なめらか系ボールペンの先駆者といったらジェットストリームがあまりにも有名ですが、そのジェットストリームになめらかさで対抗してやろうという極端な輩がいます。


はい、ぺんてるさんよりビクーニャです。
IMG_0087



 
以前にランキングにて紹介しましたが今回はこのビクーニャについてしゃべります。



じゃじゃ馬級の滑らかさ

やはりここから語らなくては。

ボールペンの筆記において「なめらかさ」って大事ですよね。
あのなめらかさが新鮮でかつ、書きやすかったからジェットストリームはバカ売れしました。
かといってなめらかさをバカのように追い続けるのはなんか違うと思うのですが・・・
こんな常識を覆してくれるのがぺんてるというメーカー。(良い意味で)


ジェットストリームはなめらかさの中に適度な引っかかりがあって書きやすいのですが、ビクーニャは全てをなめらかさに捧げた感じ。

さて、実際のところはどうなのでしょうか。
ただただぬるぬる。滑る滑る。

なんと受験生にとって縁起の悪いペンなんでしょう。
そんなレベルのなめらかさ。
IMG_0088


私はかっちりとした字が書きたいタイプの人間なんです。そのためこのペンは扱うのが大変。
「じゃじゃ馬」です。

格闘ゲームに例えるなら移動速度が速すぎてむしろコントロールが困難とか、
卓球に例えるなら軽く打つだけでぶっ飛んでいく極アツかつ超ハイテンションラバーを使っている感じでしょうか。(ここまで共感が得られない例えもないでしょう)


けど、使っているうちに慣れて使いやすくなってくるんでしょうか。
移動速度が速いキャラクターや極アツハイテンションラバーのように。(まだ引っ張る)

個人的にこのペンを使いこなせるであろう人を考えてみました。

  • 根本的に字が上手い方、字を書くことに慣れている方。
  • 万年筆を使っていて力をきちんと抜いて字を書くことができる方。
  • 速記に慣れている方。
  • 普段から硬い下敷きを使っている方。
これらのどれかに当てはまる方はビクーニャを使っても綺麗な字が書けるうえ、使いやすいと感じるのではないでしょうか。

私には向いていないと言わざるをえないですね。



ラバーグリップがないだと?

さて、見た目にもくせが。
一番の特記すべきことはラバーグリップが付いていないという点。
IMG_0089


最近のペンは必ずと言ってもラバーグリップが採用されています。
疲れにくい、というよりは握っていて滑りにくさを実現しています。

このビクーニャ、ラバーグリップがありません。
インクといいグリップといい、ぺんてるさん、攻めすぎですよ。


代わりと言ってはなんですが指紋型グリップが採用されています。
プラスチック部分にた指紋の後のような突起がついています。

正直な感想としては予想よりは滑りにくかった。
ただ、ラバーグリップをつけてくれてもよかったのでは・・・?と。

ラバーグリップを採用しないことによってソリッドなデザインになっていますがこれはどうなんでしょう。好き嫌いが分かれそうですね。


ラインナップ


インクの色は黒、赤、青、緑があります。
ただ、緑は0.5mmにないという・・・。
うーん。0.7mmは太いんだよなぁ。

決して多くないラインナップですが最低限はおさえてえているというイメージです。



総評

ビクーニャ

このなめらかさはたしかにトップです。
ただ、万人受けするペンではないなといった感じ。
実際に私は使いこなすことができませんでしたが、字が上手な友人は書きやすいと言っていました。

一度は書いてみる価値はあると思います!そんなペンでした。

 

スポンサードリンク