文グ。

ボールペンを消費するために勉強をしている大学生。 文具のこと、生活のことをのんびりと発信しています。 最近はフォントについてよく考えたりしています。

カテゴリ:生活 > ガジェット


北欧デザインの家具がリーズナブルに手に入る素敵なお店です。

私自身もシンプルなものが好きなのでIKEAは大好きです。

しかし、IKEAの家具には注意点がありますよね。
「組み立て有料」 
なんとも優しくない設定です。

ニトリとIKEAの組み立てレベル

しかも、IKEAの家具の特徴としてかなり本気の組み立てを要求されます。
ニトリさんの家具と比較してみましょう。

ニトリさんは半分ほど作ってくれていてそれを組み合わせるだけです。

一方、IKEAは商品が届いてびっくり。
板とねじ、説明書。

こういった作業が嫌いな人からすれば卒倒レベルの組み立てなのです。
(そんな方は素直に組み立てをお願いしましょう。有料ですが。)

「組み立てなんて自分でできるわ!」という方もいるでしょうが、道具持ってますか?
電動ドライバーは結構必須アイテムなんです。 

家具の組み立てに電動ドライバーは必要か?

はたして電動ドライバーは本当に必要なのでしょうか。
結論から申し上げますと、小さな棚程度なら無くても可。
ベッドなどの大型家具は必要。と思ってもらって構わないです。

もちろん、気合、気力次第で手動でベッドの組み立ても可能ですが電動ドライバーはあった方がよいのかと。

さらに、電動ドライバーを買った方が良いもう一つの理由があります。
それは、ネジ穴の形状。

IKEAのネジ穴は日本で最も流通している物と少し違うようで普通のドライバーで回そうとするとネジ穴が削れます。

私も痛い目を見たので気を付けてください。IKEAの家具の組み立てにはIKEAのドライバーが必須なんです。

IKEAの電動ドライバーは一番安いものがおすすめ

電動ドライバーは全部で3種類。
1500円、3000円、5000円の三種類です。

何が違うのかと言いますと大きな点はパワーでしょう。

価格が高いほどパワーが高いように設定されています。
パワーが高い=重量がある というのも頭に入れておいてほしいと思います。


そんな中で私がおすすめしたいのは一番リーズナブルな1500円の電動ドライバー。
ちなみに1500円の電動ドライバーのパワーは3.6V。


検索をかけてみたところ真ん中の3000円電動ドライバーがおススメされているのをよく見ます。むしろ1500円の電動ドライバーの情報が少ない少ない。

前置きが長くなりましたが、今回はこの1500円電動ドライバーについて紹介したいと思います。


3.6V FIXA スクリュードライバーについて

見た目はこんな感じ。
IMG_0277


ラバー素材も使われていてとても1500円には見えないクオリティです。
オレンジ色のストラップも落下防止に役立ったりします。

重さは400グラムほど。
小さいですし、軽いので女性でも問題なく片手で使用できるかと。
(これより上のモデルになると重さ、大きさともに上がります)

↓持った様子
IMG_0280


余計な機能などはついていなくて右回転、左回転のボタンのみ。

このドライバーはバッテリーが内蔵されているので充電さえしておけば電源がなくても使う事ができます。
充電速度も早いのでかなり便利。
(充電しながらも使えるので作業がストップしないのも素晴らしい)

付属品のドライバー部分は10種類。
普通に使うには問題ない種類です。
IMG_0278
 


3.6V電動ドライバーで本当に問題ないのか?

さて、一番の疑問、3.6V電動ドライバーで本当に十分なのかという事です。

正直に申し上げますと・・・。
全く問題ありません。

私はこの電動ドライバーで大型のベッドを問題なく組み立てる事に成功したので証明されました。

3.6Vの電動ドライバーなんてパワー不足なんじゃないの?と心配な方はご安心あれ。

ヘビーなDIYなんてしない!という方におすすめですよ(安いですし)


3.6V電動ドライバーの注意点


弱点としては専用のケースが付属していない事でしょう。
7.2V以上の電動ドライバーになるとしっかりとしたプラスチックの専用ケースが付属します。

ケースなんていくらでも代用が効きますから問題ないですが。


まとめ

1500円でこんなハイクオリティの電動ドライバーが手に入るなんて思ってもいませんでした。
ちょっとしたDIYにも大活躍。
(私は最近、ダーツボードを設置するのに使ってみたり)

IKEAの家具を購入する際に合わせて買ってみてはいかがでしょうか。

やはりきれいな写真を撮りたい!

ブログでは写真は大切なポイントなのだと思います。
きれいな写真に越したことはありませんから。

そう考えた私は以前、きれいに写真を撮るためのミニスタジオを製作しました。
ブログ、メルカリの写真撮影に!超簡単・超安価ミニスタジオ作成

しかし、引っ越しがあったりとドタバタし、いつの間にか自作ミニスタジオは消失していました・・・。(トホホ)

もう一度自作しようかと思いましたが、アマゾンでよさげなミニスタジオを見つけたので購入してみました。


怖いほどに低価格なミニスタジオ

今回購入したミニスタジオはこちら。


 
9800円がセールで1300円ですよ。(2017/3/25現在)
お得感を通り越してうさん臭さまで感じる価格です。

しかし。レビューの評価も高かったですし、アマゾンのベストセラーだったので購入に踏み切りました。


届いてびっくり。薄い。

届いてみると驚きました。
すごく平べったい状態で届いたんです。

そして入っていたのはプラスチック製の折りたたまれたミニスタジオ、バックスクリーン(白と黒)、USBケーブルのみ。
余計なものが入っていないのは好感が持てます。


たった20秒で設置完了なミニスタジオ

組み立ては簡単でした。
広げて、ついているマグネットで立方体にするだけ。

あとはバックスクリーンを装着してUSBケーブルから電力を供給します。
20秒もあれば設置完了。これなら必要のないときに折りたたんでしまっておくことができそうです。

IMG_0253


この価格で証明まで標準装備。
ちなみに照明はこんな感じです。
IMG_0255
ちょっと無骨な感じが逆によい、かも。



ミニスタジオを使って撮影してみました

早速写真を撮ってみましょう。

↓ミニスタジオを使用
IMG_0251



↓通常の写真
IMG_1257


ミニスタジオを使わなかったときとの比較と比べると違いは一目瞭然。

白いバックスクリーンのおかげで商品が際立って見えますし、ライトのおかげで影もかなり軽減されています。

なかなかよいのではないでしょうか。

場所を取らないコンパクト設計

コンパクトに収納できるのもこのミニスタジオの大きな強み。
折りたたむとこんな感じ。
BlogPaint

25cm×25cmの正方形。厚みは2cm以下です。
軽量なので持ち運びも楽々です。

いつでもどこでもブログを書きたいという方、いかがでしょうか。

このミニスタジオを購入する際の注意点

ミニスタジオ本体が小さいので大きなもの、高さのあるものの撮影には向きません。
私は被写体のメインが文房具類なのであまり問題はありませんが、使用用途によっては物足りなさを感じるかと思います。

ちなみに高さの限界はペンの縦置きと言ったところでしょうか。
IMG_0252


大きいとミニスタジオの奥が写真に写りこんでしまいます。
使用用途をよく考えて買う必要がありそうです。

まとめ

ブログやフリーマーケットアプリなどを使用しているときれいな写真を撮りたいと思うもの。
このミニスタジオはいいきっかけになったと思います。

というより、今まで汚い写真でごめんなさい・・・。(過去のブログを見て絶望)
これからはなるべくきれいな写真を撮っていきたいと思います。

値段も手ごろですし、コンパクト!気になった方は是非是非チェックしてみてください。








 

私は音楽を聴くのが好きです。外では必ずイヤホンをつけてますし、家の中でも常に音楽をかけています。
そうなるとどうしてもイヤホンでは耳が痛い。なぜならずっとつけているから。

そうするとスピーカーで聴くか、ヘッドホンになりますよね。

私は三年前、ヘッドホンを買いました。家にいるときは常に頭にのっていた相棒。

あるときは、つけたまま寝てしまい私の下敷きになった。

あるときは、床に置いておいたら踏んづけた。

またあるときは、ヘッドホンをつけたままテンションが上がって激しいダンシングをして落下。

などなどひどい扱いを受けてきたのに壊れる気配はなくいつも付き添ってくれたタフガイ。
そんな彼はついに壊れることなく先にイヤーパッドが擦り切れました。
本当にお気に入りのヘッドホンで万が一壊れた場合はもう一度同じものを買おうと考えていたほどです。


今日はこのヘッドホンについて語らせてください。

IMG_0055



さて、基本スペックを

v-moda m80

オンイヤーヘッドホン(解放型)

コードの着脱が可能(コードの長さは1.4m)

40mmのデュアルドライバ採用

まずはデザインからですね。

IMG_0056


IMG_0057



本体のデザインは基本的にブラックで占められており、ワンポイントとして深い赤色が使われています。


見た目も男心をくすぐるメカニックなデザイン。

金属と布地がうまく融合していてかっこいいんですよね。

IMG_0059

付け心地も非常に良いです。
イヤーパッドもしっとりとした耳に吸い付くような付け心地。
しかも、このヘッドホンは全体的に軽いですからね長時間つけていても肩がこるなんてこともありませんでした。
(今、予備のヘッドホンを使っていますが重くて肩がこるこる)

コードは着脱式になっていて二種類のケーブルが付いていました。

1つは音楽の再生ボタンが付いているケーブル。

もう1つは音量の再生ボタン+音量調節ボタンが付いているケーブル。

両方ともマイクを内蔵しており電話やスカイプなどで大活躍です。

音についても少々
毎回のごとくポンコツの耳からお送りします。

音質は非常にバランスがいいと思います。
最近の流行としては低音域が強い製品が多いですよね。
逆に言うと低音重視のものは簡単に作れるようですが高音とのバランスをとることのできるものは難しいそうです。

そんな中、このヘッドホンはいいバランスです。
低音域もしっかりと出ながら高音域もクリアに聴こえます。

見た目に反していろいろなジャンルに適した逸品です。

 

さてさて、一番の強みをしゃべりたいと思います。

このヘッドホンの一番のポイントは耐久度にあります。

ただただ丈夫。このことはこの3年間でよくわかりました。
前述にも合った通り、かなり粗い扱いをしてきましたがヘッドホン自体は全く問題なし。

先にイヤーパッドが擦り切れてしまいましたからね。

ポイントの一つとしてはヘッドバンドの耐久性です。
丈夫かつしなやかにできているので無理に伸ばしたりしても問題なし。

IMG_0061

ねじってみました。
ねじってDJのように片耳にだけあてることだって可能。

流石にDJのようには使いませんでしたがこの丈夫さのおかげでヘッドホンをしながら寝てしまってもピンピンしておりました。

ケーブルも耐久性抜群の繊維を使用しているようでこの三年間1本のケーブルを使用していましたが断線することもなく、元気です。

とにかく丈夫なヘッドホンですねぇ。



総評

見た目、音、耐久度、どれも私にはドンピシャなすてきなヘッドホンです。イヤーパッドは公式サイトにて取り寄せることが出来るのですが何せ外国の商品ですからね。届くまでに6週間かかるとか・・・。

IMG_0062

擦り切れました。とほほ・・・。

それでもやっぱりこのヘッドホンは使い続けたい。

やっぱり注文しないとな。完全復活したら改めて記事にしたいと思います。


 

以前使っていたイヤホンが断線してしまいまして、さて次はどんなイヤホンを買おうかと考えていました。

そういえば、気になっているメーカーがあったな。

そう、それがスカルキャンディ。最近テレビでも取り上げられるなど注目されているメーカーの1つ。

一番の特徴はオシャレなデザインでしょうか。商品全体を通してビビッドなカラーが多く、ひときわ目立つ商品が多いです。

斜め45度を向いているドクロのロゴも可愛らしい、そんなメーカーです。(あの角度、絶対狙ってるな笑)

そんなこんなで買ってみました。

スカルキャンディの入門機、「INKD」
IMG_0049



私が購入したのはこれ、カラーはグレー/シアン/グレーだそうです。

なんか、グレーが2度言われてるんですけど・・・。
さて、外見から

目を引くのはコードの鮮やかなシアン?というよりビビッドな青色です。

そして、ワンポイントでピンク、グレー、ブラックが使われています。

イヤー部分がこちら。
IMG_0050

イヤーピースが鮮やかなピンク。ロゴあり。

黒色の部分はよく見ると青色が入っていておしゃれ。

ただこの2つは耳に装着すると外からでは見えません。すると大切になってくるのは側面。

側面はグレーになっていてロゴのワンポイント。かわいい。
IMG_0051

プラスチック製ですが、安っぽさは感じませんね。ただ、イヤー部分は全体的に大きいです。

イヤーピースは二種類しかついていませんでした。普通はS,M,Lの三種類がついてる気がするんですがねぇ。

感覚的にはSとLってところでしょうか。私は小さい方のイヤーピースでぴったりだったのでよかったですが、人によっては合わない方もいるかもしれません。
IMG_0052左:S  右:L

ケーブルはフラットケーブルになっていて絡まりにくいのは確かですね。

ケーブルの長さも1.2mあり、ポケットに入れても余裕があります。

そしてピンク色のリモコンがついています。

IMG_0053

ただし、このリモコンは音量の調節ができない1ボタンとなっています。そのため、音楽の再生、停止、一曲送りくらいしかできません。

人によっては不便に感じるかも・・・。

そして、このリモコンはかなりプラスチッキーです。チープ感が否めませんね。

リモコン部にマイクがついていますが、音質は特に問題がなかったようです。(友人とのスカイプにて)

さて、ここが問題です。

プラグはストレート形状なんですが、この商品はこのプラグが弱い。

IMG_0054諸悪の根源

このプラグに変な力が加わると曲が止まったりします。恐らく端末に誤信号が送られるのでしょう。

これは困りました。ポケットに入れて座ったりすると結構な確率で曲が止まります。

あー。最悪です。これを防ぐためにはなるべく彼(イヤホン)を刺激しないようにしなくてはなりません。

どうしてイヤホンに気を使わなければならないのでしょうか。正直かなりストレスフルですよ。

イライラしてきましたね、はい。




まあ、気を取り直して音について。

私の耳はポンコツなのであまりアテにならないとは思いますが。

この商品は低音から高音までクリアーでパンチのある音質って書いてあったんですがね。

やはりイマイチですね。

低音はあまり強くないと思います。ベースの音が薄いなぁと(主観)

そして、高音は強いのか・・・?

キンキンするような高音です。人によって耳が疲れたり、頭に響くと思います。

うーん。値段相応なのかなぁ。
総評

デザインはすごく気に入っているんですがね。おしゃれだし、かわいいし。

ただ、プラグ部分のもろさ、音質がネックですね。音楽を聞く、といった意味ではポンコツといえましょう。

イヤホンはおしゃれの一部だ、人とは違うイヤホンを使いたいという人のためのイヤホンだと感じました。

私は近々新しいのを買おうと思います・・・。

見た目だけで選ぶのは良くないってことですね。


 






みなさん、イヤホン使っていますでしょうか?




10_588x353

使ってますよね。
スマホの普及により、
どこでも音楽、動画視聴ができようになってから爆発的に利益を上げているのがイヤホン業界だそう。 

ところでどんなイヤホンを使っていますか?
スマホに付属していたイヤホン?
コンビニとかに売っているイヤホン?
高級イヤホン?

はたまた、「俺はイヤホンなんて使わねぇ、ヘッドフォンだ!!」なんて人もいるかと思います。 



私も一時期、イヤホン、ヘッドフォンにはまっていた時期がありまして、高額なものを買っていました。
いいオーディオ機器使っている俺、かっけー!!的な感じでしょうか。


しかし、現実問題、私は耳が悪いのか「高音質!!」なんていわれても正直わかりません、、、
勘違いも甚だしい。


もちろん高額なオーディオ機器はすごいですよね。
  • まず音がいい。(あれ、矛盾。一般的な人の意見ですよ笑)
  • 耳にフィットする。
  • デザインがおしゃれ。
  • 耐久性が高い。なおかつアフターサービスもしっかりしている。
ぱっと思いつくのはこんな感じですよね。




しかし、しかし、それらのメリットを上回るほどの便利なものが世の中にはありました!!(主観)
それがこれ、巻き取り式イヤホンです。


_AC_UL320_SR178,320_


このイヤホン、本当に便利。
名前の通り、イヤホンに巻き取るための機能が備わったイヤホンです。
この機能が最高なんです。


こんな経験ありませんか?

さて、音楽でも聴こうかな~
→ポケットからイヤホン取り出す
→はい、コードが絡まってラビリンス状態
→イライラ(゚皿゚メ)

整理整頓が苦手だからでしょうか、私はこれが本当に多かった、、、

だがしかし、このイヤホンに替えてからというものそんなことなくなってストレスフリーです。

使い方は簡単
音楽を聴きたいときはコードをひっぱって伸ばして聴く。
聴き終わったらコードをもう一度だけひっぱって戻す。
おしまいです。

単純なんですけど本当に便利ですから!!



今現在、3つの巻き取り式イヤホンを試しました。
ちょっとだけ紹介


TDK LoR 巻き取り式イヤカナル CLEF-FINE ブラック TH-EC130BK



TDK の巻き取り式イヤホンです。
流石はTDKといったところ、作りこみもしっかりとしていて、チープな感じはしませんでしたね。
巻き取り部分もしっかりしていて、不具合を感じたことはありませんでしたよ

巻き取り部分にクリップがついていませんが軽量ですので気になりませんでした。
音のほうは、、、
別に可もなく不可もなくでしょうか(超初心者視点)

一番最初はこれを買っておけば間違いないと思います。





お次はこれ

日立マクセル カナル型ヘッドホン(イヤホン) 「+FiT」 コード巻き取りリールタイプ (ヴァイオレ MXH-C100RMXVP
 



アマゾンにはこれしかなかったですけど、色はたくさん種類がありますよ。(ちなみに私は真っ白でした)
さて、これも有名メーカー、マクセルからです。

こちらは先ほどのTDK製とくらべてかなり余計なデザインが入っていませんでした。
(メーカー名もないほどのシンプルさ)
カラーバリエーションも豊富でどっちかというと女性向けかなと。

注意点は巻き取り部分は結構大きいです
クリップがついていますが挟む力が弱くて心もとない感じ。
そのため、巻き取り部分が重いな、と感じるかもしれません。

しかし、その分、コードの長さは巻き取り式イヤホンとしては最長?で1mほどです。
使用用途に合わせましょう。



そしてこれ
HAPPY COLORS リール付ステレオインナーイヤーヘッドホン [PGSIH17BK]
PG-SIH17BK【税込】 PGA ダイナミック密閉型カナルイヤホン(ブラック) HAPPY COLORS リール付ステレオインナーイヤーヘッドホン [PGSIH17BK]【返品種別A】【RCP】
PG-SIH17BK【税込】 PGA ダイナミック密閉型カナルイヤホン(ブラック) HAPPY COLORS リール付ステレオインナーイヤーヘッドホン [PGSIH17BK]【返品種別A】【RCP】

このメーカーさんは知りませんでした。PGA株式会社さんだそうです。

このイヤホンのすごいところはとにかく巻き取り部分が小さい!!
ほんと、最小ではないでしょうか。そして軽い。
デザインもまるまるしていてかわいいですよ。

音のほうは、、、
上記の2つに比べてなんかこもっている感じがありました。(超初心者視点)



まとめ
本当に便利ですよ、巻き取り式イヤホン。
とくにイヤホンは通勤、通学時に使うって人に是非!!
私も外出時には必ず持って行って使っています。(家では昔に購入したヘッドフォンを使っています。疲れにくいんですよ)

ただ、弱点はあります。
安いせいもあり、耐久性に難ありです。
私の場合、毎日使っていて大体どの製品も2か月くらいで断線しますね。
イヤホンって消耗品だからなぁ、と割り切れているのでいいですが。


それでもおすすめです。
値段も安いですし、一度試してみてください!!
病みつきになりますよ~~~(・∀・)
 

↑このページのトップヘ