無印ポリプロピレンペンケース

私は色々な筆箱を使ってきましたが、最終的に行き着くのは結局「シンプルな筆箱」に行き着く気がします。
シンプルといったら「無印良品」。シンプルでかつ、品質が高く、価格的にも優れる無印アイテムを愛用する人は多いものです。

無印の筆箱も名作揃い。その中でもポリプロピレンペンケースは人気が高いシリーズの一つです。
今回はそんなポリプロピレンペンケースの魅力とオススメをご紹介します。

ポリプロピレンペンケースの特徴

極限までシンプルな作りのポリプロピレンシリーズですが、愛用者が多いのには理由があるのです。

プラスチックなのにチープじゃない

ポリプロピレンとはプラスチックの一種です。
プラスチックのペンケースと想像すると、安っぽいチープなペンケースを想像してしまいますよね。

しかし、ポリプロピレンシリーズは安っぽくない。
独特の風合い、そして厚みのある素材から安っぽくないのですよね。
プラスチックなのに大人が持っていても問題ないペンケースって本当に少ないのです。

とにかく安い!

無駄なものを徹底的に排除した作りは、価格の安さにもつながります。
商品のほとんどが300円以下で購入できるという良心価格。
壊れてしまっても気軽に交換できるのは嬉しいですね。

では、無印のオススメ筆箱(ペンケース)をご紹介します。

ポリプロピレンダブルペンケース


販売サイトはコチラ

ペン等を入れるスペースと、消しゴムなどの小物を入れられる小スペースの2つから成り立っています。

ペンは5本ほど収納可能。通常の使用範囲なら5本のペンがあれば問題ないでしょう。

文房具はどうしても小物が多くなってしまうので、小スペースはありがたい。
最もバランスに優れた優秀なペンケースです。

ポリプロピレンペンケース(横型)小

無印良品ポリプロピレン小物ケース
無印で最もシンプルなペンケースです。ペンの収納量は3本と超ミニマル。
必要最低限しか収納できませんが、取捨選択をすれば意外と3本に収まってしまうもの。

私はこれを使って、自分にとって本当に大切な文房具を見つけることができました。

ポリプロピレンめがね・小物ケース スタンド式

無印良品ポリプロピレンケース
ペンケースではありませんが、このスタンド式のペンケースもオススメです。
スタンド式なので立てて使うことができ、ペン立てのように使用できます。
サイズが2種類あり、収納量は「大」がペン15本ほど、「小」が10本ほどとかなりの大容量。

消しゴムなどもスティック型にすることでスマートなペンケースとしても利用できると思います。


以上、無印用品のポリプロピレン製ペンケースのご紹介でした。
シンプルを極めたペンケースをお探しの方に是非とも使っていただきたい!

スポンサードリンク