文グ。

ボールペンを消費するために勉強をしている大学生。 文具のこと、生活のことをのんびりと発信しています。 最近はフォントについてよく考えたりしています。

惚れぼれ文具は小日向京が書かれた本

何気なく本屋を歩いていると面白そうな本を発見。
「惚れぼれ文具 〜使ってハマったペンとノート〜」何ですか、この本。
ものすごく興味が惹かれるのですけど。

そして本の帯の「筆欲が止まらない!」の一言にKO!無事に購入しました。
今日はそんな「惚れぼれ文具」について。

惚れぼれ文具はどんな本?

惚れぼれ文具は文具雑誌「趣味の文具箱」にも執筆経験のある小日向京さんが自分の好きな文具をひたすら紹介する本。
万年筆に始まり、インク、鉛筆、ボールペン、ノート…。
様々な文具を網羅しております。

そして、一つ一つの文具に対する愛がすごい。
万年筆1本に対して見開き1ページを文字で埋めてしまうのですから。


写真も多くて読みやすく、本を読み終える頃には「あれと、あれと、あれを買おう」と勝手な購入予定が出来上がってしまう恐ろしい本です。

私自身、モンブラン マイスターシュテュック146は生きているうちに絶対に買ってやろうと決意を新たにしました。

直近で欲しいものはナガサワオリジナルのペンケース(3本挿し)。
これこそ自分が求めていた万年筆用ペンケース。
これは手に入れたい……!

小日向さんの文字が好きなんじゃ

私が「惚れぼれ文具」を購入したもう一つの理由が、筆者小日向さんの書く文字に一目惚れしてしまったからです。
自分の理想としていた文字がそこにはありました。

どこかで見覚えのある文字だなぁと思っていたら、以前にもブログで紹介した「考える鉛筆」も小日向さんが執筆したのですね。(参照:鉛筆ユーザーによる鉛筆ユーザーのための本「考える鉛筆」
おそらく私は遺伝子レベルで彼女の文字が好きなのでしょう。

この本を参考に「小日向風フォント表」をノートに作り上げようと思います。それはまた後日。

小日向節を感じるのだ

とにかく文具愛をひたすら見せられる本。文具好きなら必ず楽しめる本だと思います。
是非是非、一度読んでみてください。

スポンサードリンク

カクノ透明軸トプ

万年筆欲がいい感じに深まってきた昨今。
以前は細字でカリカリと書くことが好きだったのですが、最近は太めのニブでインクをたっぷり使って伸び伸びと文字を書きたくなりました。
それこそ、A欄罫線の2行で一文字くらいの大きさで伸び伸び書きたいのです。

いやはや、人の好みは変わるものですね……。

太ニブのお試し万年筆は?

さて、今まで万年筆はEFやFと言った細字を使ってきたので太ニブは未知の領域です。

太字に慣れるという意味も込めて、安めで書きやすい万年筆を探していました。
こうなると思いつくのはパイロットのベストセラー万年筆「カクノ」です。

と言うことでカクノを買ってきました。
カクノパケ
久々のカクノ購入。以前に買ったのは4年前ほどでしょうか。時が経つのは早いものです。

折角なので発売当初は無かった「透明軸」を選びました。
カクノインクなし
パイロットの透明軸ってプラスチックでありながら上品なんですよね〜。
ハイテックCしかり、プレラしかり。
カクノの透明軸もどこか上品。
本来はチープさが際立つはずの軸なのに高級感があります。

とりあえず付属していた黒のカートリッジを装着。
カクノインク
透明軸なので中までクッキリと見えます。
これはパイロットの透明コンバーターにカラフルな色を入れると非常に華やかな万年筆になりそうです。

カクノのMニブの太さって?

さて、早速書いてみました。
インクがたっぷりと出てきますね。
こう言うのを期待していたのです。流石はカクノ。
スチールペン先ですが独特の書きやすさがあります。

罫線2行に一文字を書くとこんな感じ。
カクノ書いた

悪くないですね。
ただ、理想的にはもう少しだけ太いと嬉しいかな。

日本の万年筆は少し細めに出来ているので、外国産の万年筆はMニブがちょうど良いかもしれません。
日本産の万年筆はBニブでも良いかな?
どちらにせよ試し書きは必須ですね。

とりあえず、ガシガシ使える太ニブ万年筆が欲しかったのでこれはこれでOK!
これから使っていこうと思います。

スポンサードリンク

生きているうちに一度は手にしたいオススメの万年筆
万年筆熱が再発して困っている管理人です。
特にMニブのちょっと太めのペン先で万年筆の醍醐味を感じながら文字を書きたい欲求が強くなりました。

昔はEFニブなどの細ニブが好きだったのに、価値観って変わるものですね。
というわけで、いろんな万年筆を調べたり、実際に試し書きしてみたりして「一生に一度は手にしたい万年筆」をまとめてみました。
私の趣味ですがお付き合いください。

モンブラン マイスターシュテュック149

万年筆好きならば一度は手に入れたいモンブラン。
万年筆の最高峰と言われるブランドです。

価格も一般人からすると「文具に10万?」と不審な顔をされること請け合いです。
しかし、モンブランの万年筆はステータスにもなります。
とある外国のホテルでは、チェックイン時にモンブランの万年筆でサインをすると対応が180度変わったという逸話があるくらいです。
決して無駄なものではないでしょう。

マイスターシュテュックはモンブランの中でも最もメジャーなシリーズ。モンブラン初心者はこれを買うことを必ず勧められます。
そしてマイスターシュテュックシリーズの中でも最も重く、存在感のある149。
大型18Kペンニブの書き味は想像するだけでヨダレが出ます。


個人的にはシルバーとブラックでまとめられたシックなモデルが欲しいところ。
生きているうちに絶対に手にしたい逸品です。

ペリカン スーベレーンM800

文具好きなら一度は目にしたことがあるであろう、ペリカンの「スーベレーン」シリーズです。
高級樹脂とセルロースを何層にも重ねた独特のデザインは一目でペリカンだと分かります。

一番最初に手に入れるなら、やはり「グリーン」。
グリーンの万年筆なんてチープさが漂ってしまいそうですが、スーベレーンは別格。
近くで見ても「良い万年筆なんだな」と納得できます。

サイズが色々展開されていますが、やはりM800が欲しい。
黄金比と言われているだけあり、ペンのどこを握っても書きやすい魔法のペン。

これまた一生に一度は手にしなくてはなりませぬ。

ウォーターマン カレン

世界で初めて万年筆を作ったとされる歴史あるブランド「ウォーターマン」。
フランスのブランドなんですね。

ウォーターマンで一番欲しいのは「カレン」という万年筆。
軸と一体型の大型ニブを搭載しているのが特徴の万年筆です。

大きく丈夫なニブで、比較的筆圧の強い人も万年筆の醍醐味を感じることができる逸品。

そして何よりもデザインがイイ。
他のメーカーにはない特徴的なデザイン。それでも奇を衒うこともなく、シンプルで洗練されたデザイン。
非常に気になる万年筆です。

至高の万年筆を探して

別に私は金持ちでもないので、高級万年筆を何本も買うことはできません。
だからこそ、至高の一本を手に入れるために色んな万年筆を見ていこうと思います。
また気になる万年筆があったら追記していきますね。では。

スポンサードリンク

↑このページのトップヘ