文グ。

ボールペンを消費するために勉強をしている大学生。 文具のこと、生活のことをのんびりと発信しています。 最近はフォントについてよく考えたりしています。

タグ:ゼブラ


ゼブラの新作ボールペンブレンをレビュー
最近、新しいボールペンが発売されずに寂しい思いをしていましたが、ゼブラさんが面白そうなボールペンを発売しました。
それこそが「ブレン」。買ってみたのでレビューします。

ブレないペンだから「ブレン」

ブレンの製品名は「ブレない」からきていると思われます。
ブレないからブレん→「ブレン」。うん、単純やな。
ブレンは筆記時のブレを抑える仕組みを持っているのです。

仕込み金属で低重心

ゼブラのボールペンブレン
グリップ部分の裏側にどうやら金属パーツが仕込まれています。
筆記時の安定感には低重心が大切。
重すぎず、軽すぎず、うまく調整してくれました。

がたつきゼロの高精度

ブレンクリップ
ブレンは高精度でがたつきをなくしたそう。
ペン先、そして内部構造をキッチリと作り込むことで筆記時のブレが本当に少ない。
地味ですが、すごいなこれ。強く筆圧をかけても、ブレたりしないですし、斜めにペンを入れてもブレない。

日本の丁寧なモノづくりが垣間見れるペンですねぇ。
筆圧が強い人に是非とも使ってほしい。
少なくとも100円台で売っていいものじゃない。流石はゼブラ。

長めのラバーグリップ

ブレンのグリップ
個人的に嬉しかったのは、グリップ部分。
最近のマイブームは、ペンの上の方を持つこと。
そのため、ラバーグリップを長めにとってくれていてありがたい。
グリップと軸の精度も申し分なし。

買うならブラック軸で

一つ残念なのは、デザインかなぁ。
ペンのデザインは素敵なんですが、チープなプラスチックとの相性がイマイチ。
特に、軸がホワイトのブレンは安っぽさが否めません。
買うならブラック軸がおすすめ。


ブレン筆記
以上、ゼブラの最新ボールペン「ブレン」でした。
日本の工業製品のレベルの高さを見せつけられましたね。
こういう地味だけど使いやすい丁寧なモノづくりは文具ファンを熱くさせてくれます。

結局買うのね「サラサビンテージカラー」

例のごとく我慢ができず購入。

IMG_0240

以前にも記事にした、サラサのビンテージカラーです。
サラサの大人軸が出たぞ!と意気揚々して、一度冷静になり、やっぱり買うという・・・。
何がしたいのかさっぱりです。


万年筆のインクみたい!ブルーグレー。

私が購入したのはブルーグレーという色。

インクの色は個人的には「どストライク」。
その名の通りブルーとグレーを混ぜたような色なんですが色の調整が絶妙。

ブルーという自己主張が強い色にグレーを混ぜることでなんとも言えない色味になっています。

私はそんなつかみどころのないような色が好き。(今回のブルーグレーしかり、万年筆のブルーブラックしかり)

手紙を書いたりに使うとおしゃれでしょうし、普段使いにも出来そうな色だなぁ。
このペンで板書とってみようかな。
IMG_0243
 


なんか想像していたのとちょっと違うデザイン

問題なのはデザインです。
店頭で見た時は「おお!おしゃれじゃないか!大人っぽい!」と思っていたはずなんですけどね。

家でまじまじと見ると・・・。

あれ?こんなのだっけ?
なんだろう。中学生の時に理科の実験で使っていた塩化ビニルパイプみたい!(えらく失礼)

ブルーグレーの色、質感が合わさっていい感じのパイプ感。水道のパイプ。
IMG_0242
 
IMG_0241

高級感はあまり期待しないほうがいいかと・・・。(ブルーグレーだけなのかな)

けど、意外と好きですよ。この微妙なチープ感が逆に可愛い。

ええ、好きですとも。
 

相変わらずの持ちやすさ


軸の完成度はサラサですからね、折り紙つきです。

サラサの軸とシグノRT1の軸は本当に持ちやすい。

軸のデザインも好きなので黒色のサラサドライを入れて使ってみるのもありですね。

まとめ


カラーペンを買ってもあまり使う機会がない私。
しかし、今回はいい買い物ができたなと感じています。

カラーペンでありながら普段使いにもできるサラサブルーグレー。ハマりそうな予感。

 

みなさんは多色ペンを利用していますか?

黒色だけでは何かをまとめるというときに味気ないですし、わかりづらいですよね。

色ペンを使うといっても何色もてばいいのでしょうか?

赤、青、緑、黄色、オレンジ、紫・・・ときりがないですよね。

私も以前はたくさんの色ペンを持ち運んでいました。(サラサクリップで!!)

いいんですよ、巨大なお道具箱のようなペンケースにたくさんのペンをいれて持ち運んでも。

しかし、時代はミニマリズム。ものはできるだけ少なく、そういった流行がありますよね。

実際に何かをかいてまとめる、というときにはたくさんの色を使うのは逆効果だそうです。

ノートをうまくまとめようと思って読んだ指南書にはわかりやすくまとめるには黒色を含めて3色または4色だけでいいそうです。

これくらいが脳が処理しやすく、視覚からもわかりやすいといえるノートが書けると。

そうするとやはり多色ボールペンの出番でしょう。

今回は私の使っているスラリ4Cについて少々。
IMG_0063



多色ボールペンといっても各メーカーから販売していますよね。

選ぶ基準は人それぞれだと思いますが私の基準はこれら

  • インクは黒、赤、青、緑の4色。
  • シャープペンはついてなくていい。
  • インクは書きやすく、かすれないもので。
  • ボール径は0.7mm
  • グリップは太すぎない。
  • デザインは野暮ったくなく、シンプルなデザインで。

そしてこれらに当てはまったのが今回紹介する、スラリ4Cだったのです。

この基準について詳しく語らせてください。

 

インクは黒、赤、青、緑の4色 



先ほどの色の理論をリスペクトしてこの4色で。
IMG_0064

それぞれの色に役割を持たせて書くと後で見直しやすいですよね。

私の場合は

黒 普段の筆記用。

赤 自分の大切だと思った部分(文章で)

青 暗記事項。

緑 大切な用語。

自分の一番しっくり来る役割分担でいいと思います。

スラリ4Cはこれらの色を網羅。そして、すべての色が発色がよく、識別しやすいのもポイントです。



シャープペンはついていなくていい

多色ボールペンに良く搭載されているシャープペン機能。

私はいらないと思っています。

黒ボールペンがついているではありませんか!

いや、仮にですよ、シャープペンが必要だったとしましょう。

それならば単体のシャープペンを使えばいいと思うんですよね。

単体のシャープペンには素敵なものがたくさんありますよ~。(誘惑)

芯が折れないとか芯がとがりつづけるとか・・・。

むしろこのシャープペン機能が弱点になりうることがあるということです。というより弱点です。

あくまで多色ボールペンについているシャープペンはおまけですからね。

ギミックももろい。つまるところ、壊れやすいんですね。

シャープペン部分が壊れておじゃん、なんて嫌じゃないですか。

そんな中、多色ボールペンについているシャープペンを使っている方はおそらくミニマリストなんでしょうね。

私はそこまでストイックになれないのでシャープペン機能は要りません・・・。



インクは書きやすく、かすれないもので

さて、ペンを持つ以上避けては通れない道、「書きやすさ」です。

サラサ4Cにはその名のとおりサラサのエマルジョンインクが搭載されています。

エマルジョンインクとはゼブラさんが長い年月と莫大な金を投入して作ったといわれる、今世紀最大の発明品です。(おおげさ)

油性ボールペンはしっかりと書けるし、耐久度も高いよね。

水性ボールペンはさらさら書けるよね。

よし、まぜよう。

そんな感じで生まれてしまった奇跡のインク。言葉で言うのは簡単ですけど本当に難しいらしい。

難しくなかったらとっくの昔に発明されていますよね。

このボールペンにはこの奇跡のインクが使われているため、なめらかに書けつつしっかりと書くことができます。

書き始めは少しかすれてしまうのが難点ですがそれを差し置いても合格点です。


ボール径は0.7mm

ボール径は悩みどころですが私は0.7mmをおしたいと思います。

色を使うときは目立たせたいときに使うので筆記幅も太いほうがいいですよね。

エマルジョンインクも合わさってぬるぬる書くことができます。



グリップは太すぎない

ペンを選ぶ際のひとつのポイントして持ちやすさがあります。

適度なグリップの太さ、軸の重さ、ここら辺が選ぶ基準になってきます。
IMG_0065

スラリ4Cはグリップの太さがちょうど良く、ラバーグリップも適度です。

軸もプラスチックでできていて重すぎずちょうどいいです。

金属製の軸もありますが私には重くて・・・。


総評

スラリ4C


だらだら書いてしまいましたが、このスラリ4Cは本当に使いやすい多色ボールペンです。

見た目は量産型の多色ボールペンなのですが、搭載されているインクや持ちやすさなど評価できるポイントがたくさんです。

耐久性も1年以上使い続けていますがまったく問題ないあたり丈夫です。

これからも使い続けようと思います。



 

↑このページのトップヘ