最近はかなりメジャーになったアーティスト「ヨルシカ」。
聴き疲れしない声で、ダラーと聴くのに適した曲が多いです。私もよく聴いていました。
私はマイナーな物が大好きという非常にめんどくさい性格をしているので、最近はヨルシカをめっきり聴かなくなってしまいましたね。


そんな私ですが、彼女とカラオケに行った時の話です。
彼女はヨルシカが歌いやすいということでよく歌うのですが、ある日「藍二乗」という曲を歌いました。
どうやら練習してきたようで自信満々。


しかし、私には彼女の歌声は1ミリも入ってきません。
理由はPVにありました。
「「「万年筆が登場しているじゃないかぁぁぁぁ!」」」
しかもキーアイテムとして万年筆が登場しています。
藍万年筆とインク

私は登場した万年筆に興味津々。
この万年筆は何だ?から始まり、インクの考察、そして万年筆で描かれた文字…。
アホのようにPVに釘付けになっていましたよ。


インクは簡単。パイロットの色彩雫。瓶の形で即決できます。
藍インク
色は月夜かな。「藍二乗」の藍色に寄せてきました。

そして、万年筆。これがイマイチ分からなかった。
藍万年筆書く
インクがパイロットということで、パイロットの万年筆なのかと思っていましたが、こんな万年筆あったっけ?と。
のちに調べてみると、プラチナ万年筆の#3776センチュリー(シャトルブルー)でした。
インクと万年筆のメーカーを合わせんのかい!


この画像がかなり分かりやすい。
プラチナ万年筆特有のハート穴がしっかりと写っています。
藍ペン先


ただ、一つだけ不満点が。
万年筆の落下シーンがあるんですよ。
藍万年筆落ちる

ペンニブからストンと落ちるシーンです。
これは…。万年筆ファンからしたらドキッとする演出です。
もしも自分の万年筆がこんな落ち方したら…。考えるだけでゾワゾワします。


それにしてもこのご時世に万年筆を人気アーティストのPVに登場させてくれるのは、万年筆ファンとして嬉しい。
PVをみた人が万年筆に興味を持ってくれるキッカケにならないかなぁ。

スポンサードリンク