文グ。

ボールペンを消費するために勉強をしている大学生。 文具のこと、生活のことをのんびりと発信しています。 最近はフォントについてよく考えたりしています。

カテゴリ: ランキングシリーズ

前回のスティックのりランキングに続き、工作関係で今回ははさみのランキングを作ってみました。

いろいろなはさみを使ってきましたが、刃物なので文房具の中でも当たりはずれの多いジャンルと言えるでしょう。

使いづらい、切りづらいはさみを使っていてはストレスがたまるだけではなく、思わぬケガにつながることだってありますから慎重に選ばなきゃなりません。

はさみといっても色々ありますが、今回は使用方法を家での工作として通常タイプのハサミのランキングです。

では早速いってみましょう。



5位 スコッチ プロ仕様 はさみ





切れ味良好、耐久度もなかなかと流石プロ仕様といったハサミ。

チタンコートが施されていて接着剤などの影響も受けづらく長く使えるハサミです。

ただ、持ち手部分の作りがあまりよくなく、少なくとも私の手には合わなかったので手が痛いという結果に。

購入を検討されている方は実際に持ってみることをお勧めします。



4位 カッター付きはさみ





なかなか独創的なものがあります。

はさみも使うけど、カッターもたまに使いたい。
使用頻度は高くないけどハサミ、カッターは持っておきたいと考えている方におすすめなのがこれ。

それならはさみとカッターをくっつけてしまえという単純な発想。

このはさみとカッターは本当にただくっつけただけで使用するときは独立します。

しかし、これが結構便利。本当はカッターを使いたいけど持っていないからハサミで代用・・・。
なんてことがなくなりストレスを感じません。

はさみとしての性能も十分で軽作業なら問題ありませんでした。




3位 フィットカーブ





安くてシンプル、そんなノーマルなはさみです。

しかし、侮ってはいけません。

この安さでしっかりとした切れ味。

そしてしっかりとした性能。持ち手はラバーで覆われているため手に優しい。

そしてフッ素が刃に使われているためテープなどを切ってもなかなかへたりません。

シンプルなはさみがほしい方に。



2位 ステンレスハサミ




プラスさんより、なかなかいかついハサミの登場です。

名前も「ステンレスハサミ」と潔い。

このハサミの一番の強みは圧倒的な切れ味です。

こんな切れ味のハサミがこの価格で手に入ってしまう日本のおそろしさ。

さらに先端が細くできているので細かい工作にもおすすめです。




1位 エアロフィット



 
結局これに戻ってきてしまった・・・。コクヨさんよりエアロフィットです。

このハサミは切れ味はすばらしい。さらに先端も細めに作られているのである程度の細かい作業もこなすことが出来ます。

そしてこのハサミはグルレース構造を採用していて粘着テープを切っても切れ味が悪くなることがありません。

実際にのりが乾ききっていない紙やガムテープを切ってもべたべたしないし、非常にストレスフリー。

私はハサミの持ち方が悪いらしく、 ハサミを使っていると手が痛くなります。

しかし、このハサミは持ち手にも優しく、長時間使っていても問題なし。(調べてみるとエアークッション構造というらしい) 

使い手のことをしっかり考えた、そんなハサミです。 



まとめ


国産メーカーのハサミはリーズナブルで扱いやすいものが多いですね。

みなさんも自分の手に合った、使用目的に合ったハサミを使用してくださいね。 

日常的に使う「のり」

私はよく紙を切って貼ってを繰り返しています。

気になった新聞記事を切り抜いて貼ったり、ペーパークラフトを作ってみたりと何とも地味なことを繰り返す毎日です。

この時に使うのが「のり」。特にスティックタイプの「のり」。

今回はこの「スティックのり」を私が実際に使ってみて使いやすかったなぁと感じたものをランキング形式で紹介したいと思います。



5位 プリット





コクヨさんより名作、プリットです。

のりとしての性能もコスパの良さもなかなかのものです。

個人的な意見ですが、なんとなく塗る際の摩擦力が高い気がするんですよね。

強いて言うならそこが弱点でしょうか。

それにしてもこのデザイン。赤い。

キャッチコピーに人と環境にやさしいとありますが目には優しくありませんね。

闘牛と戦うときに役に立ちそう、そんなのり。




4位 スティックのり固形アラビック




のりと言われてこの「のり」を思い浮かべる方も多いと思います。

のりとしての性能は申し分なく、コスパもよいと評判の高いのりです。

最終的にこの「のり」にたどり着く方も多く、そんな猛者の方々はこれをまとめ買いするそう。

それにしても、のり業界はかわいい名前が多い中(ピットとかプリットとかスコッチとか)、
固形アラビックって・・・。

「ピットかしてー。」←かわいい
「プリットかしてー。」←これまたかわいい
「スコッチかしてー。」←なんかおしゃれ

「固形アラビックかして。」←何なんでしょう。この威圧感・・・。

名前でも攻めていきたい、そんなあなたにおススメしたい「のり」です。




3位 消えいろピット





差別化をはかりにくいスティックのり業界で異色の存在ともいえる消えいろピットさん。

ネーミング通り色が消えます。

そのまますぎてもはやこれ以上言うことがありません。

塗っているときは青色で乾くと透明に。そのおかげで塗りこぼしがなくしっかりと接着できる。

単純と言われればそれまでですがこの圧倒的な使いやすさでアマゾンのスティックのり界を牛耳っていらっしゃる、そんなのり。



2位 なめらかプリット





プリットより、なめらかプリットです。

スティックのりと言ったら塗っているときのあの摩擦。

それは接着剤ですから、べとべとしてて当然です。

しかし、このなめらかプリットはそんな常識を覆してしまいました。
その名の通りただただなめらか。

のりのくせにサラッと使えてしまうのがこの「のり」の特徴。

他のものと比べて接着力では若干劣るものの切り抜き程度なら十分な接着力です。

一度は使っていただきたい商品。(なめらかさにステータス全振り「極上なめらかプリット」



1位  ピットハイパワー




栄えある一位は皆さんご存知、ピットよりピットハイパワーです。

なかなか有名だと思うのですがどうなんでしょう?

この「のり」は塗りやすさもさることながら接着力の強さがウリです。
流石、ハイパワーをうたっているだけはありますね。

切り抜きなどを貼る軽作業からペーパークラフトなどの接着力を要求されるものもしっかりと仕事を全うします。

そして塗りやすさもなかなかなもの。通常接着力を重視するとべとべとになって塗り心地がよくないはずなのですが・・・。

このハイパワーはそんなぺとぺとな塗り心地も軽減。

ホント万能な「のり」です。



まとめ


いかがでしたか。たかがのりと甘く見てはいけません。

以前、100均のものを使用しましたが塗り心地は最悪、接着力も・・・。(ご察し)

やはりしっかりとしたのりを使うとストレスフリーです。

このストレス社会を生き抜いていくためにもせめてのりにはストレスフリーなものを使いたいものです。

言い過ぎですね(笑)

 

消しゴムってたくさんの種類がありますよね。


人それぞれ好みはありますが、私が思うハイパフォーマンスな消しゴムをランキングで紹介したいと思います。


10位 サクラクレパス ラビット(小学生 学習字消し)


小学生用と侮れません。小学生用だからこその耐久度が特徴。

チープなデザインからは予想もつかない使い勝手の良さ。

タフな消しゴムを探している方に!


9位 コクヨ リサーレ


ノートで有名なコクヨからの消しゴム。(供給はラビット)     

高級感のデザインで大人の筆箱にも。

消しやすいと評判の消しゴムですが少々耐久度に問題があるようです。

黒色が有名ですがほかのカラーがあるので好みで選べそうです。



8位 プラス オムニ


シャープペン用、濃い鉛筆用、硬い鉛筆用の三種類があり自分に合ったものを選べるのが特徴。

きれいに消せることは消せるのですが、ゴムっぽい質感で消した後の汚れが紙に写ってしまうことがあるためガシガシ使っていくには向いていないかもしれません。


7位 トンボ MONO

世の中に高性能な消しゴムが溢れている中でも「とりあえず」、と選ばれることの多い消しゴム。 

耐久度に問題があることが周知の事実であるのに手に取ってしまうブランド力。

そして、色褪せない消字力。そんな消しゴム。 


6位 トンボ モノダストキャッチ

再びモノの傘下。消し感はモノに近いものがありますが、消しカスのまとまりやすさが特徴。

しかし、特筆すべき点は耐久度。モノの消し感で割れにくい、そんな消しゴム。

長く使えるモノとしても使える消しゴムです。


5位 ぺんてる アイン

現在におけるノーマルな消しゴムの地位を築いた消しゴム。

消しやすさ、耐久度、消しカスのまとまり具合の全てにおいてバランスが良い消しゴム。
 
よく言ったら万人ウケする、悪く言うと特徴のない消しゴム。

 

4位 パイロット フォームイレイザー

 
パイロットさんからの刺客。(供給はラビット)消しやすさもさることながら、耐久度、消しカスのまとまりやすさが素晴らしい。 
 
ガシガシ使えるタフなやつ。消しゴムに慣れていない子供にも安心して持たせられます。 
サラサラとした消し心地に愛用者が多いです。
(詳しいレビューはこちら:パイロットのフォームイレーザーはサラサラとした消し心地


 

3位 トンボ モノエアタッチ

名門、モノからの刺客。しかし、これは果たしてモノなのかそんな疑問を感じさせる消しゴム。

消し心地が軽いのが特徴ですが、消字力も妥協なし!さらっとよく消すクールガイ。

消しカスが細かいのが弱点ですが今回紹介されている消しゴムの中で最も軽い力で消すことが出来る、そんな消しゴムです。


2位 サクラクレパス アーチ

消しやすいと評判のサクラクレパスの消しゴムからアーチです。(供給はラビット)少々ザラッとした消し心地はくせがあるものの、圧倒的な消しやすさ。

実際に使ってみるとわかるのですがすごくきれいに消すことが出来ます。

さらに消しやすいようにとスリーブにも工夫があるのがサクラクレパスの優しさですね。



1位 プラス エアイン

栄えある1位はプラスより、エアインです。(ヒノデワシ供給)この消しゴムはすごい。圧倒的な安定感があります。
 
どんな濃さの鉛筆にも対応している使いやすさ、力を入れても崩れないタフさそれが魅力のステキな消しゴムです。

そして種類が多いのも魅力。硬い鉛筆の芯を使う人はエアインハード、柔らかい鉛筆を使う人はエアインソフトを。さらには小さいサイズであるダブルエアインもあります。

自分に合ったものを選べるのもエアインの強みですね。



別格の消し心地を体感せよ!


いかがだったでしょうか。

改めて考えてみると国産の消しゴムは品質が高いですね。

どれを選んでも失敗はないのですがこのランキング上位はやはり格別です。

消しゴム選びに迷っているようでしたらぜひ参考にしてくださいね。

 

鉛筆


鉛筆はどれも同じだと思っていませんか?
違いますよ!鉛筆によっては書き味、価格、デザインすべて違ってきます。
今回は書きやすい鉛筆のランキングを作ってみました!

シャープペンと鉛筆の違い


シャープペンシルを使う人も多いと思いますが、鉛筆にもたくさん長所があります。
一番のポイントは書き味でしょう。
同じ濃さでもシャープペンの芯と鉛筆では書き味が違うなぁと感じたことはありませんか?


理由としては芯の素材が違うのです。
不思議に思ったことはありませんか?
シャープペンの芯が細いのに鉛筆のように筆圧をかけても折れてしまわないことに。


そうなんです、シャープペンの芯は折れにくくするために樹脂が加えられているのです
シャープペンの芯は少し書き味がツルツルしていませんか?樹脂が原因だったのですね。


好みの違いはあるでしょうが、私は鉛筆のサラサラした書き味が大好きです。
鉛筆で書くと絶妙な抵抗感で字がうまく書けるという人も多いです。

さあ、鉛筆の魅力を語ったところで、鉛筆ランキングが始めるよ!

1位 三菱鉛筆 ユニ

この鉛筆は有名ですよね。はい、鉛筆の不動の名作、uniです。

圧倒的ななめらかな書き味とちょうどいい価格設定(1ダース ¥1000ほど)でベストセラーとなっています。
9H~6Bまでの幅広い濃さをそろえていてさまざまな用途に使うことが出来る素敵な鉛筆です。

私は高級な鉛筆に手を出しても最終的にはこの鉛筆に戻ってきてしまいます。
デザインもすきなんですよねぇ
本当に完成されていて、ほかに言うことがありませんね。


2位 三菱鉛筆 事務用鉛筆9800

鉛筆と言ったらこの鉛筆を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

THE鉛筆といった緑色のボディ。
人気の秘密は圧倒的なコストパフォーマンス。なんと1ダースでアマゾンでは¥400しません。

書き味も決して悪くありません。なんだこれ。
文字を書くのに使用するならば本当に問題ないんですよね。


安くてそれなりの鉛筆を大量に必要な人におすすめです。 

3位 三菱鉛筆 ハイユニ

日本の高級鉛筆 ハイユニ(Hi Uni)です。

定価で購入しようとすると1ダース¥2000弱。一本¥150ほどです。
結構高い…。

しかし、逆に考えてください。最高級の鉛筆が1本¥150ですよ。
正直、お買い得かと。


さて、この鉛筆の最大の特徴といえば硬度の多彩さですね。
先ほど紹介した、uniも相当なものですが凌駕します。

なんと10H~10Bまで。なんじゃこりゃ。もはやいったい誰に需要があるのかと。 
このペンの最もポピュラーな使用用途としてはデッサンでしょう。

デッサン用に22硬度すべて1本づつ入っているセットも売られています。


もちろん文字を書くために使用しても全く問題がありませんよ。
当たり前のようにハイユニを使うことでセレブ感をアピールするのもよいかもしれませんね。

見た目も高級感があって、使っていて楽しい鉛筆なのです。


4位 トンボ鉛筆 8900

トンボから発売されています、8900という鉛筆です。

鉛筆と言ったらこれ!というような明るい緑色のボディが栄える鉛筆です。

この鉛筆も先ほどの9000と同様、事務用鉛筆なのでコストパフォーマンスが優れます。
価格で言うと9000よりも安い!

こんなに安いから、さぞ書き味が悪いと思うでしょ。
しかし、流石は日本メーカー。こんな価格でもすごく書きやすいです。

少々シャリシャリした書き味ですが、鉛筆を使っている感があり個人的には好きです。


5位 ステッドラー ルモグラフ

この鉛筆も高級鉛筆のジャンルに入る鉛筆です。
ドイツの文具の名門、ステッドラーからのこの鉛筆はまず見た目が素敵ですよね。

きれいな青色に黒と白のアクセント。素敵なデザインです。

もちろん見た目だけではありません。
この鉛筆も8B~6Hと多彩な硬度の種類があり、デッサン用や製図用として使用されています。


しかしですね、日本製品に慣れているせいか商品の粗さが気になったりするのも事実です。
価格も1本¥160と安くありませんし、¥160ならハイユニが買えてしまう…。

そういう意味ではあまり日本で普及しないことにもうなずけます。
逆に言うとマイナーな鉛筆になりますね。


普通の鉛筆では満足できないマイナー好きにはおすすめですよ!

注意点ですが外国のメーカーの鉛筆は国産のものと比べて硬いことが多いです。
個人的には国産のHBが外国のものとなるとBや2Bになるかなぁというイメージです。
あくまで個人的な感覚なので試してみてくださいね。



鉛筆はいいぞ。いいぞ。

鉛筆にもたくさんの種類がありますよね。
改めて考えてみると三菱鉛筆はすごいなぁと。伊達に会社名に鉛筆が入っていませんね。

そして、品質を考えると日本メーカーが素晴らしいということもよくわかります。
みなさんもお気に入りの鉛筆を見つけてみてください!
一度はまってしまうとシャープペンには戻れなくなりますから!

今回は前回のゲルインクボールペンランキングで紹介しきれなかった
良ペンを紹介していきたいと思います。

  PP_keshigomutopen-thumb-1000xauto-12820




多色で勝負!!ボールサイン



 
サクラクレパスから発売されました、ボールサインです。
このペンの一番の特徴はカラーの豊富さです。

なんと、40色 もあるそうですよ!!

ネオンカラーやラメ入りインク、パステル、メタリックとより取り見取り。

これだけあればイラストにも使用できますね!!

そしてこのペンは色の豊富だけではありません。書き味もかなりよいです。
感覚としてはシグノに近いような感じ。
程よいカリカリ感でgoodです。


今でも圧倒的支持率!ハイブリッド






古参ですね。ぺんてるより、ハイブリッドです。
1番の特徴はそのインクでしょう。
真っ黒でクッキリ!
しっかりとした文字を書くことができますよ。
少々乾くのがおそいですが、インクフローもよく、オススメです。


元祖、極細ボールペン!ハイテックC


このペンは有名ですね。というか、ベストセラー。
1994年に発売されてますよ。もう20年以上ですか、、、
すごすぎる。そのため、このペンはグッドデザイン・ロングライフデザイン賞を受賞しています。
(なんだそれ、すごいはずだ笑)
 
このペンのすごいところは、やはり細さにあるでしょう。
筆跡幅は最細で0.15mmににもなるそうです。 

弱点は多々ありますが、この細さには許さざるを得ませんね。
(早く書くとかすれてしまう点とか、空気が入りやすく最期まで使えなかったりとか、、、)


余談にはなりますがパイロット製のプラスチック製品は上品ですよね。
このハイテックCもとてもきれいなデザインでベストセラーになるのも納得だなぁと感じました。



消せるインク搭載!!フリクション


 
正直、このゲルインクボールペンのコーナーにのせようか迷いましたよ。
だって、このペンは公式サイトを見てもフリクションインキと書かれているんですよ。
なんやねん、フリクションインキって。

ご存知の通り、このペンは消せます。
ボールペンという身分でありながら消せます。

私、このペンが苦手でした。
理由の一つとしてはインクの色がただただ薄い、そんなイメージがあったのです。
実際に、発売当初はあくまでもジョークグッズの類でありまして、
「消せるから許してねー」と少々甘かった気がするのです。(勝手なイメージ)


しかし、月日が流れ、私の知らないところで急成長を遂げていたようです。
インクの色が、濃い。そこら辺のボールペンとそん色なく使えるではありませんか!!
 

こうなってしまうと、恐ろしく使い勝手のよいペンですよ。
パイロットさん、ごめんなさい。
そして、ありがとう。感謝をかみしめて使わせてもらいます。 



まとめ
ゲルインクボールペンは本当に種類が多くて使っていると楽しいですよね。
今回は番外編ということで少々マイナーであったり、とがった性能を持っているようなペンでしたが、どれも一度は試していただきたいペンたちです。
もしかしたらあなたの運命のペンはこの中にあるかも、、、(大袈裟ですね笑)

ぜひ、お試しください!! 

↑このページのトップヘ