文グ。

文具が好きなブロガー。 文具のこと、生活のことをのんびりと発信しています。 最近、字の練習をはじめました。

カクノ透明軸トプ

万年筆欲がいい感じに深まってきた昨今。
以前は細字でカリカリと書くことが好きだったのですが、最近は太めのニブでインクをたっぷり使って伸び伸びと文字を書きたくなりました。
それこそ、A欄罫線の2行で一文字くらいの大きさで伸び伸び書きたいのです。

いやはや、人の好みは変わるものですね……。

太ニブのお試し万年筆は?

さて、今まで万年筆はEFやFと言った細字を使ってきたので太ニブは未知の領域です。

太字に慣れるという意味も込めて、安めで書きやすい万年筆を探していました。
こうなると思いつくのはパイロットのベストセラー万年筆「カクノ」です。

と言うことでカクノを買ってきました。
カクノパケ
久々のカクノ購入。以前に買ったのは4年前ほどでしょうか。時が経つのは早いものです。

折角なので発売当初は無かった「透明軸」を選びました。
カクノインクなし
パイロットの透明軸ってプラスチックでありながら上品なんですよね〜。
ハイテックCしかり、プレラしかり。
カクノの透明軸もどこか上品。
本来はチープさが際立つはずの軸なのに高級感があります。

とりあえず付属していた黒のカートリッジを装着。
カクノインク
透明軸なので中までクッキリと見えます。
これはパイロットの透明コンバーターにカラフルな色を入れると非常に華やかな万年筆になりそうです。

カクノのMニブの太さって?

さて、早速書いてみました。
インクがたっぷりと出てきますね。
こう言うのを期待していたのです。流石はカクノ。
スチールペン先ですが独特の書きやすさがあります。

罫線2行に一文字を書くとこんな感じ。
カクノ書いた

悪くないですね。
ただ、理想的にはもう少しだけ太いと嬉しいかな。

日本の万年筆は少し細めに出来ているので、外国産の万年筆はMニブがちょうど良いかもしれません。
日本産の万年筆はBニブでも良いかな?
どちらにせよ試し書きは必須ですね。

とりあえず、ガシガシ使える太ニブ万年筆が欲しかったのでこれはこれでOK!
これから使っていこうと思います。

スポンサードリンク

生きているうちに一度は手にしたいオススメの万年筆
万年筆熱が再発して困っている管理人です。
特にMニブのちょっと太めのペン先で万年筆の醍醐味を感じながら文字を書きたい欲求が強くなりました。

昔はEFニブなどの細ニブが好きだったのに、価値観って変わるものですね。
というわけで、いろんな万年筆を調べたり、実際に試し書きしてみたりして「一生に一度は手にしたい万年筆」をまとめてみました。
私の趣味ですがお付き合いください。

モンブラン マイスターシュテュック149

万年筆好きならば一度は手に入れたいモンブラン。
万年筆の最高峰と言われるブランドです。

価格も一般人からすると「文具に10万?」と不審な顔をされること請け合いです。
しかし、モンブランの万年筆はステータスにもなります。
とある外国のホテルでは、チェックイン時にモンブランの万年筆でサインをすると対応が180度変わったという逸話があるくらいです。
決して無駄なものではないでしょう。

マイスターシュテュックはモンブランの中でも最もメジャーなシリーズ。モンブラン初心者はこれを買うことを必ず勧められます。
そしてマイスターシュテュックシリーズの中でも最も重く、存在感のある149。
大型18Kペンニブの書き味は想像するだけでヨダレが出ます。


個人的にはシルバーとブラックでまとめられたシックなモデルが欲しいところ。
生きているうちに絶対に手にしたい逸品です。

ペリカン スーベレーンM800

文具好きなら一度は目にしたことがあるであろう、ペリカンの「スーベレーン」シリーズです。
高級樹脂とセルロースを何層にも重ねた独特のデザインは一目でペリカンだと分かります。

一番最初に手に入れるなら、やはり「グリーン」。
グリーンの万年筆なんてチープさが漂ってしまいそうですが、スーベレーンは別格。
近くで見ても「良い万年筆なんだな」と納得できます。

サイズが色々展開されていますが、やはりM800が欲しい。
黄金比と言われているだけあり、ペンのどこを握っても書きやすい魔法のペン。

これまた一生に一度は手にしなくてはなりませぬ。

ウォーターマン カレン

世界で初めて万年筆を作ったとされる歴史あるブランド「ウォーターマン」。
フランスのブランドなんですね。

ウォーターマンで一番欲しいのは「カレン」という万年筆。
軸と一体型の大型ニブを搭載しているのが特徴の万年筆です。

大きく丈夫なニブで、比較的筆圧の強い人も万年筆の醍醐味を感じることができる逸品。

そして何よりもデザインがイイ。
他のメーカーにはない特徴的なデザイン。それでも奇を衒うこともなく、シンプルで洗練されたデザイン。
非常に気になる万年筆です。

至高の万年筆を探して

別に私は金持ちでもないので、高級万年筆を何本も買うことはできません。
だからこそ、至高の一本を手に入れるために色んな万年筆を見ていこうと思います。
また気になる万年筆があったら追記していきますね。では。

スポンサードリンク

太軸で曲線型のラミー2000に似たボールペンを探してみた
最近、太めのボールペンを探しています。
理想としてはラミーの名作「ラミー2000」のような美しい曲線を描いた形状のもの。
(参照:憧れのラミー2000シリーズをまとめてみた|欲しい、本当に欲しい

ラミー2000を買うという選択肢もありますが、せっかくなら他のペンも探したい。
ということで、文房具屋さんでラミー2000のような形状のボールペンを探しましたのでまとめます!


ラミー ラミー2000

まずは原型となるラミー2000。
50年もの間デザイン変更を行うことなく、受け継がれるベストセラーです。

マットな質感ですが、特殊な樹脂でコーティングされており安っぽさは全くありません。
さらに、使い続けるにつれてコーティングがツヤツヤになっていくとか……。
デザインともに長く使い続けられる逸品と言えます。

クロス ATX

クロスのエントリーモデルのボールペン。太軸でなだらかなラインがラミー2000に近いですね。
ペン自身は金属でできておりエントリーモデルと言いつつかなりの高級感。
全体的にシンプルなデザインも気に入りました。

パイロット コクーン

日本メーカーのベストセラー「コクーン」。
万年筆を中心とした展開をしていますが、ボールペンもあります。
正直、3000円で買えて良いクオリティではありません。

シンプルながらも手にフィットする形状、書きやすいインク、良質な材料……。
パイロットの本気がうかがえる逸品。

ウォーターマン エキスパート

万年筆を初めて作ったとされるウォーターマンにも素敵なボールペンがありました。
エキスパートシリーズです。
ウォーターマンの中では手に取りやすい価格帯でありながら、漂う高級感。
特にブラックはビジネスマンが使っていても全く恥ずかしいことがないデザインです。

そして、ウォーターマンはボールペンのインクが良いんですよねぇ。
適度な粘度の非常に気持ちの良い書き味。
日本人にも人気な書き味だそうな。

理想的な太軸ボールペンを探せ!

以上、ラミー2000に似ているボールペンを色々と試してきました。
たくさん買えるものではないので慎重に選びたいと思います。
また他のペンを試しましたら追記をしていきますね!
ではでは〜。

スポンサードリンク

↑このページのトップヘ