ゼブラの新作ボールペンブレンをレビュー
最近、新しいボールペンが発売されずに寂しい思いをしていましたが、ゼブラさんが面白そうなボールペンを発売しました。
それこそが「ブレン」。買ってみたのでレビューします。

ブレないペンだから「ブレン」

ブレンの製品名は「ブレない」からきていると思われます。
ブレないからブレん→「ブレン」。うん、単純やな。
ブレンは筆記時のブレを抑える仕組みを持っているのです。

仕込み金属で低重心

ゼブラのボールペンブレン
グリップ部分の裏側にどうやら金属パーツが仕込まれています。
筆記時の安定感には低重心が大切。
重すぎず、軽すぎず、うまく調整してくれました。

がたつきゼロの高精度

ブレンクリップ
ブレンは高精度でがたつきをなくしたそう。
ペン先、そして内部構造をキッチリと作り込むことで筆記時のブレが本当に少ない。
地味ですが、すごいなこれ。強く筆圧をかけても、ブレたりしないですし、斜めにペンを入れてもブレない。

日本の丁寧なモノづくりが垣間見れるペンですねぇ。
筆圧が強い人に是非とも使ってほしい。
少なくとも100円台で売っていいものじゃない。流石はゼブラ。

長めのラバーグリップ

ブレンのグリップ
個人的に嬉しかったのは、グリップ部分。
最近のマイブームは、ペンの上の方を持つこと。
そのため、ラバーグリップを長めにとってくれていてありがたい。
グリップと軸の精度も申し分なし。

買うならブラック軸で

一つ残念なのは、デザインかなぁ。
ペンのデザインは素敵なんですが、チープなプラスチックとの相性がイマイチ。
特に、軸がホワイトのブレンは安っぽさが否めません。
買うならブラック軸がおすすめ。


ブレン筆記
以上、ゼブラの最新ボールペン「ブレン」でした。
日本の工業製品のレベルの高さを見せつけられましたね。
こういう地味だけど使いやすい丁寧なモノづくりは文具ファンを熱くさせてくれます。

スポンサードリンク