文グ。

ボールペンを消費するために勉強をしている大学生。 文具のこと、生活のことをのんびりと発信しています。 最近はフォントについてよく考えたりしています。

カテゴリ: 文房具

ロディアトプ
最近は文房具を使うこともめっきり少なくなりました。
スマホ、PCに向かい合っている時間の方が圧倒的に長いです。時代ですね。

こんな時代においても、私は一日のTODOリストだけは紙とペンを使って記しています。
毎朝、
  • 今日やることを丁寧に書く
  • 一つずつ潰していく
  • 全て潰してリストを捨てる
これがいつの間にか私のルーティンになっていました。

今までTODOリストに使う紙は結構適当でした。
余ったレポート用紙やノートなどに書き込んでいたのです。

しかし、文房具に触れる機会が少なくなっているからこそ、ちゃんとした道具を使いたいと考えるように。ということで、自分にとって理想のTODOリスト用の紙を捜索…。

そんな中で見つけたのはRHODIAのメモパッド。オレンジ色の表紙で有名なメモ帳です。
実はしっかりと使った経験がなかったので購入。

ロディアはTODOリストに最適

私がロディアのメモ帳を買った理由は3つ。
  • シックなデザイン
  • ドットパッド
  • 切り離し可能な紙

シックなデザイン

ロディアはオレンジ色の表紙が有名ですが、あえて黒をチョイス。
机の上には極力、モノトーンでまとめるようにしています。統一感もありますし、集中力を少しでも切らさないようにするための工夫ですね。

探してみると意外とモノトーンで洗練されたデザインのメモ帳は無いので助かりました。

ドットパッド

ロディア紙
今回はドットパッドを採用したメモ帳にしました。紙に薄いドットが印刷されています。
これが結構便利で、白紙と違って文字は揃いやすいですし、かと言って方眼用紙ほど圧迫感が少ない。

つまり、整然と文字を並べることが出来る上に、のびのびとTODOリストを作ることができます。
これこそTODOリストにぴったりな紙です。

切り離し可能な紙

私はTODOリストは一日で破棄したいタイプです。
寝る前には全て潰されたTODOリストをゴミ箱へポイ。今日も頑張ったと思える瞬間。
そのため、一日ごとにメモ用紙を切り離して捨てることができるのは良い機能ですね。

ロディア試し

紙質も良好。厚手の紙で裏抜け、裏写りはありません。万年筆でも快適に筆記が楽しめました。

以上、ロディアのメモパッドのお話しでした。
良いTODOリストを手に入れることができました。少しでも一日の始まりが楽しくなるようにお気に入りの筆記具でロディアに書き込んでいきたいと思います。


無印ポリプロピレンペンケース

私は色々な筆箱を使ってきましたが、最終的に行き着くのは結局「シンプルな筆箱」に行き着く気がします。
シンプルといったら「無印良品」。シンプルでかつ、品質が高く、価格的にも優れる無印アイテムを愛用する人は多いものです。

無印の筆箱も名作揃い。その中でもポリプロピレンペンケースは人気が高いシリーズの一つです。
今回はそんなポリプロピレンペンケースの魅力とオススメをご紹介します。

ポリプロピレンペンケースの特徴

極限までシンプルな作りのポリプロピレンシリーズですが、愛用者が多いのには理由があるのです。

プラスチックなのにチープじゃない

ポリプロピレンとはプラスチックの一種です。
プラスチックのペンケースと想像すると、安っぽいチープなペンケースを想像してしまいますよね。

しかし、ポリプロピレンシリーズは安っぽくない。
独特の風合い、そして厚みのある素材から安っぽくないのですよね。
プラスチックなのに大人が持っていても問題ないペンケースって本当に少ないのです。

とにかく安い!

無駄なものを徹底的に排除した作りは、価格の安さにもつながります。
商品のほとんどが300円以下で購入できるという良心価格。
壊れてしまっても気軽に交換できるのは嬉しいですね。

では、無印のオススメ筆箱(ペンケース)をご紹介します。

ポリプロピレンダブルペンケース


販売サイトはコチラ

ペン等を入れるスペースと、消しゴムなどの小物を入れられる小スペースの2つから成り立っています。

ペンは5本ほど収納可能。通常の使用範囲なら5本のペンがあれば問題ないでしょう。

文房具はどうしても小物が多くなってしまうので、小スペースはありがたい。
最もバランスに優れた優秀なペンケースです。

ポリプロピレンペンケース(横型)小

無印良品ポリプロピレン小物ケース
無印で最もシンプルなペンケースです。ペンの収納量は3本と超ミニマル。
必要最低限しか収納できませんが、取捨選択をすれば意外と3本に収まってしまうもの。

私はこれを使って、自分にとって本当に大切な文房具を見つけることができました。

ポリプロピレンめがね・小物ケース スタンド式

無印良品ポリプロピレンケース
ペンケースではありませんが、このスタンド式のペンケースもオススメです。
スタンド式なので立てて使うことができ、ペン立てのように使用できます。
サイズが2種類あり、収納量は「大」がペン15本ほど、「小」が10本ほどとかなりの大容量。

消しゴムなどもスティック型にすることでスマートなペンケースとしても利用できると思います。


以上、無印用品のポリプロピレン製ペンケースのご紹介でした。
シンプルを極めたペンケースをお探しの方に是非とも使っていただきたい!

最近はかなりメジャーになったアーティスト「ヨルシカ」。
聴き疲れしない声で、ダラーと聴くのに適した曲が多いです。私もよく聴いていました。
私はマイナーな物が大好きという非常にめんどくさい性格をしているので、最近はヨルシカをめっきり聴かなくなってしまいましたね。


そんな私ですが、彼女とカラオケに行った時の話です。
彼女はヨルシカが歌いやすいということでよく歌うのですが、ある日「藍二乗」という曲を歌いました。
どうやら練習してきたようで自信満々。


しかし、私には彼女の歌声は1ミリも入ってきません。
理由はPVにありました。
「「「万年筆が登場しているじゃないかぁぁぁぁ!」」」
しかもキーアイテムとして万年筆が登場しています。
藍万年筆とインク

私は登場した万年筆に興味津々。
この万年筆は何だ?から始まり、インクの考察、そして万年筆で描かれた文字…。
アホのようにPVに釘付けになっていましたよ。


インクは簡単。パイロットの色彩雫。瓶の形で即決できます。
藍インク
色は月夜かな。「藍二乗」の藍色に寄せてきました。

そして、万年筆。これがイマイチ分からなかった。
藍万年筆書く
インクがパイロットということで、パイロットの万年筆なのかと思っていましたが、こんな万年筆あったっけ?と。
のちに調べてみると、プラチナ万年筆の#3776センチュリー(シャトルブルー)でした。
インクと万年筆のメーカーを合わせんのかい!


この画像がかなり分かりやすい。
プラチナ万年筆特有のハート穴がしっかりと写っています。
藍ペン先


ただ、一つだけ不満点が。
万年筆の落下シーンがあるんですよ。
藍万年筆落ちる

ペンニブからストンと落ちるシーンです。
これは…。万年筆ファンからしたらドキッとする演出です。
もしも自分の万年筆がこんな落ち方したら…。考えるだけでゾワゾワします。


それにしてもこのご時世に万年筆を人気アーティストのPVに登場させてくれるのは、万年筆ファンとして嬉しい。
PVをみた人が万年筆に興味を持ってくれるキッカケにならないかなぁ。

メモパッドトプ
私は毎朝起床とともに、今日のやることリスト(TODOリスト)を作ります。
最近は電子メモに頼っている私もTODOリストだけは手書き。
万年筆を使って、今日は何をしようかなぁ〜と書き出しています。


以前まではB5のノートをTODOリストに使っていたのですが、少し大きすぎる。
2日で1ページ、3日で1ページなどと使い方にバラツキがあってスマートじゃない。


TODOリストにちょうど良いノート、メモ帳はないかな、と探していたらイイ感じのものを発見。
無印良品「メモパッド」。
今日はそんな地味なメモパッドについて。

無印メモパッドとは?

無印メモパッド

無印のメモパッドは古紙を50%使用した再生紙を利用。
おかげで200枚の大容量に対して84円という安さを誇っています。


デザインは「THE 無印良品」といったところ。
ナチュラルで優しい色を表紙に使っており、机においても違和感のないデザイン。
意外とこんなメモパッドは無いんですよね。

紙質は悪い!だが、それがイイ。

古紙を利用しているので、正直紙質は悪い!
よく滲み、よく裏写りします。
ただ、よほどのことがない限り「裏抜け」(次のページにインクが付いてしまう)ことはないので、その点はご安心を。


古紙にありがちな「ざらつき」も感じられます。
言い訳に聞こえるかもしれませんが、私はこのザラつきが結構好き。
朝起きて万年筆を手に取り、ザラついた紙に書き込んでゆく。
いかにも「自分は今、文字を書いているぞ!」と感じることができ、朝の良い刺激になります。

あと、適度な滲みも気持ちが良い。ちょっとボヤッと滲むのがこれまた朝の刺激になります。

縦書きにも対応した大きさ

大きさは140mm×100mm。
TODOリストとして使いやすい大きさです。


最近のマイブームは縦書きにハマっております。
日本語は本来縦に書くもの。
縦書きこそが日本語の美しさを際立たせるものだと思ったからです。

それでいて縦書き経験がないため、縦書きに慣れていない……。
日本人たるもの縦書きで綺麗な文字を書くために慣れておきたかったのです。


そんな縦書きマイブームにも答えてくれるメモパッド。
大体12個のリストを作ってくれます。
無印メモパッドTODO

足りなくなったら次から次へと使える気軽さも好きです。

メモパッドで良い朝を送ります。

無印のなんとも地味な「メモパッド」。
毎朝の日課に使わせてもらいます。TODOリストで良い1日のスタートを送りましょ!

無印良品 再生紙メモパッド

カクノ透明軸トプ

万年筆欲がいい感じに深まってきた昨今。
以前は細字でカリカリと書くことが好きだったのですが、最近は太めのニブでインクをたっぷり使って伸び伸びと文字を書きたくなりました。
それこそ、A欄罫線の2行で一文字くらいの大きさで伸び伸び書きたいのです。

いやはや、人の好みは変わるものですね……。

太ニブのお試し万年筆は?

さて、今まで万年筆はEFやFと言った細字を使ってきたので太ニブは未知の領域です。

太字に慣れるという意味も込めて、安めで書きやすい万年筆を探していました。
こうなると思いつくのはパイロットのベストセラー万年筆「カクノ」です。

と言うことでカクノを買ってきました。
カクノパケ
久々のカクノ購入。以前に買ったのは4年前ほどでしょうか。時が経つのは早いものです。

折角なので発売当初は無かった「透明軸」を選びました。
カクノインクなし
パイロットの透明軸ってプラスチックでありながら上品なんですよね〜。
ハイテックCしかり、プレラしかり。
カクノの透明軸もどこか上品。
本来はチープさが際立つはずの軸なのに高級感があります。

とりあえず付属していた黒のカートリッジを装着。
カクノインク
透明軸なので中までクッキリと見えます。
これはパイロットの透明コンバーターにカラフルな色を入れると非常に華やかな万年筆になりそうです。

カクノのMニブの太さって?

さて、早速書いてみました。
インクがたっぷりと出てきますね。
こう言うのを期待していたのです。流石はカクノ。
スチールペン先ですが独特の書きやすさがあります。

罫線2行に一文字を書くとこんな感じ。
カクノ書いた

悪くないですね。
ただ、理想的にはもう少しだけ太いと嬉しいかな。

日本の万年筆は少し細めに出来ているので、外国産の万年筆はMニブがちょうど良いかもしれません。
日本産の万年筆はBニブでも良いかな?
どちらにせよ試し書きは必須ですね。

とりあえず、ガシガシ使える太ニブ万年筆が欲しかったのでこれはこれでOK!
これから使っていこうと思います。

↑このページのトップヘ