文グ。

ボールペンを消費するために勉強をしている大学生。 文具のこと、生活のことをのんびりと発信しています。 最近はフォントについてよく考えたりしています。

カテゴリ: その他のペン

蛍光ペンってなかなか買い替える機会がありません。
あまり使用頻度が高くないもので。


オプテックスというゼブラの蛍光ペンを買ってみました。
カッコいい名前ですな。
オプテックスは昔この黒色のモノを使っていた記憶があります。



「オプテックス1イージー」の一番の特徴が「イージーキャップ」。
IMG_2095


キャップを開けるのが楽なボタンがついているんですね。
これが思った以上に快適でして、非常に楽にキャップを開けることができます。


これはユニバーサルデザインだ!と感動しました。
おばあちゃんにプレゼントしたいな。


あとキャップにストラップ用の穴があるのも地味にうれしい。


今回はここまで。やたらと短い記事ですね。
だってこれ以上書くことないんですもん!

ではでは。




お仕事の方で赤ペンが必要になり、ついこの間「マジックインキ」を使っていたわけです。

ヘビーに使いすぎたせいでもはやインクがなくなるという事態に。
この短期間で一番使った文具ではなかろうか。



次はパイロットの名作、「スーパープチ」に手を出すことにしました。
IMG_2047


このペンのことはわざわざ言うこともありませんね。
本当に有名で、昔からあるペンです。


ただ、一つ驚いたのはスーパープチは「水性顔料」であったことです。



水性顔料とは「水性」+「顔料」の性質を持つインク。

水性は、にじみが少なく軽いインク乗りが特徴。
サラサラーと書けるインクということになります。

顔料は、水に溶けないという特徴を持っています。
つまりは耐水性があるということ。



紙に書くという用途では一番の組み合わせではないでしょうか。
サラサラと書けてにじみが少なく、耐水性がある。


スーパープチもこの特徴に当てはまりまして、非常に使いやすいペンでした。
耐水性があるのには本当にびっくり。

書いた後にちょっと水がかかったりしても滲んだりしません。
ただ、あらかじめ濡れている紙にはすこぶるインク乗りが悪いのでこの点だけにはご注意を!


バイトの関係で赤の油性ペンが必要になりました。
分かる人には分かってしまうかな、「赤の油性ペン」。(飲食)


油性ペン…。
やっぱりマッキーかなぁ。
マッキーはどうしてあんなにも有名なのでしょう。油性ペン=マッキーという風潮。
確かにステキなペンです。


しかし、今回私の目に留まったのが「マジックインキ」。
IMG_1993



うむー。遥か昔に祖父の家にあったような。
せっかくなので今回はマジックインキを使ってみることに。



このペン、かなり昔からありますよね。
レトロチックなデザインが気になります。
うたい文句は「どんなものにもよく書ける」。



今となっては油性ペンなのだからどんなものにもよく書けるのは当たり前なのですが、マジックインキが発売されたころは正しく「革命」だったのでしょう。
きっとこのペンをめぐって争奪戦のようなものがあったのでしょう。(もちろんテキトウ)


そして、ツッコミどころが一つ。
IMG_1994

ペンの側面に書いてある、「ご使用後はコチンというまでしっかりキャップをしめてください」。
コチン・・・。
聞いたことのない効果音ですね。


この時代、キャップをしめるときの音は「カチッ」じゃないでしょうか。

「コチン」。日常生活に使ってみようかしら。伝わる気はしないのですけど。




筆記という面ではかなり優秀なマジックインキ。
紙にはもちろん、ペットボトルにも発色よく書くことができます。
流石、「どんなものにもよく書ける」は伊達ではありませんね。
IMG_1995


別にこれと言って面白いことを書いたわけではありませんが、今日はこんなところで。
油性ペン、たまにはいつもと違ったペンを使うのも趣深いものです。




↑このページのトップヘ