文グ。

ボールペンを消費するために勉強をしている大学生。 文具のこと、生活のことをのんびりと発信しています。 最近はフォントについてよく考えたりしています。

カテゴリ:文房具 > シャープペン

文具好きなら絶対に知っている「スマッシュ」と言う名作製図用シャープペン。
かなり昔から発売されていたシャープペンなのですが、ここ数年の人気がすごい。

噂によると、とある有名ユーチューバーが「スマッシュいいよ!最高だよ!」と紹介動画を上げたことからなんだそう。
それからというもの、スマッシュの人気は急上昇。そして度々スマッシュには限定色が発売されてきました。
ロフトコラボとかは記憶に新しいですね。

スマッシュの限定色は超絶人気…。

その限定色の人気がすごくて。本当にすごいんです。

私も過去にロフトの限定色が欲しかったことがありました。売っているのを見て明日買おう、なんて甘い考えでした。
はい、次の日には当然のごとく売り切れになっていましたよ。
あの時私は気づきました。スマッシュって本当に人気だったんだな、と。←遅い

まあ、そんなこんなで私はスマッシュの限定色を手に入れることができずに月日は流れました。

しかし、ふらっと寄った文具店に売っていたんですね。スマッシュの限定色「ジャパンシルバー」。

スマッシュ「ジャパンシルバー」を手に入れた

今回は前回の反省を生かして速攻で買いましたよ。次の日に買おう、なんて甘い考えは当の昔に捨てた!とりあえず買えてよかったー!

という訳でコチラが無事に手に入れることができたスマッシュ「ジャパンシルバー」。
スマッシュ限定色 ジャパンシルバー

製図用シャープペンってシルバーが多いじゃないですか、グラフギアとか。
そのため、いい意味で違和感がないんですよね。

限定色!っていう感じの目新しさこそないものの、分かる人には分かる限定感。
こういうさりげないのが好きなんですよね。

ジャパンシルバーはちょっと好みがわかれそう

スマッシュジャパンシルバー グリップ

シルバー塗装のおかげか、グリップ部分の金属感が分かりやすいのが印象的でした。
軸はプラスチック、グリップ部は金属。
この異素材の組み合わせは好みがわかれそう。個人的には好きですよ。

IMG_2515

ところどころ使われている黒のパーツもいい味出している。地味過ぎなくて素敵。


素敵な限定色を買えて満足です。
スマッシュは最近限定色いっぱい発売してきましたからね、一度お休みしていただきたい。限定色出されたらまた買っちゃうじゃないですか!(笑)

IMG_2516

最近は、文房具熱が冷めていて、既存の文房具を使う毎日でした。

シャープペンはオレンズを使い続けていたわけです。
「私は何でオレンズを使っているのだろう。」
(参照:「オレンズ」は確かに折れない! 筆圧によって書きにくいかも・・・。)


もともと私は太芯のシャープペンが好きなのです。
と言うことで買ってきました。

ステッドラーの新作シャープペン。「ステッドラー 925 15」

ステッドラー925 15




ステッドラー925 15 なんて読む?

相変わらず、ステッドラーのシャープペンは名前を覚えさせる気がありませんね。
そもそも、何と読むのですか?

「ステッドラー きゅーひゃくにじゅうご じゅうご」
「ステッドラー きゅーにーご いちごー」
どっちですか。


「ステッドラー925 15」(長いので以下、15で)のコンセプトはコスパよし、デザインよし、使い勝手よし。みたいですね。

私は0.7㎜タイプをセレクト。
普段なら0.9㎜を選ぶところなんですが、つい最近まで0.3㎜を使っていたので順応させるために。
思いつきで買ったのですが、思った以上にハイクオリティだったのでご紹介しますね。


個人的に15で気に入ったポイントは3つ。
  • デザインのシンプルさ
  • グリップのつくり
  • 軽さ
なかなかに気に入っております。


安っぽくないシンプルデザイン

デザインは非常にシンプル。
黒のボディに黒のパーツで、かなり上品にまとまっています。

黒ボディにシルバーのロゴって最強タッグですよね。かっこええ…。

ステッドラー925 15 ロゴ


結局、モノっていうのはごちゃごちゃとした装飾をすればするほど安っぽくなるものですからね。

シンプルにすれば、コストも抑えられるし、高級感が出るものです。
(日本の文具メーカーも見習ってほしいなぁ)

洗練されたグリップ

グリップもよく考えられてるなぁと感じました。
柔らかすぎない、適度なラバーグリップ。

製図用シャープペンはグリップが洗練されていないモノも多い。
普段の筆記を考えない、ごつごつとした作りとか。

その点、15はちょうどいいですね。
グリップのパターンもいい感じです。
ステッドラー925 15 グリップ


シャープペンは軽さが正義

シャープペンは軽くあるべき。と言うのが私の持論。
万年筆は重ければ、万年筆自身の自重で書くことができて楽なのですが、シャープペンはそんなこと出来ないじゃないですか。
シャープペンを重くすることが愚行だと思っているわけです。


その点、15は軽いっすね。

製図用シャープペンは金属をメインとして使っているため、重くなりがちで苦手だったのですが、これならばストレスなく使うことができそうです。

シャープペンの軽さは正義です。
ステッドラー925 15 持つ


ステッドラー 925 15はコスパお化け

まぁ、とにかくコスパが異常です。
定価500円。アマゾンで買うと350円。(2018年5月現在)
製図用シャープペンは高いですからねぇ。コスパお化けです、こいつは。

これだけの機能を備えて350円かぁ。
ちょっと、日本の製図用シャープに危機感を覚えるほどの完成度でした。
日本はスマッシュなどの名作も多いんですが、ちょっと高いんですよね。

頑張れ。日本メーカー。

いい買い物をしてしまったぜ。

自然の摂理に逆らったシャープペン

太芯シャープを使い続けていた反動か、細芯シャープにハマりだした今日この頃です。

0.3㎜シャープペン、なんと使いやすいのでしょうか。
字はつぶれることなくかけますし、気のせいでしょうが字がうまくなったような気がします。


しかし!やはり芯がよく折れる。
これはどうしようもないことなのでしょう。
細くすれば折れやすくなる、自然の摂理です。


シャープペンの芯は折れるものです。シャープペンの芯を折れなくするなどと言うのは神にも不可能・・・。それでも抗おうとすることに人間の可能性を感じているわけです。


意味の分からないことを書いていますね(笑)
つまるところ、0.3㎜の芯は折れやすいから、芯が折れにくいシャープペンを買ったよ!という話。


オレンズの独特な書き味について

今回目を付けたのは「オレンズ」。
IMG_1981

懐かしいですねぇ。発売当初、ウキウキしながら文房具屋に試し書きをしに言った記憶があります。
本当はオレンズネロを買おうと思っていたのですよ!
(高いですし、そもそも売り切れでした・・・。)


オレンズの特徴と言えば金属パイプの中で芯を守り、金属パイプのまま書くといった「芯が折れない」構造のペン。

その独特な機能のおかげで0.3㎜の芯どころか、0.2㎜の芯まで折れずに書くことができる恐るべき性能を秘めています。


ただ、金属パイプごと筆記しなければならないので書き味が特徴的。
ぺんてるの技術で金属パイプの先をなめらかに加工しているので、意外とストレスなく書くことができるわけです。


しかし、筆圧が強い人がオレンズを使うと金属で紙をひっかいているような「ガリガリ」とした書き味に悩むことになります。


私自身、筆圧が強めなので若干のガリガリ感が気になりますね。あっとう
筆圧が 弱い~普通 の方ならば間違いなく「買い!」の細芯シャープなんですが。


オレンズの強みはシンプルなデザイン

オレンズの良いところはデザインにもあると思います。
新機能を搭載したシャープペンはどこか変わったデザインのペンが多い気がします。

その点、オレンズはかなりシンプル。
大人が使っても違和感のない高機能シャープペンって意外と少ないですよね。

オレンズのシンプルなデザインは大きな強みなんだと思っています。


あと、このシールは剥がします。シンプルなペンを極めるために・・・。
IMG_1982


シャープペンは変わる。人も変わる・・・。

昔ほどは筆圧が強くなくなったからでしょうか、違和感なく使えてビックリです。
本当に芯が折れないですねオレンズ。
IMG_1983



昔はオレンズなんて買うか!と思っていたのですが、人って変わるものですね。
シャープペンでそんなことをしみじみ感じてしまいました。


シャープペンなんぞ、なかなか買いません。
理由は簡単。
太芯シャープと鉛筆、これで私の中で完結しているのです。


しかし、最近になって欲しいモノが。
細芯シャープが欲しい。

プレピーの細字を使っているからでしょうか、それとも長く使い続けてきた鉛筆、太芯シャープに飽きてしまったのでしょうか。
よくわかりませんが、細芯シャープペンが欲しくて欲しくてたまらなくなった次第なのです。



というわけで買ってきた、0.3㎜のシャープペン。
買うのは初めてかもしれません。


0.9㎜シャープから0.3㎜シャープとは差が激しいな、私よ。


私のシャープペン全盛期は中学生のころ。
ちょうど0.3㎜のシャープペンが頭角を現してきた時代でした。


しかし、私は見向きもしなかった。
0.5㎜の普通のシャープペンのほうが種類が豊富でしたし、如何せんシャー芯が高い。
今でこそ0.3㎜のシャー芯が安く買えますが、当時は高かった。
高いうえに、入っている芯の本数が少ない。
圧倒的なコスパの悪さだったわけです。


そんなこんなで今回買ってみたのが、プラチナ万年筆の「POLYTER(ポリター)」というシャープペン。
IMG_1960


なぜこれに決めたのか、安かったからに決まっているでしょう。
初めての0.3㎜シャープペン、気軽に挑戦してみたかったのです。

その証拠に、このペン、税込み170円ほど。
チープさ、デザインの洗礼されていないのが気になりますが、この価格で0.3㎜の世界を体験できるのでしたら、素敵なペンです。



プラチナさん、どうしてポリターには黒とか白とかのベーシックな色がないのでしょうか。
おかげで紫色のペンを購入しましたよ。わお。

あと、クリップについているピカピカは何ですか。
必要ですかね・・・?
IMG_1962



文句はこれくらいにして、このペン、結構いいペンなんです。
最近使っていたコクヨの鉛筆シャープと同じような三角軸で、エラストマー樹脂で滑りにくい。
しかも、コクヨの鉛筆シャープよりも細目に作られていて私のような手の小さい人にはちょうど良いのです。
IMG_1961


流石は名作プレスマンを作ったプラチナさん。
私、プラチナさんのシャープペン好きです・・・。

あと、0.3㎜のシャープペンの書き味ですが、割と好きでした。
小さくちょこちょこ書けるのがイイ。
手帳とか、B欄ノートに使いたいです。


意外と折れないんですね0.3㎜。使いやすいです。
少し舐めてました。これを機にあの噂のオレンズネオでも買ってみましょうか。(馬鹿みたいに高いのですが。)

というか、このポリター、マイナーすぎてアマゾンでも売っていないのですね。
店頭で探してみてください・・・。


プレスマンがお亡くなりに・・・。

鉛筆から太芯シャープにくら替えしてから「プレスマン」ばかりを使っていました。
プレスマンは本当に好きで、私の中では使用頻度のかなり高いペンでした。
(参照:元祖、太芯シャープ?「プレスマン」 新色の白を買ってみましたよ!

しかし、酷使しすぎたのでしょうか。
ついに壊れてしまった・・・。
ノックするとすごい長さの芯が飛び出すのです。

もう一度プレスマンを買おうか迷ったのですが、せっかくなのでまだ見ぬコクヨの「鉛筆シャープ」を買ってみました。

コクヨの鉛筆シャープは2種類ありまして、鉛筆シャープと鉛筆シャープtypeSがあります。
typeSは以前に購入したので今回は通常の鉛筆シャープを。
(参照:鉛筆に近いぞ!コクヨの「鉛筆シャープ type S」


コクヨの鉛筆シャープ買ってみた

コクヨのペンはポップな色が多いイメージがあります。
鉛筆シャープもかわいらしい色が盛りだくさん。

私はフローズンカラーのライトブルーを購入。
芯の太さはプレスマンと同じ0.9で。



フローズンカラーの名にふさわしい、マットなカラーで質感もマット。
ポップな色ですが、ピカピカしすぎていないのがgood。
IMG_0381

IMG_0382


軸は三角軸で握りやすい?

全体がラバー加工されているので持ちやすさも良好です。
軸の形状は3角形。これは賛否両論ありそうです。

私は3角軸のペンは意外と好きなんですよ。
ただ、人差し指、中指、親指で三角の角の部分を持ちます。そのため指が痛くなります。(三角形状を生かせていない)

キャップがないシャープペンとは!?

このペンの一番の特徴は尻軸についているはずのキャップがないことでしょう。

IMG_0383


キャップのようなこれ、実は外せません。
フェイクキャップなのです。

じゃあ、どのようにして芯を補充するのかって?
フェイクキャップの穴に芯をそのまま入れるんですよ。

あら、斬新。スマートで素敵。
キャップを外すことなく、芯を補充することができますし、入れた芯は振っても出てこない。
シャープペンによくあるキャップをなくして使う気を失せさせる、そんな心配はありません!
(そのせいで、シャープペンの緊急用消しゴムがありませんが)


鉛筆シャープころりん

使ってみて少しだけ不満点がありました。

シンプルなデザインのため、クリップがないんですね。
クリップがないのは問題ないのですが、おかげでよく転がるんですよ。

なめらかな三角軸のため、ころころと転がります。
机が傾いていようものなら、ころころ→落下、が避けられません。
「おむすびころりん」ならぬ「鉛筆シャープころりん」が起こるわけです。
(形状も「おむすび」みたいですし)


まとめ

滑りにくいボディに握りやすい三角軸、スマートな芯補給。
なかなかの良ペンです。

そしてお気に入りの0.9㎜芯。
これまたお世話になりそうなペンです。



↑このページのトップヘ