文グ。

ボールペンを消費するために勉強をしている大学生。 文具のこと、生活のことをのんびりと発信しています。 最近はフォントについてよく考えたりしています。

カテゴリ: くだらない話

うちの大学は変でした。
オブラートに包んで言えば、「狂っていた」。

愚痴を吐き出したらキリがないので言えませんが、一つ言うとしたらレポート課題です。


とあるレポート課題が原則手書き&黒ボールペン&修正ペン使用不可。でした。

私は疑問に思ったわけです。
なぜ、ワードを使ってはいけないのか、ボールペンを使わなくてはならないのか、修正ペンを使ってはいけない理由はなんなのか。何一つとして納得いきません。


学科主任にこの疑問をぶつけたことがあります。

私「なぜ黒ボールペンを使わなきゃならないのですか?修正ペンを使ってはいけない理由はなんですか?」
主任「レポートとは公文書です。公文書は黒ボールペンを使うのが通例ですし、修正ペンは使ってはいけません。」

なるほど。レポートを公文書として扱うと言うことですね。これならば納得です。それならば尚更ワードを使っていいはず。こちらの疑問もぶつけました。

私「では、ワードを使ってはいけない理由はなんですか?なぜ手書きなのですか?」
主任「手書きの方が温かみがあるからです。

はい、意味がわかりません。あなたは公文書に「温かみ」を求めるのですか。どう考えてもおかしい。狂ってる。
しかし、この規則に従わないと単位は与えられないとのこと。本当に何なんでしょうね。


我々はこの条件化で30枚にも上るレポートを書いていたのです。
結果、黒ボールペンで書いて、間違えたら今書いていたレポート用紙を破り捨てて新しいレポート用紙に同じ内容を書き写す。
または、シャープペンで下書きをした後、黒ボールペンで清書する。
と言う「レポート用紙破り捨て派」と「清書で2度手間派」という派閥が生まれました。
どっちにしろ物凄い時間の無駄。

それでいて、トイックの点数を上げろ、授業の予習が足りていないと小言を言われる毎日。
ここまでくると大学教授って頭が悪いのかな、と思ってしまいますよね。


さて、このレポート地獄を乗り越えるため頑張っていた我々ですが、流石に学期が終わる頃にはイライラは最高潮。
最後の授業アンケートには、全員が「手書きの意味がわからない、黒ボールペンはクソ、せめて修正液使わせろや」と呪いの言葉を刻んでいました。


この呪いが効いたのか、今期からは「鉛筆OK」のご達しが。
ワードを使わせて欲しかった、などの若干のクレームこそあったものの、私は大満足。大勝利です。

少しでも楽しんでレポートを書きたいですからね。お気に入りの鉛筆を探すことにします。
よかった、大学が少しでも正気を取り戻してくれて。


ミッションインポッシブル フォールアウト

先日、ミッションインポッシブルを観てきました。
映画ってほとんど観に行かないのです。3年ぶりくらいでしょうか。

久々すぎていろんなことに感動しましてね。
しょっぱくて高いポップコーンとか、誘導等の明かりとか。

しかし、一番感動したのが「映画の字幕のフォント」です

整然と並んだ感じ。独特なノスタルジックな雰囲気。私はすっかり字幕フォントの虜でした。

少し前に紹介した「稲川淳二フォント」に少し似ている…。
もしかしたら稲川さんは映画フォントを参考にしたのかもしれませんね。
参考:稲川淳二の字に惚れる「美しい日本のくせ字」

字幕に夢中になってたら映画終わってました。あんまり内容覚えてないな…。

私が見たフォントはニューシネマADか?

そんな私を魅了した字幕フォント。
なんとか手書きで再現できないか?そんなことを考えるようになりました。
手書きで再現するためには見本が必要ですね。

ということで検索。
世の中便利なモノで「映画字幕風フォント」なるものが作られているんですね。
無料のものから有料のものまで。
様々な種類があるわけですが、少しづつ違いがあるのです。
私が魅了された映画フォントに一番近いのはどれ…?

私のつたない記憶を頼りに探してみました。
すると、「恐らくこれ…。」というフォントを発見。

それがニューシネマAD。と言うフォント。
ニューシネマAD

ニューシネマAD|フォント見本

特に「そ」と「た」と「す」が決定打となりました。
たぶんこれ…。

このフォント見本サイトが優秀で、自分で字を打ち込んでフォントの確認をすることができます。
私はフォントを手書きで再現したいだけなので、この見本サイトを有効活用したいと思います(セコイ)。

しばらくこのサイトとにらめっこをしながら過ごしたいと思います。このフォントで手紙を書きたい…!素敵なフォントなので是非とも一度はご覧あれ。

くっだらない話です。
付き合って下さる優しい方だけお読みください。


夢を見ました。

友人がロレックスの時計を買ったのです。
そして、SNSにロレックスの写真をアップしたのです。

私はそれが羨ましくて、妬ましくて、私もハイエンドなブランド物を買おうと決心したのです。
そこで夢の中の私は伊勢丹へ。
そう、高級万年筆を買いに行ったのですね。


そして選んだのがペリカンのスーベレーンM1000でした。
スーベレーンM1000を片手に私は天にも昇る気持ちで家に帰ったという夢。



私は数ある名作万年筆の中からスーベレーンを選んだのか…。
ネームバリューやブランド力で言ったらモンブランのような気もしますが、私は夢の中でスーベレーンを選んだ。

きっと私の潜在意識の中では
モンブラン < ペリカン
なのでしょう。


一生のうちで必ずスーベレーンは手に入れよう。
そして使いまくろう。
そう決めた朝のまどろみの時間でした。


皆様の一生のうちで手にしたい憧れの万年筆とは何ですか?コメントいただけると幸いです。

文房具箱を整理しているとこんなものを見つけました。
IMG_0257


何ですかこれ。一応ボールペンだということはわかりました。

しかし、「宇宙人です」と言われても違和感のないビジュアルです。

 
使ってみると「超」が付くほど不便。
何が不便かというと、第一に重心が「超」高重心なんです。

ペンの基本として重心は低重心が理想。
文字を書く際に手の力だけではなくペンの重みも加わることで楽に描くことができるからですね。

しかしこのペンは圧倒的に後ろに重心があります。
(あのカラフルなボールが原因)
IMG_0258



そのため、書くどころかペンを持つのでさえ困難。
後ろが重くて重くて・・・。

誰ですか、こんなにも不合理なペンを作ったのは。



さらにこのペン、インクが青色なんです。
このようなネタペンは黒インクというのが相場なのですが・・・。


青インクのため、使いにくいペンに加速がかかります。
書きずらく、そもそも青インクで使い道が乏しいというダブルパンチ。
すごいペンだ。



しかし、せっかくなのでこのペンを有効に使う方法を考えてみました。

①嫌いな人にプレゼントし、勉強、仕事の効率を下げる。
嫌いな人にあげてしまおうという作戦。
こんな使いにくいペンを使っていたんでは作業効率は半分以下になるでしょう。
はっはっは。(使ってくれるかどうかは別問題)

②宇宙人部分を取り外し、ほかのペンに付けてメイクアップ
じつはあの宇宙人部分、取り外しが可能なんです。
ほかのペンに装着し、他人と差をつけましょう。
(どんな計算されつくしたペンも重心設計が壊れること間違いなし。)
IMG_0259

 

うわ、どんなに考えてもこれ以上の使い方は思いつきませんでした。
世の中には奇妙なペンもあるものですね。
 

毎週のようにホームセンターに足を運んでおります。

理由は1つ。
変てこなカエルに会うため。

 
彼(もしくは彼女)との出会いは二ヶ月前ほど。

ホームセンターに買い物に行くとカエルがいたんです。

これまた変な顔をしておりまして、挙句生態もヘンテコ。どうやらカエルのくせにずっと水の中にいるらしい。(バジェットガエルというカエル)


カエルなんて興味がなかったわけですがあの、何も考えていないような(実際に何も考えていないかもしれないが)顔に惚れ込みまして。


週に一度は癒しを求めて会いに行っているわけです。
売れるまで見守ろうと。


しかし、ヤツは全くもって売れない。
ここ二ヶ月の間音沙汰なし。
隣のベタはとっくに売れ、新しく来たベタも売れて行ったというのに彼はずっと居ます。

それもそのはず。
問題なのは価格設定。

カエル1匹五千円なり。

なかなかどきつい価格です。
仮に興味を持ってくれた人がいたとしてもあの価格では手が出しづらい。

というより、売っている場所がホームセンターの時点で圧倒的場違い感。

よーし、棚でも買いにホームセンターに行こうか!
→お!可愛いカエルがいるぞ!
→ついでに買っちゃえ!
こんな流れはあり得ない。

どうして仕入れたんだ・・・。
売れるとでも思ったのか・・・。



良い飼い主が見つかるといいね。
万が一、年末まで売れ残っていたとしたらその時は・・・。

↑このページのトップヘ