文グ。

ボールペンを消費するために勉強をしている大学生。 文具のこと、生活のことをのんびりと発信しています。 最近はフォントについてよく考えたりしています。

カテゴリ:

惚れぼれ文具は小日向京が書かれた本

何気なく本屋を歩いていると面白そうな本を発見。
「惚れぼれ文具 〜使ってハマったペンとノート〜」何ですか、この本。
ものすごく興味が惹かれるのですけど。

そして本の帯の「筆欲が止まらない!」の一言にKO!無事に購入しました。
今日はそんな「惚れぼれ文具」について。

惚れぼれ文具はどんな本?

惚れぼれ文具は文具雑誌「趣味の文具箱」にも執筆経験のある小日向京さんが自分の好きな文具をひたすら紹介する本。
万年筆に始まり、インク、鉛筆、ボールペン、ノート…。
様々な文具を網羅しております。

そして、一つ一つの文具に対する愛がすごい。
万年筆1本に対して見開き1ページを文字で埋めてしまうのですから。


写真も多くて読みやすく、本を読み終える頃には「あれと、あれと、あれを買おう」と勝手な購入予定が出来上がってしまう恐ろしい本です。

私自身、モンブラン マイスターシュテュック146は生きているうちに絶対に買ってやろうと決意を新たにしました。

直近で欲しいものはナガサワオリジナルのペンケース(3本挿し)。
これこそ自分が求めていた万年筆用ペンケース。
これは手に入れたい……!

小日向さんの文字が好きなんじゃ

私が「惚れぼれ文具」を購入したもう一つの理由が、筆者小日向さんの書く文字に一目惚れしてしまったからです。
自分の理想としていた文字がそこにはありました。

どこかで見覚えのある文字だなぁと思っていたら、以前にもブログで紹介した「考える鉛筆」も小日向さんが執筆したのですね。(参照:鉛筆ユーザーによる鉛筆ユーザーのための本「考える鉛筆」
おそらく私は遺伝子レベルで彼女の文字が好きなのでしょう。

この本を参考に「小日向風フォント表」をノートに作り上げようと思います。それはまた後日。

小日向節を感じるのだ

とにかく文具愛をひたすら見せられる本。文具好きなら必ず楽しめる本だと思います。
是非是非、一度読んでみてください。

文房具改造マニュアルトプ
世の中にはいろんな人がいます。
文房具を改造することに喜びを感じる人だっています。

しかし、文房具改造は世間一般的には「地味」で「ニッチ」な分野に分類されてしまいます。

そのため、文房具改造は一部の人が自分のために試行錯誤し、ブログなどで細々と発信していくスタイルが多いように思えます。

そんな文具改造界に一石を投じる…かもしれない本が発売されました。
それが「文房具改造マニュアル」です。

こんな本を待っていた!「文房具改造マニュアル」

文房具改造に特化した本。しかも、フルカラー。わかりやすく、かつトコトン文具と向き合った内容です。

この本を見つけた時、
「おお!なんと素晴らしい本なんだ!」という気持ちと
「一体誰が買うんだろう…。」という2つの気持ちが出てきましたね。
私は買っちゃいましたが。

文具改造についてディープに学べます

本の内容は言わずもがな「文房具改造」についてです。
これが非常にニッチでね。
  • ボールペンに他社製リフィルを入れてみる
  • ボールペンに万年筆インクをぶち込む
  • 万年筆を直液式にしてみる
  • 革で自分専用のペンケースを作る
などなど。
聞いているだけで、文具好きなら熱くなれるでしょう?

文具改造の「方法」を学ぶ良書

正直、本のままの内容では使えないことも多いのです。
文房具改造マニュアルでよく出てくるペンが、モンブランの「スリムライン」。

現在廃盤になっており、オークションなどで簡単に手に入れられると紹介されていますが、意外と手に入りにくいもの。スリムラインの改造をそのまま使うと言うのは難しそうです。

しかし、改造の手法を学ぶという意味では非常に重宝する本だと思います。
特に、ボールペンに他社製リフィルを入れてみる系は筆者の工夫やアイデアの数々を知ることができて、読み手が応用できそうな内容。

文房具改造に興味がある人ならば一読しておくことをオススメします。
少なくとも私は買ってよかった!(笑)この手の本は貴重ですからね〜。


(アマゾンで立ち見できます。是非、一度目を通してみてください!)

最近、衝撃を受けた本がありました。
「美しい日本のくせ字」
本のタイトル通り、いろんな人のいろんな字が載っている本なのです。
くせ字と言うくらいだから、何となく不格好で、世間でいうところの「汚い字」がたくさん載っている本なのだと思っていたのですが、実際は違いました。

美しい…。

確かに本来の「ひらがな」、「カタカナ」、「漢字」からは大きく外れている文字がたくさんありました。
書道家が怒ってしまいそうな文字たちです。
しかし、それぞれの文字には書き手の美徳と言いますか、くせがありつつも統一感があったわけです。


以前気づいたことですが、文字と言うのは1字1字の綺麗さよりも、文章の中でどのようにバランスが取れているかが大切なのだと思っています。

1字では汚くても、整然とバランスよく配置されていれば綺麗な文字になるというわけ。不思議ですね。

この本に載っている文字の書き手はそのバランス感覚が優れている人が多かった。
見てて心地の良い文字の羅列でした。


その中でもひときわ輝いていたのが「稲川淳二」の字。
そう。「こわいなー、こわいなー」の人です。

彼はどうやら工業デザインを職業としてやっていたらしく、バーコードの読み取り器のデザインをしたのも稲川氏らしい。すごいな。
彼の字はそんな工業デザイナーとしての美徳があるんでしょうね。
非常に美しい。
まるで活字のような字。
稲川淳二の文字

これってどのように書いているのか非常に気になります。
文字を書く際に力をどれくらい入れているのか、筆記速度も気になりますね。


惚れ惚れとして眺めていたわけですが、影響を受けやすい私です。
あのような文字を書きたい。そんなくだらないことを思ってしまったのですね。

という訳で、細字ボールペンを購入。
稲川氏はハイテックCがお気に入りということでしたが、私はシグノ派なのでシグノの0.28㎜を。


買ったはいいんですけどね。やっぱり彼のような文字を書くのは無理。
どれくらい時間をかけてこのフォントにたどり着いたのだろう…。

その代わり、私も自分に合ったフォントを見つけました。
縦長活字型。
IMG_2656

これは個人的に書きやすいうえ、整然と揃っている感じが好きです。
しばらくはこの文字で過ごそう。

それにしても稲川淳二の字は美しい。

他にも髭文字ってのも好きでした。いやいや、「美しい日本のくせ字」は素敵な本です。

書籍「文具上手」がワクワクする。

少し古い本ですが、「文具上手」という本を読みました。





色々な職業の方々の文具事情をのぞき見することができるこの本。

ここで紹介される方々は本当に多種多様な職業です。
デザイナー、サラリーマン、医者、プロデューサー・・・。
普段関わりのない人たちがどのような文具を使っているのか、そしてその文具を使う理由は何なのか、そんなことが詳しく書かれていて楽しかったですね。


本で紹介されるくらいですから、登場する方々はもちろん文具好き。
文具好きが仕事でどのように文具を使っているのかをのぞき見できてしまうなんてワクワクしませんか?


短くまとまっていて読みやすい!

本の構成は筆者が様々な人のもとを尋ねて文具についてのインタビュー。
写真と文章できれいにまとめられています。
そして各々に筆者の考察。といった構成。

わかりやすく、一人ひとりの記事が短くまとまっているので隙間時間にもサクサク読めます。


サファリ愛用者、多すぎ!!

個人的なちょっとした感想を。
「ラミーのサファリ(万年筆)愛用者が多い!」
文具好きが多いので、万年筆が使われるのは納得なのですが、サファリ!?といった感じ。
特にデザイン関連の職業の方々は必ずと言ってよいほどサファリ使用しています。

これはサファリの伝説的なデザイン性が評価されているということなんでしょうね。
洗礼されたデザインのサファリを使用することで何らかのインスピレーションを得ているのでしょうか。私の想像の域ですが。



まぁ、この本の初版が2012年なので、高品質な格安万年筆が少なかったせいなのかもしれませんが。
今では安くて普段使いに最適なカクノ、プレピーなどがありますから。
もしかすると、この本で紹介されている方々は現在はカクノを愛用していたりするのでしょうか。



個人的に気になった文具はシグノのキャップ式(ブルーブラック)の極細。
シグノRT1のブルーブラックを以前愛用していたので、今度は手帳用にシグノキャップ式を買おうかと。
文具上手ではテレビのプロデューサーが手帳管理にこのペンを使っていました。
(影響されやすいのです)


まとめ

文房具好きとして楽しめる本でした。
筆者の取材後の考察もよく考えられているなぁと感じました。

仕事において文具をどのように駆使しているのかがわかる本です。
将来は文房具をたくさん使える職業に就きたいなぁ・・・。







テーマが文房具の本は少ない?

文房具を題材とした本はありそうで意外とないような気がします。

だからなのか、文房具の本は手にとってしまう魅力がありますよね。

今回は読んだら文房具が愛おしくなる、そんな本をご紹介。


ときめく文房具図鑑。文房具好きにはたまらない

「ときめく文房具図鑑」
それが本の題名です。
914zfC595QL

まず、本の表紙がたまりません。
文具が詰まった引き出しの写真が表紙です。


見てみると知っている文房具だらけ。
ペリカンの万年筆、アラビックヤマト、カラーギミック、mono、サファリ万年筆・・・。
(サファリ万年筆が三本もあることから筆者はサファリ信者なのだろうか)

この文具たちは筆者の愛用文具です。
日常的に使っています!という雰囲気に好感が持てました。


ときめく文房具図鑑の特徴

この本の特徴としては、文房具の本ではありがちなランキングなどではありません。


筆者が実際に普段から使っている、そんな文具たちがエピソードや文具の歴史とともに紹介されています。

そんな、正直な記事がまるで文房具ブログのようなので読んでいる私も楽しく読ませていただきました。


そして何よりも写真が綺麗。
写真を見ているだけでも十分に楽しいのはこの本の魅力なのでしょう。
(この本を読んだ後に自分の文房具の写真を見てがっかりです(笑))



まとめ

作者が実際に使っている文房具がメインで紹介されているので、かなり個人的な感想、少し偏った文房具が取り扱われていたりもします。

だからこそいい!
個人的な感想だからこそ心に響くのです!


文房具好きな人にはぜひとも読んでいただきたい。

きっと文房具が愛おしくなります。



↑このページのトップヘ