文グ。

ボールペンを消費するために勉強をしている大学生。 文具のこと、生活のことをのんびりと発信しています。 最近はフォントについてよく考えたりしています。

カテゴリ:生活 > 雑貨

「たばねバンド」というモノを買ってみました。


その名の通り、たばねる バンド。
平たく言えば「輪ゴム」です。


たばねバンドはこんな形をしています。
IMG_2039

変な形ですねぇ。


この形がポイントでして、こんな風に矢印部分に引っ掛けてモノを束ねることができます。
(以下、公式サイトより引用)
_SL1000_


束ねるとこんな感じ。
IMG_2040



ゴムを解くときは、突起部分を引っ張ると簡単に解くことができます。


面白い発想ですよね!
ワンタッチでゴムを解くことができる。

ありそうでなかった、便利なモノのような気がします。

カラーもポップでかわいらしい。
ワンタッチのギミックのための形も矢印のようでかわいい。


これは買うべきものだ!と思い買ってみたのですが、イマイチ使い道がわかりませんでした・・・。
そもそも束ねるものが無かったのです。



ワンタッチ式が便利なのはわかるのですが・・・。
とりあえず現在はドライヤーとアイロンのコードを束ねるのに使用しています。
(若干無理やり使っている感がありますが)


あと、束ねるのに少し、コツと言いますか、慣れるまで時間がかかります。
すぐにゴムを解けるのは便利なのですが、束ねるの時間がかかってしまっては本末転倒。
頑張ってなれましょう。



ワンタッチ式でゴムを解くことができる特性を生かして使用頻度が高く普段は束ねておきたいもの、そんなものを持っている方にはおススメ。


果たして、そんなものあるのかしら。
人によっては名作となりそうな「たばねバンド」のお話でした。



ベルトの穴が足りない!

最近は体重が日に日に減って、このまま消えてしまうのではないかと怯えている私です。

体重が減ると困るのがベルト問題。
レディースのベルトを使っているのにそれでもダボダボに。

残る手段はベルトの穴を増築すること。
靴直し屋とかクリーニング屋に持っていけば200円くらいであけてくれますよね。

しかし、わざわざ穴あけのために靴直し屋に行くのもなんだかなぁ。と思っていたのです。

100円で穴を開ける。ダイソーの「穴あけポンチ」

そこで調べてみると自分で穴をあけることのできる道具があるらしい。
しかも最安はダイソーの108円。

これは買うしかありません。
そう考えた私は近所のダイソーへ。
しかし、売っていない。


この道具はどうやら小型店では取り扱いがないところもあるようです。
そして日を改めて大型店へ。

最初は工具売り場かなぁ、と思っていたわけですが手芸コーナーにありました。
探すのに一苦労です。


そしてやっと見つけた「穴あけポンチ」。
ポンチですよ。パンチではありません。
人をバカにしたような名前ですが実力は本物でした。


しかも3㎜用と6㎜用の二つも入っているではありませんか。
便利です。

原始時代に戻ったかのような単純作業。

使い方は簡単。
IMG_1833

ポンチを穴を開けたいところに設置し、ハンマーでドコドコ叩くだけです。
ハンマーがないときは拾ってきた石でも大丈夫です(たぶん)。


下に段ボールなどを敷いた方が良いですね。
机の上でそのままやると机にも穴が開きます。


ちなみに私が開けた穴はコチラ。
なかなか綺麗に開けることができました。
IMG_1834

調子に乗って二つ開けました。

本当に便利でした。穴あけポンチ

簡単で安い。
ベルトのほかにも布、紙にも使えるようです。
ダイソーに行く機会があれば是非探してみてください!おそらく手芸コーナーにあります。



類似品にこんなもの発見。
【ノーブランド品】レザー クラフトツール ハトメ抜き丸い穴あけ パンチツール DIY 工具 作業用






ただ、ダイソーで十分なんだよなぁ。安いですし。
ダイソーが近くにないという方に。

便利な携帯用ライト「リパワー」

最近、とても便利なものを買いました。

「携帯用デスクライト」です。
カフェ、図書館などで勉強をするときなど光源が欲しいなぁということがあったわけです。

このたびは迷った挙句、「リパワー」というメーカーのモバイルライトを購入してみました。




普段使いにも!万能ライトすぎた!

見た目はこんな感じ。
ペンよりも一回り長いほどの大きさです。
IMG_0370


電源ボタンはタッチ式というのがスマート。反応も良好です。
IMG_0371


ライト部分はかなり大きい。LEDの白色光で文字を書く、本を読む、PCでの作業などストレスなく行えます。
明るさも3段階から選べます。
結構明るいのです。通常作業は問題なくこなすことができるかと。
IMG_0373



無印のライトとリパワーの比較


以前からモバイルライトは欲しかったのですが、無印良品のライトを狙っていました。
4549738734048_1260
しかし、比較した結果、コチラを購入。
リパワーには無印ライトにはないメリットがたくさんあるんですよ。
せっかくなので比較したいと思います。


リパワーが勝っている点①(価格)


価格の安さは大きいです。
無印はデザインが良いけれど高価な商品が多いような気がします。
モバイルライトも同様。
定価2800円。高くないですか?

サブ用ライトとしては高価なような。

それに比べて私が買ったのものはアマゾンのセールを利用し税込み1900円。
1000円ほど安い。

これは大きな違いです。

リパワーが勝っている点②(電源)

リパワーは充電式であることも非常に強みです。
バッテリー内蔵で、あらかじめ充電しておけばいつでも持ち運び可能なのです。
連続運転時間は5時間。

それに対し、無印は電池式。
単四電池を4本。利用可能時間は最長13時間。最短5時間。
少しコスパ悪くありませんか??
充電池をわざわざ買うのも嫌だったものでリパワーの勝利。


リパワーが勝っている点③(充電器)

充電器の違いが今回の一番のポイント。
無印ライトは専用のACアダプターが必要なんです。
そして、そのACアダプターが無駄に大きい、スマートでない。
外での利用を考えると無駄にデカいACアダプターを持ち歩く必要があります。

リパワーはマイクロUSBで充電できるんですねぇ。
スマホ用ケーブルなどを流用できるのが強みです。
モバイルバッテリーで充電も可能という万能さ。

これはリパワーの勝利でしょう。


無印が勝っている点①(大きさ)

かといってリパワー完全勝利ではありません。
ステマではないので正直にお伝えしたいと思います。

大きさは無印ライトに軍配が上がります。
厚みはほとんど変わらないのですが、縦横の長さがリパワーのほうが長い。
リパワー: 180㎜×44㎜
無印ライト:146㎜×35㎜

無印ライトと比べるとやはり大きく感じます。
ただ、ACアダプターを持ち運ぶことを考えるとイーブンなのでは?と考えています。


無印が勝っている点②(寿命)

寿命という面でもリパワーに若干の心配要素が。
バッテリー内臓のリパワーはどうしてもバッテリー寿命が気になります。

使い続けることで点灯時間が短くなる恐れがあるわけです。

長く使い続けるという面では無印ライトに軍配が上がるかも・・・?


まとめ

今回はリパワーと無印ライトを比べてみました。
個人的にはリパワー圧勝なんですが。
やはり、バッテリー式であること、マイクロUSB対応というのが非常にポイント高し!です。
IMG_0369


私的には大満足の商品でした。






つやふきんをご存知でしょうか。

ふきんにワックス成分が浸透していて、木製のモノ、革モノ、金属を磨くとピカピカになるという魔法の布です。

私は昔からこの「つやふきん」が欲しかったのですが、ついに買ってきました。


つやふきんは銀座のタバコ屋さんに売っています。
もともと木製のパイプを拭くためのモノなんですね。

購入の際に、店員さんが「万年筆を磨くのに使われるんですか?」と尋ねてきました。
今ではいろんなものを拭く目的で買っていく人が多いんですね。


茶色の封筒につやふきんを詰めてくれました。
IMG_0345

佐々木商店のシールがかわいい。



パッケージはこんな感じ。
IMG_0346


中にはつやふきんと、説明書が。

説明書によると140年の歴史があるそう。すごいな、これ。


つやふきんはこんな感じ。
IMG_0347


一見すると普通の布です。手触りも、においも普通。


私の用途予定は、とりあえず革製品です。
財布とか、キーホルダーとかを暇な時にでも磨こうかと思います。


机において、万年筆なども汚れが気になったら拭こうかと思います。(私の万年筆は樹脂製なのでピカピカになるということはないでしょうが)


ただ、せっかくの「つやふきん」。
木製のモノに使いたいところです。

ということで、じゃじゃん。
IMG_0348


鉛筆型ボールペン「シエラ」です。

実験としても、つやふきんでシエラを磨こうかと思います。
何か、変化があったらまた記事にでもしようかな。ではでは。

最近、財布が壊れまして何かいい財布ないかなぁと探していました。


そんな中、本屋さんで見つけた本革ミニ財布BOOK。
宝島社ってこんなものも出していたんですね。
調べてみると安く、なかなか本格的な財布が入っていると評判のものでした。


ミニ財布ということで小さいバックでお出かけするときの強い味方とのこと。
といっても私はこの財布をメインにしようと思い購入しましたけど。


ちなみに以前はムーミンのミイが型押しされているデザインで人気だったそうですが今回はリサ・ラーソンのマイキーが型押しされています。



かわいいと思い、一目ぼれ。買ってしまいました。
3980円+税なり。

今日はこの財布についてです。

早速見ていきましょうか。

まず素材から。
素材は本革を使用。といってもスプリットレザーですが。
IMG_0640


ちなみにスプリットレザーとは革の良質な部分をそぎ落として余った裏の部分。
そのため、通常の革よりも安く仕入れることが出来ます。
そのままの状態では使えませんが塗装をすることで上質な革と同じように使うことが出来るうえ、経年変化も楽しめるということで最近はよく使われているようです。

まだ買ったばかりなので経年変化まではわかりませんがなかなか分厚く、丈夫そうです。
さらにかなり丁寧に縫われているため安っぽさを感じませんね。

表面にはマイキーがぐるっとまたがって型押しされています。
IMG_0641

マイキーの下には「Lisa&Johanna Larson」の型押しまで。
BlogPaint




小銭入れのファスナーにもマイキーが!!
マイキー好きにはたまりませんねぇ。
IMG_0642




構造としてはまず、大きな小銭入れがあります。
本当に大きいです。何も入れていない状態だと財布の厚みの半分を占めます。
IMG_0643


そしてパチンと財布を開くとカード入れとお札入れが。
カードは左側に三枚、右側に一枚収納できるようになっています。
BlogPaint



お札入れはかなりシンプル。
仕切りなどはなく、一層のみとなっています。


さてさて、正直にこの財布の使い勝手を紹介したいと思います。

まず、カード入れについて。
カード入れは先ほど述べたように全部で4ポケット。

しかもかなりぎりぎりに作られているので、厚みのあるカード(スイカなど)ですと一ポケットに一枚が限度です。
そうなると、かなりポケット数が少ないですよね。
まぁ、ミニ財布なので大容量というわけにはいきませんが。

私の場合ですと、右側に学生証、スイカ、Tポイントカードを。
左側のポケットはまだゆとりがあったので、クレジットカードを2枚(かなりぎりぎり)を収納。
結局、入りきらなかったけど必要なポンタカードなどは札入れに入れています。

カードが多い人はちょっときついかも・・・。


そして最後に小銭入れについて。
小銭入れのここ。この仕切りが若干浅く作られています。

BlogPaint

そのため、一円玉などの小さな硬貨が漏れていることが・・・。(赤丸部分に)
ここだけがちょっと気になりました。



総評


しかし、この価格でこのクオリティは本当にすごいです。

サブの財布としてもとても優秀だと思います。
カードがもともと少ない人や、カードケースを別に持つ人にはメインの財布としても十分な性能の財布だと思いました。


マイキーが好きな方、安くてクオリティの高い財布を探している方にぜひおすすめしたい財布です。

私は満足な財布でした!!









 

↑このページのトップヘ