文グ。

ボールペンを消費するために勉強をしている大学生。 文具のこと、生活のことをのんびりと発信しています。 最近はフォントについてよく考えたりしています。

カテゴリ:文房具 > ノート

ロディアトプ
最近は文房具を使うこともめっきり少なくなりました。
スマホ、PCに向かい合っている時間の方が圧倒的に長いです。時代ですね。

こんな時代においても、私は一日のTODOリストだけは紙とペンを使って記しています。
毎朝、
  • 今日やることを丁寧に書く
  • 一つずつ潰していく
  • 全て潰してリストを捨てる
これがいつの間にか私のルーティンになっていました。

今までTODOリストに使う紙は結構適当でした。
余ったレポート用紙やノートなどに書き込んでいたのです。

しかし、文房具に触れる機会が少なくなっているからこそ、ちゃんとした道具を使いたいと考えるように。ということで、自分にとって理想のTODOリスト用の紙を捜索…。

そんな中で見つけたのはRHODIAのメモパッド。オレンジ色の表紙で有名なメモ帳です。
実はしっかりと使った経験がなかったので購入。

ロディアはTODOリストに最適

私がロディアのメモ帳を買った理由は3つ。
  • シックなデザイン
  • ドットパッド
  • 切り離し可能な紙

シックなデザイン

ロディアはオレンジ色の表紙が有名ですが、あえて黒をチョイス。
机の上には極力、モノトーンでまとめるようにしています。統一感もありますし、集中力を少しでも切らさないようにするための工夫ですね。

探してみると意外とモノトーンで洗練されたデザインのメモ帳は無いので助かりました。

ドットパッド

ロディア紙
今回はドットパッドを採用したメモ帳にしました。紙に薄いドットが印刷されています。
これが結構便利で、白紙と違って文字は揃いやすいですし、かと言って方眼用紙ほど圧迫感が少ない。

つまり、整然と文字を並べることが出来る上に、のびのびとTODOリストを作ることができます。
これこそTODOリストにぴったりな紙です。

切り離し可能な紙

私はTODOリストは一日で破棄したいタイプです。
寝る前には全て潰されたTODOリストをゴミ箱へポイ。今日も頑張ったと思える瞬間。
そのため、一日ごとにメモ用紙を切り離して捨てることができるのは良い機能ですね。

ロディア試し

紙質も良好。厚手の紙で裏抜け、裏写りはありません。万年筆でも快適に筆記が楽しめました。

以上、ロディアのメモパッドのお話しでした。
良いTODOリストを手に入れることができました。少しでも一日の始まりが楽しくなるようにお気に入りの筆記具でロディアに書き込んでいきたいと思います。


メモパッドトプ
私は毎朝起床とともに、今日のやることリスト(TODOリスト)を作ります。
最近は電子メモに頼っている私もTODOリストだけは手書き。
万年筆を使って、今日は何をしようかなぁ〜と書き出しています。


以前まではB5のノートをTODOリストに使っていたのですが、少し大きすぎる。
2日で1ページ、3日で1ページなどと使い方にバラツキがあってスマートじゃない。


TODOリストにちょうど良いノート、メモ帳はないかな、と探していたらイイ感じのものを発見。
無印良品「メモパッド」。
今日はそんな地味なメモパッドについて。

無印メモパッドとは?

無印メモパッド

無印のメモパッドは古紙を50%使用した再生紙を利用。
おかげで200枚の大容量に対して84円という安さを誇っています。


デザインは「THE 無印良品」といったところ。
ナチュラルで優しい色を表紙に使っており、机においても違和感のないデザイン。
意外とこんなメモパッドは無いんですよね。

紙質は悪い!だが、それがイイ。

古紙を利用しているので、正直紙質は悪い!
よく滲み、よく裏写りします。
ただ、よほどのことがない限り「裏抜け」(次のページにインクが付いてしまう)ことはないので、その点はご安心を。


古紙にありがちな「ざらつき」も感じられます。
言い訳に聞こえるかもしれませんが、私はこのザラつきが結構好き。
朝起きて万年筆を手に取り、ザラついた紙に書き込んでゆく。
いかにも「自分は今、文字を書いているぞ!」と感じることができ、朝の良い刺激になります。

あと、適度な滲みも気持ちが良い。ちょっとボヤッと滲むのがこれまた朝の刺激になります。

縦書きにも対応した大きさ

大きさは140mm×100mm。
TODOリストとして使いやすい大きさです。


最近のマイブームは縦書きにハマっております。
日本語は本来縦に書くもの。
縦書きこそが日本語の美しさを際立たせるものだと思ったからです。

それでいて縦書き経験がないため、縦書きに慣れていない……。
日本人たるもの縦書きで綺麗な文字を書くために慣れておきたかったのです。


そんな縦書きマイブームにも答えてくれるメモパッド。
大体12個のリストを作ってくれます。
無印メモパッドTODO

足りなくなったら次から次へと使える気軽さも好きです。

メモパッドで良い朝を送ります。

無印のなんとも地味な「メモパッド」。
毎朝の日課に使わせてもらいます。TODOリストで良い1日のスタートを送りましょ!

無印良品 再生紙メモパッド

最近は家のモノをモノトーンにするのにハマっています。
文房具もモノトーン計画の対象です。

どうしても気になっていたのがメモ帳。
今までは以前書店で購入したこのメモ帳を使っていました。

はい、黄色です。
モノトーン計画にあるまじき黄色。
ちょうど使い切りそうでしたし、これを機にモノトーンのメモ帳に変えてしまおうと思っていたのです。

メモ帳が小さい必要はない?

モノトーンと言えば白or黒。
白のメモ帳は確かに綺麗でカッコ良いのですが、如何せん汚れが目立ちすぎます。
今回は黒のメモ帳を買うことにしました。

そして、もう一つ気づいたのですが、メモ帳って小さい必要はないんじゃないか?という疑問。(基本的に移動はリュックなのでメモ帳を小さくする必要なんてないのです。)
というのも、友人が普通の大学ノート(B5サイズ)をメモ帳代わりにしていたのです。

メモ帳と言ってよいのか分かりませんが、大きな紙に縦横無尽にメモを取っていく彼の姿はカッコよかった…。というわけで私は彼のアイデアを堂々とパクってやることにしたわけです。

以上のことから私がメモ帳に求めるのは2点
  • 黒色のノート
  • B5サイズ
これらにマッチしたのがまたもや無印だったのですよ。
さすが無印ですね。私の家がどんどん無印に占拠されてゆく。

無印のダークグレーノートがカッコいい

今回購入したのはノート・5mm方眼(ダークグレー)です。
無印方眼ノートダークグレー

このノート、やたらとカッコいい。表紙がダークグレーで、シックなデザイン。
潔いデザインで安っぽさを感じません。キャンパスのノートとかは大人が使うにはちょっと派手なんですよね。その点、無印は優れていますねぇ。

中は5mm方眼。方眼って慣れたらめちゃくちゃ使いやすいのです。
無印方眼ノート方眼

文字も、イラストも方眼があると描きやすい。というわけでメモ帳には積極的に方眼を採用しているのですが、この条件もクリア。完璧です。

そして、なによりも安い。
税込90円。このデザイン、方眼ノートで100円を切る安さ。メモ帳がわりに買いましたが、今期の大学の授業はこのノートで統一しようかしら。


安くて、方眼、そしてシックなデザイン。無印さん、素敵なノート持ってますね。

大学に入ると嫌でも書かされる「レポート課題」。私の所属する大学では手書きが原則となっています。

コピペ対策だとか。時代錯誤もいいところですよ。

しかし、せっかくの手書きですからね、楽しまなきゃやってらんない!ということで私は以前から様々な工夫をしてきました。

第一弾がレポートに最も適したボールペンの模索。
(参考:レポートに最も合ったボールペンを考えてみた。
個人的にベストだと感じたのが、サラサドライ。サラサドライの替軸をシグノのRT1に入れて使うのがベストでした。


第二弾が万年筆大作戦。
(参考:これでレポートも書ける!万年筆顔料インク「極黒」(カートリッジ)
レポートを万年筆の顔料インクを使って描き上げようという企画。

これは我ながら神企画でした。そもそも万年筆での筆記が楽しいのなんのって。
本来苦痛であるはずのレポート課題が娯楽と化しました。

大学のレポートに方眼用紙を使うべし

さて、ここ最近レポート課題が無かったわけですが、再び書かなくてはならないことになりそうです。
今回のレポートを楽しくする作戦、それは方眼紙を使ってみよう!です。

そもそも方眼紙に書くというのが新鮮で楽しいのです。
方眼の4つのマスを使って文字を一文字書くのか、縦2マスを使って細長い一文字を書くのか。これを考えるだけで楽しい。

しかも、私は一応理系大学生ですからね。図とかグラフとか書く機会が多いのです。方眼が普通に便利そう、と言う理由もあったり。


ココで疑問なのは大学のレポート課題は方眼のレポート用紙で提出いてよいのか?と言う問題。
提出のルールは、A4レポート用紙であること。
罫線については定められていない模様です。以前に無罫線のレポート用紙で提出したこともありましたが無事に受理されましたからね。方眼レポートでも受け取ってくれるでしょう。

まあ、うちの大学は変なところで厳しかったりするので、提出してから「方眼ダメよん。」と、お膳をひっくり返されることも十分に考えられます。変な期待は抱かない。

オキナのプロジェクトペーパー買ってみた

今回買ってみたのはオキナ製のプロジェクトペーパー。有名な方眼用紙ですね。

プロジェクトペーパー オキナ

見たことがある!って方も多いかと思います。
この飾り気のない表紙が逆にカッコイイ。機能美ですよね。IBMのパソコン、ThinkPadのよう。表紙にグッときテカってしまったのは内緒。

方眼はこんな感じ。

プロジェクトペーパー方眼

薄いブルーでコピーした時に移りにくい仕様に。

書き心地は言わずもがな素晴らしいものでしたね。シャープペン、万年筆ともにストレスなし。ツルツルしているようで、わずかに抵抗感があり好みの書き味でした。


プロジェクトペーパーのおかげで退屈なレポート課題が楽しくなりそうです。
レポート用紙を方眼に。これは流行るな。

最近は本屋が大好き。

毎日のように、と言うか毎日本屋へ行ってます。
本屋でぶらぶら、欲しい本があったら買う。

おそらくレジで噂になっていることでしょう。
「うわ。また来たよあの人。」と。

きっと変人扱いされているのでしょう。まあ、気にしませんが。




近頃、よく考え事をするようになりました。
ほとんどがくだらないコトです。

ですが、そんなくだらないことでも何かの役に立つかもしれません。
私はメモを取ることにしました。




ということでメモ帳を買ってきたわけです。
毎日のように行っている本屋でね。

Hmmm!?というブランド。
key_01


調べてみるとこのブランドは本屋限定らしい。
メモ帳のほかにも、万年筆、懐中電灯、スパイベルトなどちょっと不思議な商品を売っているのを目にしたことがあります。


Hmmm!?のノートはカラー、大きさが豊富なのが特徴です。
私は今回、黄色をチョイス。

IMG_2090

自分にしては珍しい。

シンプルなカラーが好きなんですよ、基本的には。


しかし今回はビビットな黄色。

これにはそれほど深くない理由がありまして、目立たせたかったのです。

いつでもメモを取れるように、このノートが目立つようにと願いを込めて黄色にしました。

予想通り、シンプルな色を好む私の家ではこの黄色のメモ帳は目立ちまくっております。




カバーはやっぱり安っぽいなぁ。
なんたって安いですからね。
合皮ですらない、ゴムですかね、これ。


しかし機能的には十分。
ノートを止めるゴムもついていますし、紐の栞、安っぽいけど分厚い表紙、とメモ帳としての機能はしっかりしています。


さらにこのノート、方眼なのです。


私は測量野帳を使ってからというものの方眼ファン。

測量野帳よりも大きなサイズで雑なメモとしては活躍しそうです。
IMG_2091



これで500円かぁ。
ちょうどよい値段設計ですね。
ページ数も多いのでしばらくはこのノートにメモを残していきたいと思います。


↑このページのトップヘ