文グ。

ボールペンを消費するために勉強をしている大学生。 文具のこと、生活のことをのんびりと発信しています。 最近はフォントについてよく考えたりしています。

カテゴリ:文房具 > 筆箱

無印ポリプロピレンペンケース

私は色々な筆箱を使ってきましたが、最終的に行き着くのは結局「シンプルな筆箱」に行き着く気がします。
シンプルといったら「無印良品」。シンプルでかつ、品質が高く、価格的にも優れる無印アイテムを愛用する人は多いものです。

無印の筆箱も名作揃い。その中でもポリプロピレンペンケースは人気が高いシリーズの一つです。
今回はそんなポリプロピレンペンケースの魅力とオススメをご紹介します。

ポリプロピレンペンケースの特徴

極限までシンプルな作りのポリプロピレンシリーズですが、愛用者が多いのには理由があるのです。

プラスチックなのにチープじゃない

ポリプロピレンとはプラスチックの一種です。
プラスチックのペンケースと想像すると、安っぽいチープなペンケースを想像してしまいますよね。

しかし、ポリプロピレンシリーズは安っぽくない。
独特の風合い、そして厚みのある素材から安っぽくないのですよね。
プラスチックなのに大人が持っていても問題ないペンケースって本当に少ないのです。

とにかく安い!

無駄なものを徹底的に排除した作りは、価格の安さにもつながります。
商品のほとんどが300円以下で購入できるという良心価格。
壊れてしまっても気軽に交換できるのは嬉しいですね。

では、無印のオススメ筆箱(ペンケース)をご紹介します。

ポリプロピレンダブルペンケース


販売サイトはコチラ

ペン等を入れるスペースと、消しゴムなどの小物を入れられる小スペースの2つから成り立っています。

ペンは5本ほど収納可能。通常の使用範囲なら5本のペンがあれば問題ないでしょう。

文房具はどうしても小物が多くなってしまうので、小スペースはありがたい。
最もバランスに優れた優秀なペンケースです。

ポリプロピレンペンケース(横型)小

無印良品ポリプロピレン小物ケース
無印で最もシンプルなペンケースです。ペンの収納量は3本と超ミニマル。
必要最低限しか収納できませんが、取捨選択をすれば意外と3本に収まってしまうもの。

私はこれを使って、自分にとって本当に大切な文房具を見つけることができました。

ポリプロピレンめがね・小物ケース スタンド式

無印良品ポリプロピレンケース
ペンケースではありませんが、このスタンド式のペンケースもオススメです。
スタンド式なので立てて使うことができ、ペン立てのように使用できます。
サイズが2種類あり、収納量は「大」がペン15本ほど、「小」が10本ほどとかなりの大容量。

消しゴムなどもスティック型にすることでスマートなペンケースとしても利用できると思います。


以上、無印用品のポリプロピレン製ペンケースのご紹介でした。
シンプルを極めたペンケースをお探しの方に是非とも使っていただきたい!

無印ポリプロピレンペンケース横型はシンプルな筆箱

以前購入した無印のダブルペンケース。
(参照:極限のシンプルを目指して|無印良品ダブルペンケース

シンプルで使い勝手も良好。素晴らしいペンケースでした。
しかし、だいぶ汚れてしまったので買い替え。

無印ペンケース横型は小さい

今回はダブルペンケースを超えたシンプル。
無印良品ペンケース・横型。250円ナリ。

非常にコンパクトで、無印のB5ノートと比較してもこの大きさ。
無印ペンケースと無印ノート


収納場所は1箇所のみ。収納力はペン×3本が限界でしょう。


無印ペンケース横型で自分の大切を見つける

はて、文具好きとしては非常に心もとない収納力です。
好きな文具が詰め込めないではないですか!

しかし、これこそ私の狙いなのです。
「本当に必要で、本当に大切な物だけを持ち運ぼう!」そんな企画を開催しました。(参加者私一人)

ペン3本。限られた収納スペースに何を詰め込むか。
自分にとって本当に必要なものが見えてきます。


現在のスタメン3本

無印ペンケース横型にはプロギアスリムとステッドラーと

さんざん悩んだ挙句、現在私がペンケース横型に入れているのは
愛してやまない プロギアスリム
地味に最も好きなシャープペン ステッドラー925
シンプルで必要十分機能 組み合わせが選べる三色ボールペン
この3本。

どれも無くては生活に支障が出るペン達。
これに無印の短めの定規と小さな消しゴムを入れて持ち運んでいます。


今回の企画で、自分にとって本当に大切な文房具達が見えてきた気がします。
しばらくはこのメンバーで大学ガンバります。

無印良品 ポリプロピレンペンケース(横型)

最近のマイブームは身の回りのモノをモノトーン&シンプルにすること。
文房具もその例に漏れません。

文具でモノトーン&シンプルと言ったらやはり「無印良品」が上がりますよね。
モノトーン計画の第一弾として筆箱を変えてみることにしました。愛用のつくしペンケースがくたびれてきたので…。

そして選んだのが「ポリプロピレン ダブルペンケース」です。
無印良品ポリプロピレンダブルペンケース

ダブルペンケースは小さいから厳選文具で

ダブルペンケースということで二つに区切られています。
ペン入れと小物入れと言ったところでしょうか。
無印良品ポリプロピレンダブルペンケース開いた図
小物入れスペースは結構小さく、消しゴム一つとプラスαという感じ。
私は消しゴムとUSBメモリーを入れることにしました。
何かと使うんですよねUSBメモリー。

ペンはかなり厳選。愛用のペンだけをセレクトしました。
ごちゃっと入れるタイプの筆箱なので、ペン同士の接触は避けられないので、高級ペンなどは別に。
日常でガシガシ使えるペンだけを入れてみました。
万年筆がないのはやはり寂しいのでプレジールを忍ばせる…。

なんだか小学生時代を思い出しますね。カパッと開くタイプの筆箱のよう。

シンプル&モノトーンの文具を集めよう

当面の目標は筆箱の中身もシンプル&モノトーンなデザインの文具を集めていくことでしょうね。
今の状態だと蛍光ペンが悪目立ちしているので…。
と、なると筆箱の中身の大半が無印良品になってしまうような。それもそれで悪くないような。
まぁ、ボチボチと買いそろえていくことにします。


茶色のシール剥がすか問題

あと、無印良品のこの茶色いシールって皆さんは剥がしますか?
無印良品ポリプロピレンダブルペンケースシール

これがあると無印っぽくて好きなんですよね。
私は毎回剥がして後悔するタイプです笑
今回は剥がさないで使ってみることにします。

最近は文具をスマートに運ぶことを考えています。

筆箱の中に入っていた文具の整理をしていたわけですが、本当に使用頻度の高い文具は少ないんですね。

考えてみると今使っているツバメノートコラボの筆箱の収納スペースを持て余しているではないですか。(参照:つくしペンケースを超える筆箱を発見!「ツバメ×CUBIXペンケース」
大容量の筆箱を買った意味・・・。本末転倒です。
(たくさんの文具を持ち運ぶ方には依然としてツバメノート筆箱はおすすめです。
これまた素晴らしい性能。)



そして結局つくしペンケースに戻りました。

IMG_0389

こう考えるとつくしペンケースは筆箱の完成形なのではないかと疑ってしまいます。

文具へのアクセスも良く、とにかく使いやすい。

久々につくしペンケースを使ってみましたが、その使いやすさを再認識しました。
コンパクトで携帯性に優れることに加えてなかなかの容量。



持ち運ぶ文具の量を必要最低限にしたい私にはちょうどよい収納量。
最近のマイブームとしてシンプルなものを好むようになりました。
服しかり、文具しかり。

シンプルだからこその耐久性の高さも非常にポイント高いです。
1年近くヘビーに使っても問題ナッシングな丈夫さ。


そんな私のニーズに合っている「つくしペンケース」。

シンプルで高機能、この二つを備えてる筆箱は少ないですよね。


現在はこのようにして使っています。

IMG_0387

左側にペン系、右側にこまごまとしたもの。

耐久性にも優れている「つくしペンケース」なので、これからも長くお付き合いしていきそうです。

私は基本的に衝動買いはしないのですが、一目見た瞬間に即決したものがあります。
それが今回紹介するツバメノート×CUBIXのペンケースです。

圧倒的な支持率!つくしペンケース。私にとっては?

以前まで使用していたのは文具好きから圧倒的支持を得るつくしペンケースです。
シンプルな構造で使う人によって様々な使い方がある筆箱でした。
カラーオーダー会のつくしペンケースがやってきた!



ただ、一つ弱点としては小物文具を入れるスペースがなく、小さな文具を持ち運ぶには不向きといった点。
以前、そんな弱点を克服するべく改造も行いましたがどうもうまくいきませんでした。
つくしペンケースをちょっと改造してみた。~試作段階~

そんな弱点を見て見ぬふりをしていた私ですがここにきてダークホースの登場。
それが ツバメ×CUBIXペンケースだったのです。

ツバメ×CUBIXペンケースの強み

何がそんなにすごいのかと言いますとつくしペンケースと普通の筆箱のいいとこどりなんですよ。

つくしペンケースよさはペントレーのようにペンを一本一本ずつ収納できる点です。
それによってペンを探す必要がなくなり、さらにはペン同士の接触を避けてペンに傷がつかないようになります。


この筆箱はそんなペントレー機能とポーチが一緒になっているんですよ!これは革命です。


普段はボタンで固定されていますが、開くと・・・。
IMG_1206

ほら、ペントレーのようになっていますよね!
左ポケットは大きく作られており、右ポケットは真ん中に仕切りがあります。
これまた使う人によっていろんな工夫が出来そうです。


↓左ポケット
IMG_1207



↓右ポケット
IMG_1208


あのおなじみのデザインがイイ感じ

さて、他の点も見ていきましょう。
まず、デザインから。

IMG_1205

デザインはあのベストセラーノート、ツバメノートの表紙と同じデザイン。
(最初、構造やらなんやらではなく、デザインに惹かれてしまったのは内緒)

カラーリングも何種類かあるようで、一番ポピュラーなクリーム色から赤、黄色まで。
ちなみに私の購入したものはネイビーです。
一番しっくり来たと言いますか・・・。
BlogPaint

裏にはツバメのお馴染みのマークが。

ジップポケットの作りもなかなか

そして二つのジップポケット。
生地がキャンバス素材といいますか、コットンでできています。
そのため伸びることがないのでたくさんモノを詰め込めるかと言われると微妙ですが、二つ付いていますし大きさもなかなか大きいので普段使いの文房具はすべて収納できるのではないかと。

案の定、私の文房具は綺麗に収納できました。
うん、グッドサイズ!
ちなみにつくしペンケースと並べるとこんな感じ。
IMG_1209
大きさがほぼ一緒なので違和感なく使えそうです。

さらに細かいポイントとしてポーチの中がテレテレの素材でできていて(伝わってくれ!)汚れにくいイメージ。これは使ってみないとわからないのですが細かいところまで作りこまれたよい筆箱だなぁと。

つくしペンケースの上位互換か??


久々に衝動買いしてテンションの高い私でしたが、よい買い物ができたと思っています。

ペントレー機能がほしい、ポーチもほしい、といった欲張りな方にはぜひぜひおススメしたい筆箱です。
ペントレー機能はやっぱり便利ですから・・・。

気になった方はチェックしてみてくださいね!ではではー。

↑このページのトップヘ