文グ。

ボールペンを消費するために勉強をしている大学生。 文具のこと、生活のことをのんびりと発信しています。 最近はフォントについてよく考えたりしています。

カテゴリ: おすすめシリーズ

最近は使いやすい筆箱がいっぱい 

pencase001

最近の筆箱の進化は目覚ましいものがあります。
今までのような収納機能に加えて工夫を凝らした素敵な筆箱がたくさんあります。

使用用途、使用目的によって使い分けられれば勉強や仕事の効率だって上がるはず。
デザインも気に入ったものを選べばモチベーションアップにもつながりますよね。

というわけで今回は使いやすい筆箱を紹介したいと思います。

今の流行は大きく分けて2つ


今の筆箱業界は大きく分けて2つの区分があります。

一つは「つくしペンケース」を代表とするペントレー型。

そしてもう一つが 「ネオクリッツ」を代表とするペン立て型。

2つとも形は違えども目指したところは同じ。 

それは、目的の文具を素早く手にできる構造ということです。

従来のただ文具をごちゃごちゃと入れる筆箱と違い、視認性が抜群で目的の文具にすぐにアクセスできる筆箱が今の流行なんです。 

では、早速使いやすい筆箱の紹介ですよ。

ペントレー型の筆箱

 

つくしペンケース

 つくし文具店 つくしペンケース
つくし文具店 つくしペンケース


ペントレー型の人気を作った筆箱。
ガバッと開くことで中身を一望することが出来ます。

シンプルでありながら自由度が高いことが人気のポイントで 多くの文房具好きから愛されています。
デザイン性が高いことも人気の秘密。
詳しくはこちらから(つくしペンケースついに!

入手が比較的難しいため周りと被らないのもgood。
入手のためにはつくし文具店もしくは楽天で購入する必要があります。
(楽天では入荷されるとすぐに売り切れてしまうので見つけたらラッキー)


コンパクトペンケース 

リヒトからペントレー型の筆箱が発売されました。

つくしペンケースを意識したのでしょうか、かなり構造は似ています。

左と右で役割があり、左には消しゴムなどの小さなものを収納できるようなポケットがついています。
整理整頓がしやすい筆箱ですね。

撥水加工がされているのもポイント。汚れを気にせずにガシガシ使えますね。

ウィズプラス(with +) 

 最近、上品な製品に力を入れているコクヨさんからです。

この筆箱はビジネスシーンで活躍できるような機能がたくさん備わっています。

ガバッと開けるペントレー型に加えて外側にもペンを収納できるポケットが。
筆箱を開けなくてもササッとペンを手にできるスピードがウリ。

他にも手帳などにも挟むことが出来るゴムバンドを搭載。
この身軽さ。魅力的ですね。

ディスプレイペンケース 

 
ちょっと変わり者のディスプレイペンケース。

開くとまるで本物のペントレー。
角度をつけて立てることが出来るのでペン立て型と通ずるものがあります。

プラスチック製品とあってカラーが豊富だったり、大きさも2種類あったりとおもしろい。

プラスチックペンケースの醍醐味であるシールを貼ったりしてカスタマイズするのも楽しそう。



ペン立て型の筆箱


ネオクリッツ

ペン立て型の筆箱として最も有名であろう筆箱。

立たせることによって省スペース、ペンの探しやすさをアップさせた製品。

立たせてもかなりの安定性があり倒れたりしにくくできているのも人気のポイント。
そして、ペン立て型の弱点でもある、消しゴムなどの小物もしっかりと入れられるポケットがついていて死角無し。
筆箱だけでなく、化粧ポーチとして使っている人もいらっしゃるらしいです。


スタンドペンケース

リヒトからもペン立て型の筆箱が。

この筆箱はチャックを開けて、ぐっと下の部分を押すことによりペン立てになるという仕組み。
普通の筆箱としても使えるため非常に機能性が高いと言えます。

素材は筆箱にしては珍しくシリコン。
布製と違い汚れにくく、プラスチック製と違い割れにくいといった、いいとこどりの筆箱。

デルデ

カジュアルな布製のペン立て型。

上のファスナーを開けて上部を下におろすことでペンの頭が出てくるおもしろい仕組み。
布製でありながら丈夫に作られており、へたったりせずにペン立ての役割をしっかり果たします。

カラーバリエーションが多いのも魅力。


まとめ

いかがでしたか。
筆箱もいろいろなアイデアが詰まっているので自分に合った筆箱を見つけてみるのも楽しいと思います。

自分の使用用途と照らし合わせてベストな筆箱を選んじゃいましょう!

前々からほしかったもの、それがスープジャー。

夏から節約でもしようかと思いまして学校にはおにぎりをにぎって持って行って食べていたんですよ。
夏は食中毒が怖くて毎日毎日梅、梅、梅。

流石に飽きてしまいまして(というよりおにぎりに飽きた)、そこで目を付けたのがスープジャー。

これから寒いですからね。

スープを持って行ってパンにつけて食べる!
これがしたかった。 


そしてついに買ってきてしまいました。
何度か使ってみてなかなか便利だったので今日はこのスープジャーについて少々。


私が購入したのはこれ、サーモスの真空断熱フードコンテナー。
IMG_0161


フードコンテナーって名前はごついですが見た目はかわいいですよね。

色もレッドチリと攻撃的な名前ですが温かみのある赤色です。
ふたの部分の茶色と合わさって何となくキノコのようだったので購入しました。(なんだそりゃ)


容量は0.27L。
これが思った以上に使い勝手が良い。

というのも、私の使い道はスープをいれてパンにつけて食べたい!なので大きすぎても困るわけですよ。
IMG_0162


そして、レトルトのスープを利用することが多いため(粉末をお湯に溶かすタイプの)、この容量がちょうどいい。
市販の粉末のスープは一袋を150ml前後のお湯に溶かすタイプが多いのですがこれなら大体2袋分。

1袋ではちょっと足りないと思っていたのでとってもgoodです。

口も大きめに作られていて念願のパンをつけて食べることが出来ましたよ。フフフ。


保温力も今のところ問題なし。
大体8時くらいにアツアツのお湯でスープを作って食べるのが12時ですから、4時間ですか。
もちろんアツアツスープが楽しめます。

6時間くらいは大丈夫そうです。


ただ、これから寒くなってきますから、保温力が弱まるとは思います。
それを防ぐためにはケースに入れるといいみたいですね。

うーん。買うと高いんだよなぁ。
今度作ろうかな・・・。(めんどくさい)
 


そういえばスプーンも買いました。「スープジャーのためのランチスプーン」というやつ。
シリコンケース付でなかなかにかわいいです。
IMG_0164IMG_0163



そして何より、質感がよかったです。
プラスチックなのですが、マッドな加工といいますか、質感が木っぽいんです。
お気に入りです。


まとめ

工夫次第でいろいろ活躍できそうなスープジャー。
リゾットやおかゆなんかも挑戦したいですね。

スープを入れるだけなら簡単ですし、手間もかからないのでメンズにもおすすめですよ。


↑このページのトップヘ