カクノ透明軸トプ

万年筆欲がいい感じに深まってきた昨今。
以前は細字でカリカリと書くことが好きだったのですが、最近は太めのニブでインクをたっぷり使って伸び伸びと文字を書きたくなりました。
それこそ、A欄罫線の2行で一文字くらいの大きさで伸び伸び書きたいのです。

いやはや、人の好みは変わるものですね……。

太ニブのお試し万年筆は?

さて、今まで万年筆はEFやFと言った細字を使ってきたので太ニブは未知の領域です。

太字に慣れるという意味も込めて、安めで書きやすい万年筆を探していました。
こうなると思いつくのはパイロットのベストセラー万年筆「カクノ」です。

と言うことでカクノを買ってきました。
カクノパケ
久々のカクノ購入。以前に買ったのは4年前ほどでしょうか。時が経つのは早いものです。

折角なので発売当初は無かった「透明軸」を選びました。
カクノインクなし
パイロットの透明軸ってプラスチックでありながら上品なんですよね〜。
ハイテックCしかり、プレラしかり。
カクノの透明軸もどこか上品。
本来はチープさが際立つはずの軸なのに高級感があります。

とりあえず付属していた黒のカートリッジを装着。
カクノインク
透明軸なので中までクッキリと見えます。
これはパイロットの透明コンバーターにカラフルな色を入れると非常に華やかな万年筆になりそうです。

カクノのMニブの太さって?

さて、早速書いてみました。
インクがたっぷりと出てきますね。
こう言うのを期待していたのです。流石はカクノ。
スチールペン先ですが独特の書きやすさがあります。

罫線2行に一文字を書くとこんな感じ。
カクノ書いた

悪くないですね。
ただ、理想的にはもう少しだけ太いと嬉しいかな。

日本の万年筆は少し細めに出来ているので、外国産の万年筆はMニブがちょうど良いかもしれません。
日本産の万年筆はBニブでも良いかな?
どちらにせよ試し書きは必須ですね。

とりあえず、ガシガシ使える太ニブ万年筆が欲しかったのでこれはこれでOK!
これから使っていこうと思います。

スポンサードリンク