文グ。

ボールペンを消費するために勉強をしている大学生。 文具のこと、生活のことをのんびりと発信しています。 最近はフォントについてよく考えたりしています。

このご時世に紙の手帳は必要か

さて、この時期がやってきましたね。
そう、手帳の買い替えです。←遅い

2018年に使っていた手帳はコレ。
「ミドリ ノートブックダイアリー(新書タイプ)」

実はこの手帳は2018年の前半で使うのをやめていました。
理由は「紙の手帳は必要か?」という疑問があったためです。

スマホのスケージュールは便利すぎるんだ…。

世の中本当に便利になりました。スマホの手帳なんてその代表例だと思います。
予定の書き込み、変更も簡単。
加えてクラウド上で保存しておけば、スマホでもPCでも予定確認可能。

私は2018年の後半からスマホのスケージュールアプリで自分の予定を記録していました。
ぶっちゃけどうなの?と。


まぁ、正直に言いましょう。
スマホでスケジュール管理、非常に楽ですね。

そもそも、スマホっていつも持ち運ぶじゃないですか。
手帳を忘れることがあっても、スマホは忘れることがありません。
いつでもスケジュールを確認できる、と言う意味ではスマホにどうしても軍配が上がってしまうのです。

文房具好きとしても少々悲しいですが、私の中での結論はスケージュール管理はスマホの方が良いってことです。

どうしても紙でなきゃ嫌なこと

しかし、スマホのアプリでもどうしても慣れられなかったのが「やることリスト(TODOリスト)」です。
1日の計画、今日は何をしよう?というリストはどうしても紙媒体でないと嫌でした。
寝る前に次の日にやることを紙に書いていましたからね。
紙に書くことで気持ちが引き締まると言いますか…。

2019年の手帳とを買うとしたらこの「やることリスト」を書くことに特化した手帳を買いたいと思います。


どんどんど便利になるスマホなどの情報端末。文房具が活躍する機会も日に日に減っています。
それでもどうしても文房具でなくてはダメ!というこだわりは人それぞれありますからね。
こういう「こだわり」は大切にしたいものです。

スポンサードリンク

無印ポリプロピレンペンケース横型はシンプルな筆箱

以前購入した無印のダブルペンケース。
(参照:極限のシンプルを目指して|無印良品ダブルペンケース

シンプルで使い勝手も良好。素晴らしいペンケースでした。
しかし、だいぶ汚れてしまったので買い替え。

無印ペンケース横型は小さい

今回はダブルペンケースを超えたシンプル。
無印良品ペンケース・横型。250円ナリ。

非常にコンパクトで、無印のB5ノートと比較してもこの大きさ。
無印ペンケースと無印ノート


収納場所は1箇所のみ。収納力はペン×3本が限界でしょう。


無印ペンケース横型で自分の大切を見つける

はて、文具好きとしては非常に心もとない収納力です。
好きな文具が詰め込めないではないですか!

しかし、これこそ私の狙いなのです。
「本当に必要で、本当に大切な物だけを持ち運ぼう!」そんな企画を開催しました。(参加者私一人)

ペン3本。限られた収納スペースに何を詰め込むか。
自分にとって本当に必要なものが見えてきます。


現在のスタメン3本

無印ペンケース横型にはプロギアスリムとステッドラーと

さんざん悩んだ挙句、現在私がペンケース横型に入れているのは
愛してやまない プロギアスリム
地味に最も好きなシャープペン ステッドラー925
シンプルで必要十分機能 組み合わせが選べる三色ボールペン
この3本。

どれも無くては生活に支障が出るペン達。
これに無印の短めの定規と小さな消しゴムを入れて持ち運んでいます。


今回の企画で、自分にとって本当に大切な文房具達が見えてきた気がします。
しばらくはこのメンバーで大学ガンバります。

無印良品 ポリプロピレンペンケース(横型)

スポンサードリンク

本革鉛筆キャップのおすすめはこれです

鉛筆ユーザーにとっては非常に大切なアイテム「鉛筆キャップ」。
有名な鉛筆キャップといえばプラスチック製、アルミ製がありますが、大人が使うのは少し忍びない。

私は大人が使っても恥ずかしくない鉛筆キャップを探していました。
そしてやっと見つけてきました。大人も使える素敵な鉛筆キャップ。紹介させてください。


大人が使うべきは革製鉛筆キャップ

手帳ケース→革製
ボールペン→ハイブランド
鉛筆キャップ→プラスチック製
こんな風に鉛筆キャップだけ妥協してしまいがちなものです。

私がオススメしたいのは革製の鉛筆キャップ
革製ならば、他の大人の文房具に馴染むでしょう。本革ならエイジングまで楽しめて大人にふさわしいというもの。

革製鉛筆キャップは良品が少ない

しかし、革製の鉛筆キャップはあまりにも良品が少ないのです。
革の質が悪かったり、縫製が雑だったりと。

細かいとろころですが、細部にこそ神が宿ると言いますからね。
細かいデザインが全体のクオリティを決めてしまうのです。


最高の鉛筆キャップを発見

これらのハードルを超えてくれた革製鉛筆キャップはこれ!
鉛筆キャップ革製で超ハイクオリティ

ブランド名もよく分かりませんし、売っている場所も謎。
謎に満ちた鉛筆キャップなのですが、クオリティは最高です。

縫製が非常に丁寧ですし、本革。
素材も本革なので、使っているうちにエイジングが楽しめるというわけです。

カラーも豊富です。どれもチープなカラーではなく、落ち着いた色味。大人の鉛筆キャップとしても問題なし。私はグリーンを買いました。渋みのあるカラーでとっても素敵。
おすすめの本革鉛筆キャップ

しかも、こんなハイクオリティな革製鉛筆キャップは安い!
値段的には1つ300円〜400円程度。ええ…。安いよ…。

正直、これは鉛筆愛好家なら買わなければ勿体無い!
2018年のラストですごいお宝を発見してしまいましたぞ!

スポンサードリンク

↑このページのトップヘ