文グ。

ボールペンを消費するために勉強をしている大学生。 文具のこと、生活のことをのんびりと発信しています。 最近はフォントについてよく考えたりしています。

カテゴリ:文房具 > ボールペン

太軸で曲線型のラミー2000に似たボールペンを探してみた
最近、太めのボールペンを探しています。
理想としてはラミーの名作「ラミー2000」のような美しい曲線を描いた形状のもの。
(参照:憧れのラミー2000シリーズをまとめてみた|欲しい、本当に欲しい

ラミー2000を買うという選択肢もありますが、せっかくなら他のペンも探したい。
ということで、文房具屋さんでラミー2000のような形状のボールペンを探しましたのでまとめます!


ラミー ラミー2000

まずは原型となるラミー2000。
50年もの間デザイン変更を行うことなく、受け継がれるベストセラーです。

マットな質感ですが、特殊な樹脂でコーティングされており安っぽさは全くありません。
さらに、使い続けるにつれてコーティングがツヤツヤになっていくとか……。
デザインともに長く使い続けられる逸品と言えます。

クロス ATX

クロスのエントリーモデルのボールペン。太軸でなだらかなラインがラミー2000に近いですね。
ペン自身は金属でできておりエントリーモデルと言いつつかなりの高級感。
全体的にシンプルなデザインも気に入りました。

パイロット コクーン

日本メーカーのベストセラー「コクーン」。
万年筆を中心とした展開をしていますが、ボールペンもあります。
正直、3000円で買えて良いクオリティではありません。

シンプルながらも手にフィットする形状、書きやすいインク、良質な材料……。
パイロットの本気がうかがえる逸品。

ウォーターマン エキスパート

万年筆を初めて作ったとされるウォーターマンにも素敵なボールペンがありました。
エキスパートシリーズです。
ウォーターマンの中では手に取りやすい価格帯でありながら、漂う高級感。
特にブラックはビジネスマンが使っていても全く恥ずかしいことがないデザインです。

そして、ウォーターマンはボールペンのインクが良いんですよねぇ。
適度な粘度の非常に気持ちの良い書き味。
日本人にも人気な書き味だそうな。

理想的な太軸ボールペンを探せ!

以上、ラミー2000に似ているボールペンを色々と試してきました。
たくさん買えるものではないので慎重に選びたいと思います。
また他のペンを試しましたら追記をしていきますね!
ではでは〜。

ゼブラのフォルティア500をインターンでもらった

ついに私も就活と言う地獄の日々が始まってしまうのですね…。
取り柄も何もない私はインターンに参加して周りを出し抜くことしかできないのです。

と言うことで、最近はインターンに参加しているわけですが、インターンといえばボールペン。
どこの企業も「ボールペンは就活で使うやろ!」とボールペンを配りまくっています。

日本文具メーカーの収入の柱のような気がしますね。

インターンでフォルティア500を貰う

そして、最近訪れたインターン先ではゼブラの「フォルティア500」を頂きました。
ゼブラのフォルティア500

手帳にも合うスリムで高級感のあるデザイン。
割と好きですね〜。(無論、裏にはガッツリ企業名が印字されています)

と言うか、このペン500円くらいするのですけど。太っ腹だなぁ。

書き味は昔ながらの油性ボールペンを若干滑らかにした感じでしょうか。
長時間の筆記には向きませんが、手帳にチラチラっと書き込むくらいなら十分に働いてくれるでしょう。

フォルティアは2種類存在する

調べてみるとフォルティアは2種類あるみたいですね。
フォルティア300とフォルティア500。
番号がそのまま値段になっていると考えてOK。
500は500円。300は300円。(グラフギア然り、値段と型番が一致する謎)


300がノック式に対して、500はツイスト式。
ノック音がないのでビジネスシーンには500が適すでしょう。
ここまで考えて選んでいるのだったらインターン先は非常に優秀です。(実際は高い方がいいやろ!と言う適当な気がするんですが)


まぁ、せっかく貰ったので大切に使わせていただきます。
少なくとも1本100円とかのペンを貰うよりは嬉しいってもんです。

無印良品組み合わせが選べる3色ボールペンのためにビクーニャ替え芯を買ってみた

先日、廃盤になってしまったことを知ってショックだった「無印良品 組み合わせが選べる3色ボールペン」。
(詳細:無印良品「組み合わせが選べる3色ボールペン」が廃盤に…

軸が使いやすくて気に入っていたのですが、インクも無印で売られなくなってしまいましたからね…。
しかし、このペンのOEM先はぺんてるの「アイプラス」です。
ペン芯もアイプラスの物がそのまま使えそうだったので、買ってまいりました。

アイプラスの黒インキは3種類

今回私が欲しかったのは黒インク。
何だかんだで就活が始まってしまうのです。

黒インクボールペンは筆箱に入れておきたいところ。
使用頻度の低かった緑を抜いて黒をインする作戦です。


アイプラスの替え芯には種類があります。
特に黒や赤、青といった基本の色は3種類の替え芯が揃っています。

王道ゲルインキ替え芯 スリッチーズ
無印のボールペンはスリッチーズが使われていました。

超滑らか油性ボールペン ビクーニャ

速乾ゲルインキ エナージェル

同じ黒色でも3種類から選べると言うのは文具好きとしては嬉しいもの。
ぺんてるさん、ナイス。

ビクーニャ替え芯をセレクト

今回私が購入したのはビクーニャ(0.5mm 黒)。
無印良品選べる3色ボールペンとビクーニャ替え芯

では、早速「選べる3色ボールペン」にイン。
問題なく使えますね。妙なグラつきもありません。

ものすごく久々なビクーニャです。
初めて使った時はあまりの滑らかさに「じゃじゃ馬」と表現した記憶がありますよ。
(参照:滑らかボールペンの真骨頂|じゃじゃ馬ボールペン「ぺんてる ビクーニャ」

昔と筆記方法が変わっているので、今なら使いこなせます。
昔は筆圧が強すぎて、ビクーニャの滑らかさに翻弄されていたのです(笑)

久々にビクーニャで筆記をしてみた

ちなみにビクーニャの替え芯は通常のペン先です。
スリッチーズ、エナージェルはニードルポイントなので、ニードルポイントが好きなかたはビクーニャを買わないようにしましょう。

選べる3色ボールペンの延命に

とりあえず「選べる3色ボールペン」が延命できてよかった…。
軸が壊れる前に新しいボールペンを探しておこうと思います。

選べる3色ボールペン廃盤
私のお気に入りのボールペン。
無印の「組み合わせが選べる3色ボールペン」。

シンプルなビジュアルに、必要最低限の機能。
なんとも機能美溢れるボールペンでした。
(参照:無印良品「組み合わせが選べる三色ボールペン」が自分のニーズに合っている


何の気なしに無印へ替え芯を買いに行ったところ、姿を消していました…。
えぇ…。
ものすごく気に入っていたのですけど。

選べる3色ボールペンのOEM先は「ぺんてる」

しかし、調べてみると「組み合わせが選べる3色ボールペン」の配給先は「ぺんてる」だそう。
ぺんてるの「アイプラス」みたいですね。

今も販売を続けているので、替え芯はぺんてる製を買おうと思います。
ただ、あのシンプルなペン本体はもう入手できないのですね…。

一応、無印公式ショップでは最後のセールをやっているぽい(2019年1月現在)
ああ、機能美溢れたペンがまた一つ消えてしまう…。


とりあえず、替え芯はこれ買おうと思います。
追記:ビクーニャ替え芯買いました

無印ボールペンを延命せよ!アイプラスのビクーニャ替え芯を買ってみた


ゼブラの新作ボールペンブレンをレビュー
最近、新しいボールペンが発売されずに寂しい思いをしていましたが、ゼブラさんが面白そうなボールペンを発売しました。
それこそが「ブレン」。買ってみたのでレビューします。

ブレないペンだから「ブレン」

ブレンの製品名は「ブレない」からきていると思われます。
ブレないからブレん→「ブレン」。うん、単純やな。
ブレンは筆記時のブレを抑える仕組みを持っているのです。

仕込み金属で低重心

ゼブラのボールペンブレン
グリップ部分の裏側にどうやら金属パーツが仕込まれています。
筆記時の安定感には低重心が大切。
重すぎず、軽すぎず、うまく調整してくれました。

がたつきゼロの高精度

ブレンクリップ
ブレンは高精度でがたつきをなくしたそう。
ペン先、そして内部構造をキッチリと作り込むことで筆記時のブレが本当に少ない。
地味ですが、すごいなこれ。強く筆圧をかけても、ブレたりしないですし、斜めにペンを入れてもブレない。

日本の丁寧なモノづくりが垣間見れるペンですねぇ。
筆圧が強い人に是非とも使ってほしい。
少なくとも100円台で売っていいものじゃない。流石はゼブラ。

長めのラバーグリップ

ブレンのグリップ
個人的に嬉しかったのは、グリップ部分。
最近のマイブームは、ペンの上の方を持つこと。
そのため、ラバーグリップを長めにとってくれていてありがたい。
グリップと軸の精度も申し分なし。

買うならブラック軸で

一つ残念なのは、デザインかなぁ。
ペンのデザインは素敵なんですが、チープなプラスチックとの相性がイマイチ。
特に、軸がホワイトのブレンは安っぽさが否めません。
買うならブラック軸がおすすめ。


ブレン筆記
以上、ゼブラの最新ボールペン「ブレン」でした。
日本の工業製品のレベルの高さを見せつけられましたね。
こういう地味だけど使いやすい丁寧なモノづくりは文具ファンを熱くさせてくれます。

↑このページのトップヘ