイメージした色のようで、名前も洒落ています。
「夜桜」「蒼天」「金木犀」「霜夜」などなど。

この名前、セーラーファンなら分かるはず。そう、万年筆のインクと同じなんですね!
万年筆のインクをマーカーにしてくれたと言うわけ!

様々な色にお手頃価格で挑戦!

そうそう、こう言うのを待っていたんですよ。
万年筆のインクは独特の美しさがあり、色々と欲しくなってしまうものの、ちょっと高いじゃないですか。

セーラー万年筆は小瓶にして売ってくれているので1瓶1000円ほどと比較的リーズナブルですが、20色買うと20000円ですからね…。なかなか勇気の必要な金額です。

しかし、マーカーとして販売してくれるのなら別!
四季織マーカーは1本200円ほど。20色買っても4000円。
こんなに嬉しいことはありません。

この色、気になるなと思ったらすぐにでも買ってしまえるお手頃感。
そのマーカーの色が本当に気に入ったら万年筆のインクとしてもお出迎え、と消費者として非常に嬉しい。(すでに完成した色なのでメーカーとしても開発費用が安く済むのかな?そう簡単には行かないのかな?)


素敵な発想ですよね〜。
これは流行る予感がしますよ。パイロットも「色彩雫」を引っさげて真似してくる予感がひしひしと。

だだ、万年筆のインクとの色彩の違いが気になるところ。
近々実験したいですな。

ペンデザインも素敵

あと、ペンのデザインをシンプルに大人っぽく仕上げたセーラーさんは流石です。
こう言うシンプルデザインが一番使いやすいんですよね。奇をてらわず、シンプルで上質なペンがこのご時世に求められている気がします。

この日は時間がなくて買うことができなかったのですが、近々買いたいと思います。
個人的には「匂菫」「夜長」「霜夜」の青3色の違いを堪能したいです。
いいなぁ…。

スポンサードリンク

ラミー2000のシリーズ

最近ものすごく欲しいペンがあります。
それこそがドイツの老舗文具メーカー「ラミー」のラミー2000シリーズ。

あまりにも有名なシリーズですね。私もこのペンは知っていました。
しかし、唐突に欲しくなった。そして頭から離れなくなった。

今回はそんな普及の名作ラミー2000について調べてみます。

ラミー2000シリーズとは?

ラミー2000シリーズが生まれたのは1966年と言われています。
「西暦2000年になっても通用するデザインを作りたい」
そんな思いがラミー2000の名前の由来になっています。

2000年はもちろん、2019年の今ですら名作と言われ続けているペンですからね。
強い思いは見事実現しましたね〜。
当初のデザインから全く変えないでココまで来たそうです。

ラミー2000シリーズは様々な筆記具として存在しています。
一つずつ見ていきましょうか。

ラミー2000 4色ボールペン

ラミー2000と言えばこのペンを真っ先に思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?
4色ボールペンタイプです。
デザインが優れた4色ボールペンというのは本当に少ない。
高級な4色ボールペンと言ったらラミー2000くらいしか無いのではないでしょうか?

しかも、噂によるとジェットストリームの替え芯が使えるらしい。
か、完璧だ。

ラミー2000 油性ボールペン

こちらは油性ボールペンの黒一色のみ。
「インクは黒しか使わないよ〜」と言う人はこちらで良いのかもしれません。
ただ、せっかくなら4色ボールペン買うよね。

ラミー2000 ペンシル

地味であまり知られていませんが、ラミー2000にはシャープペンも存在しています。
日本のラミーの公式サイトでは0.5mm芯。
ただ、並行輸入品には0.7mm芯があります。
お好みで選べますね。

ラミー2000 万年筆

こちらはラミー2000の万年筆。
ペン先は14金が使われており、太さも(EF、F、M、B)の4種類。
インクは吸入式と性能としては申し分ない。
ラミー2000のデザインで万年筆!というのは非常に素敵なアイデアなのですが、如何せん高い。

万年筆以外のラミー2000シリーズは軒並み12000円前後で買うことができるのに対し、万年筆は30000円。
う〜ん。高い。
正直、スチール製のペン先でもよかったので10000円代にして欲しかったところ。
世の中うまくいきませぬ。

お金に余裕がある方はレッツトライ。


ラミー2000 ローラーボール

ラミー2000シリーズの中でも最も新しいローラーボール。
デザインとしては万年筆と油性ボールペンの融合といったところでしょうか。

日本では馴染みの少ないローラーボール。つまりは水性ボールペンですね。
滑らかで軽い書き味が特徴の筆記具です。
万年筆ほど高くないですし、選択肢としてはありかも。

ラミー2000に惹かれたエピソード

これは私がラミー2000を欲しいと思ったエピソードです。
とある本に
「筆圧が強い人は太めのペンを使うと力が抜けてうまく字を書ける」と記されていたのです。
私自身、自分の筆圧の強さに困っていました。
そして、あろうことか、細めのペンばかりを使っていたのですね。(製図用シャープペン、鉛筆などなど)

太めのペン。と考えると一番最初に思いついたのが「ラミー2000」だったと言うわけ。
ラミー2000と言っても万年筆、ボールペン、シャープペン、ローラーボールと様々ですからね〜。
ああ、一体どのラミー2000をお出迎えしようかな。

スポンサードリンク

ゼブラのフォルティア500をインターンでもらった

ついに私も就活と言う地獄の日々が始まってしまうのですね…。
取り柄も何もない私はインターンに参加して周りを出し抜くことしかできないのです。

と言うことで、最近はインターンに参加しているわけですが、インターンといえばボールペン。
どこの企業も「ボールペンは就活で使うやろ!」とボールペンを配りまくっています。

日本文具メーカーの収入の柱のような気がしますね。

インターンでフォルティア500を貰う

そして、最近訪れたインターン先ではゼブラの「フォルティア500」を頂きました。
ゼブラのフォルティア500

手帳にも合うスリムで高級感のあるデザイン。
割と好きですね〜。(無論、裏にはガッツリ企業名が印字されています)

と言うか、このペン500円くらいするのですけど。太っ腹だなぁ。

書き味は昔ながらの油性ボールペンを若干滑らかにした感じでしょうか。
長時間の筆記には向きませんが、手帳にチラチラっと書き込むくらいなら十分に働いてくれるでしょう。

フォルティアは2種類存在する

調べてみるとフォルティアは2種類あるみたいですね。
フォルティア300とフォルティア500。
番号がそのまま値段になっていると考えてOK。
500は500円。300は300円。(グラフギア然り、値段と型番が一致する謎)


300がノック式に対して、500はツイスト式。
ノック音がないのでビジネスシーンには500が適すでしょう。
ここまで考えて選んでいるのだったらインターン先は非常に優秀です。(実際は高い方がいいやろ!と言う適当な気がするんですが)


まぁ、せっかく貰ったので大切に使わせていただきます。
少なくとも1本100円とかのペンを貰うよりは嬉しいってもんです。

スポンサードリンク

↑このページのトップヘ