文グ。

ボールペンを消費するために勉強をしている大学生。 文具のこと、生活のことをのんびりと発信しています。 最近はフォントについてよく考えたりしています。

カテゴリ: 雑談

最近はかなりメジャーになったアーティスト「ヨルシカ」。
聴き疲れしない声で、ダラーと聴くのに適した曲が多いです。私もよく聴いていました。
私はマイナーな物が大好きという非常にめんどくさい性格をしているので、最近はヨルシカをめっきり聴かなくなってしまいましたね。


そんな私ですが、彼女とカラオケに行った時の話です。
彼女はヨルシカが歌いやすいということでよく歌うのですが、ある日「藍二乗」という曲を歌いました。
どうやら練習してきたようで自信満々。


しかし、私には彼女の歌声は1ミリも入ってきません。
理由はPVにありました。
「「「万年筆が登場しているじゃないかぁぁぁぁ!」」」
しかもキーアイテムとして万年筆が登場しています。
藍万年筆とインク

私は登場した万年筆に興味津々。
この万年筆は何だ?から始まり、インクの考察、そして万年筆で描かれた文字…。
アホのようにPVに釘付けになっていましたよ。


インクは簡単。パイロットの色彩雫。瓶の形で即決できます。
藍インク
色は月夜かな。「藍二乗」の藍色に寄せてきました。

そして、万年筆。これがイマイチ分からなかった。
藍万年筆書く
インクがパイロットということで、パイロットの万年筆なのかと思っていましたが、こんな万年筆あったっけ?と。
のちに調べてみると、プラチナ万年筆の#3776センチュリー(シャトルブルー)でした。
インクと万年筆のメーカーを合わせんのかい!


この画像がかなり分かりやすい。
プラチナ万年筆特有のハート穴がしっかりと写っています。
藍ペン先


ただ、一つだけ不満点が。
万年筆の落下シーンがあるんですよ。
藍万年筆落ちる

ペンニブからストンと落ちるシーンです。
これは…。万年筆ファンからしたらドキッとする演出です。
もしも自分の万年筆がこんな落ち方したら…。考えるだけでゾワゾワします。


それにしてもこのご時世に万年筆を人気アーティストのPVに登場させてくれるのは、万年筆ファンとして嬉しい。
PVをみた人が万年筆に興味を持ってくれるキッカケにならないかなぁ。

大きな文字を書く

皆さんはどんな「文字」を書きますか?
私は細かく緻密に描かれた文字に憧れていました。

しかし!心理学的には細かく緻密に書かれた文字はあまりよろしくないらしいのです。
文字は人間の深層心理に深く影響されるそうなんですね。
細かく緻密に書かれた文字というのは「神経質で心配性」な人に多いそうです。


物事を成功させるためには、何事にも動じない「楽観思考」が大切です。
そう言った人はどう言った文字を書くと思いますか?

大きく、のびのびとした文字を書くんですねぇ〜。


文字は深層心理に深く影響されると言いいましたが、逆もまた然り。
文字を変えると深層心理も変わっていきます。

つまり、成功したいなら「でっかい文字を書け!」ってことになります。


おいおい、私の理想と逆ではないか(笑)
しかし、緻密な字を書いて並べるよりも成功したいものです。
私はこれから大きな文字でのびのびと書いていくことを誓います。

とりあえず、太ニブの万年筆買おうかしら。モ、モンブラン様とか…。(←形から入っていくパターン)

このご時世に紙の手帳は必要か

さて、この時期がやってきましたね。
そう、手帳の買い替えです。←遅い

2018年に使っていた手帳はコレ。
「ミドリ ノートブックダイアリー(新書タイプ)」

実はこの手帳は2018年の前半で使うのをやめていました。
理由は「紙の手帳は必要か?」という疑問があったためです。

スマホのスケージュールは便利すぎるんだ…。

世の中本当に便利になりました。スマホの手帳なんてその代表例だと思います。
予定の書き込み、変更も簡単。
加えてクラウド上で保存しておけば、スマホでもPCでも予定確認可能。

私は2018年の後半からスマホのスケージュールアプリで自分の予定を記録していました。
ぶっちゃけどうなの?と。


まぁ、正直に言いましょう。
スマホでスケジュール管理、非常に楽ですね。

そもそも、スマホっていつも持ち運ぶじゃないですか。
手帳を忘れることがあっても、スマホは忘れることがありません。
いつでもスケジュールを確認できる、と言う意味ではスマホにどうしても軍配が上がってしまうのです。

文房具好きとしても少々悲しいですが、私の中での結論はスケージュール管理はスマホの方が良いってことです。

どうしても紙でなきゃ嫌なこと

しかし、スマホのアプリでもどうしても慣れられなかったのが「やることリスト(TODOリスト)」です。
1日の計画、今日は何をしよう?というリストはどうしても紙媒体でないと嫌でした。
寝る前に次の日にやることを紙に書いていましたからね。
紙に書くことで気持ちが引き締まると言いますか…。

2019年の手帳とを買うとしたらこの「やることリスト」を書くことに特化した手帳を買いたいと思います。


どんどんど便利になるスマホなどの情報端末。文房具が活躍する機会も日に日に減っています。
それでもどうしても文房具でなくてはダメ!というこだわりは人それぞれありますからね。
こういう「こだわり」は大切にしたいものです。

何をしてるのでしょうか。
ものすごく意味不明なモノを買ってしまいました。


これ。
IMG_1998

ワニの筆箱。メルカリで購入しました。
衝動買いっておそろしい。


メルカリで見つけた瞬間の閃きに賭けて買ってみたものの、どう考えても意味不明。
酔っていた?いや、最近お酒なんて飲んでいない。
ということは真面目に購入したのでしょう。謎は深まる。


私には筆箱の最高傑作、「つくしペンケース」があるではないですか。
それに比べると機能は間違いなく劣っている「わにペンケース」。

しかし、意外や意外。
なかなかに凝っているのです。

口と背中にジップがついていて、まさかの2ポケット。

↓背中ポケット
IMG_1999



↓口ポケット
IMG_2001

口ポケットはふわふわとした素材でして、傷をつけたくないペンなどを入れることもできます。

目はキョロキョロしていて可愛いですし、口のジップは魚の骨をモチーフに。そして収納量が秀逸。ちょうどよい収納量なのです。
高機能で思わず笑ってしまいました。


そりゃあ、つくしペンケースと比べてしまうから文句が出てくるわけで、筆箱としては意外と優秀なのです。




まぁ、文房具なんてものは半分自己満足ですから。
自分が気に入ったもの、ウキウキするものがあればよいのですよ、きっと。
ということで「わにペンケース」は断じて無駄遣いではない!(言い訳)


せっかくなので大切に使わせてもらいますよ。

バイトの関係で赤の油性ペンが必要になりました。
分かる人には分かってしまうかな、「赤の油性ペン」。(飲食)


油性ペン…。
やっぱりマッキーかなぁ。
マッキーはどうしてあんなにも有名なのでしょう。油性ペン=マッキーという風潮。
確かにステキなペンです。


しかし、今回私の目に留まったのが「マジックインキ」。
IMG_1993



うむー。遥か昔に祖父の家にあったような。
せっかくなので今回はマジックインキを使ってみることに。



このペン、かなり昔からありますよね。
レトロチックなデザインが気になります。
うたい文句は「どんなものにもよく書ける」。



今となっては油性ペンなのだからどんなものにもよく書けるのは当たり前なのですが、マジックインキが発売されたころは正しく「革命」だったのでしょう。
きっとこのペンをめぐって争奪戦のようなものがあったのでしょう。(もちろんテキトウ)


そして、ツッコミどころが一つ。
IMG_1994

ペンの側面に書いてある、「ご使用後はコチンというまでしっかりキャップをしめてください」。
コチン・・・。
聞いたことのない効果音ですね。


この時代、キャップをしめるときの音は「カチッ」じゃないでしょうか。

「コチン」。日常生活に使ってみようかしら。伝わる気はしないのですけど。




筆記という面ではかなり優秀なマジックインキ。
紙にはもちろん、ペットボトルにも発色よく書くことができます。
流石、「どんなものにもよく書ける」は伊達ではありませんね。
IMG_1995


別にこれと言って面白いことを書いたわけではありませんが、今日はこんなところで。
油性ペン、たまにはいつもと違ったペンを使うのも趣深いものです。




↑このページのトップヘ